リアルな遊びをプロデュース

名古屋・熱田神宮の名所、見所をめぐり ひつまぶしを食べる!【あつた蓬莱軒、宮きしめん 、きよめ餅】

名古屋にある熱田神宮を訪れて、名古屋めし「ひつまぶし」「きしめん」を食べるプランです。熱田神宮は、三種の神器の一つである草薙の剣をまつる、伊勢神宮についで格式の高い神社です。昔から「熱田さん」と呼ばれて親しまれています。

イラストマップhttp://www2.ocn.ne.jp/~so-sweet/pedigree/kinkyo/atsuta_jinguu_illustmap.htm

さん
更新日:
閲覧数
17654
お気に入り
0

神宮前駅

神宮前駅神宮前駅神宮前駅神宮前駅

名鉄名古屋駅から6分、神宮前駅でおります。

JR名古屋駅から7分の熱田駅からもいけますが、熱田神宮まで、若干歩きます。

あつた蓬莱軒 神宮店

あつた蓬莱軒 神宮店

熱田神宮のあつた蓬莱軒の神宮前店へ。ひつまぶし3600円をいただきます。

木の器なのは、昔、出前持ちが器をすぐ割ってしまうことから考案したそうです。味は絶品、これを食べるだけに来た価値があります。

あつた蓬莱軒 神宮店あつた蓬莱軒 神宮店あつた蓬莱軒 神宮店あつた蓬莱軒 神宮店

食べ方一膳目:うなぎの味をそのまま。二膳目:薬味をかけていただく。三膳目:薬味を入れ出汁をかけお茶漬けにして食べる。だそうです。

熱田神宮

熱田神宮熱田神宮熱田神宮熱田神宮

熱田神宮を参拝します。

正門(南)から入ります。

ここには三種の神器の一つ草薙剣(くさなぎのけん)がまつられ、年間650万人に近い参拝者が訪れます。

熱田神宮の大楠

熱田神宮の大楠熱田神宮の大楠熱田神宮の大楠熱田神宮の大楠

熱田神宮の主な見所は、次のとおり。

1樹齢千年の大楠、蛇が住んでいて、ときおり姿を現すとのこと。

2桶狭間の戦いで勝利した織田信長がその御礼に奉納した「信長塀」。

3名古屋最古の橋「二十五丁橋」。

4名古屋コーチンが二羽放し飼いになっている。

熱田神宮宝物館

熱田神宮宝物館熱田神宮宝物館熱田神宮宝物館熱田神宮宝物館

宝物館もおすすめの場所。収蔵品約6000点のうち、毎月選りすぐりの宝物を入れ替えて展示しています。入口には、真柄十郎左衛門がつかっていた、五尺三寸(約175cm)もある真柄太刀があります。

営業:9:00~16:30(4:10までに入場)、入館料:大人300円出典:http://www.atsutajingu.or.jp/jingu/

宮きしめん 神宮店

宮きしめん 神宮店宮きしめん 神宮店宮きしめん 神宮店宮きしめん 神宮店

熱田神宮の境内の中には、宮きしめんのお店があります。

宮きしめん600円です。

出典:http://www.miyakishimen.co.jp/

きよめ餅総本家

きよめ餅総本家きよめ餅総本家きよめ餅総本家きよめ餅総本家

熱田神宮の帰りは、東門から出ます。道路を挟んで向かい側にお店があります。熱田神宮のお土産として有名なのが、こしあんをやわらかい羽二重餅でくるんだ「きよめ餅」5個入り600円からです。本店には、「きよめ餅(栗入り)」5個入り900円や、レーズンサンドやアップルパイなどの洋菓子もありました。ここから神宮前駅まで歩いてすぐです。

このプランのマップ

0
ライター紹介
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)、『うごかすえほん はたらくくるまとまちをつくろう!』(まる出版)がある。
Line pc bottom