日本最大級!遊びプラン投稿メディア
モデルコース21,133
月間利用者数400万人以上

京都・嵐山 日本の美と無常に触れ、湯豆腐を食す、自転車の旅!【清凉寺、化野念佛寺、祇王寺、常寂光寺】

14073
2016/02/06
3
京都・嵐山 日本の美と無常に触れ、湯豆腐を食す、自転車の旅!【清凉寺、化野念佛寺、祇王寺、常寂光寺】

京都・嵐山を自転車でめぐるプランです。清涼寺で秘仏を見て、化野念仏寺で無常を感じて、祇王寺の苔むす庭園を堪能します。ちょっと強行スケジュールですが、嵐山近辺の見所のある主だった寺社を網羅しています。お昼には、湯豆腐と精進料理をいただきます。二尊院や常寂光寺は紅葉のシーズに特におすすめです。

嵐山駅(阪急線)嵐山駅(阪急線)嵐山駅(阪急線)嵐山駅(阪急線)

阪急嵐山駅で下車します。京都駅からは、烏丸線、阪急と乗り換えしながら30分ほどです。

駅前にある阪急レンタサイクルで自転車を借ります。1日800円です。

営業時間 :9:00~18:00(5月~10月) ※9:00〜17:00(11月~4月) 、定休:無休

渡月橋渡月橋渡月橋渡月橋

阪急嵐山駅から北へ200mほど行くと、嵐山の象徴ともいえる木製の橋、渡月橋があります。この橋をわたります。

秋には、近隣の山の紅葉がとてもきれいです。橋がよく映える美しい形式が広がります。

橋を渡ったところには、お土産屋さんや飲食店が多く並びます。

渡月橋
場所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺造路町33
アクセス:嵐山駅から徒歩約5分
営業時間:9:30〜18:00日曜営業
天龍寺天龍寺天龍寺天龍寺

まもなく天龍寺に到着。臨済宗天龍寺派の大本山です。

夢窓疎石が作庭したといわれる池泉回遊式庭園が広がります。

春と秋、土日祝は法堂にも入れます。

参拝時間:8:30~17:30、参拝料:庭園500円、法堂500円

天龍寺
場所:京都府京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町68
アクセス:嵐山(京福線)駅[出口]から徒歩約5分 京都駅前からバスで嵐山天竜寺前下車すぐ(約44分)
嵯峨野嵯峨野嵯峨野嵯峨野嵯峨野

天龍寺の近くにある『湯どうふ 嵯峨野』で食事します。湯豆腐3800円。湯豆腐を中心とした精進料理を楽しめます。

カウンター席の店内には先代の集めた古伊万里が飾られます。個室や座敷の席も。お庭の散策も楽しいです。

営業:11:00~19:00(L.O.18:30) 、定休:不定休

嵯峨野
場所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町45
アクセス:JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅より徒歩12分嵐電線 嵐山駅より徒歩5分 嵐山駅(京福)から319m
営業時間:11:00〜19:00 ランチ営業、日曜営業
野宮神社野宮神社野宮神社野宮神社野宮神社

竹林の小道を進むと野宮神社があります。えんむすびの神様、子宝安産の神様です。

黒木鳥居は、クヌギの木の皮をむかない、日本最古の鳥居の様式です。

ここは源氏物語に登場する六条御息所(ろくじょうのみやすんどころ)がこもった神社としても有名です。

野宮神社
場所:京都府京都市右京区嵯峨野々宮町1
アクセス:トロッコ嵐山駅[出口]から徒歩約6分
嵯峨釈迦堂(清凉寺)嵯峨釈迦堂(清凉寺)嵯峨釈迦堂(清凉寺)嵯峨釈迦堂(清凉寺)嵯峨釈迦堂(清凉寺)

ここ清涼寺は、源氏物語の主人公・光源氏のモデル、嵯峨天皇の皇子・源融(みなもとのとおる)が建てた山荘が前身です。

ここにある迦如来立像は「生きたお釈迦様」といわれます。その体内から布の五臓六腑が見つかったためです。秘仏ですが、1000円で特別御開帳してもらえます。なかなか見ごたえあり、おすすめです。

境内には湯豆腐やあぶり餅が食べられる店もあります。

拝観料:400円(本堂)※庭園・霊宝堂共通券は700円

写真:http://seiryoji.or.jp/

嵯峨釈迦堂(清凉寺)
場所:京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
アクセス:嵐山(京福線)駅[出口]から徒歩約12分
化野念仏寺化野念仏寺化野念仏寺

化野(あだしの)は古来より葬送の地、人々が石仏を奉り、死者との別れを悲しんだ場所です。

無縁仏となった石仏、石塔がずらりと並ぶ景色に、諸行無常を感じます。

営業:9:00〜16:30※12、1、2月は~15:30、入山拝観料:500円

化野念仏寺
場所:京都府京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17
祇王寺祇王寺祇王寺

祇王寺(ぎおうじ)は、苔の庭園が美しいお寺です。

清盛の寵愛を受けた祇王が、清盛の心変わりで都を去り、母と妹とともに出家、入寺した悲恋の尼寺です。

拝観時間:9:00~17:00(入場16:30まで)、拝観料:300円

祇王寺
場所:京都府京都市右京区嵯峨鳥居本小坂町32
アクセス:トロッコ嵐山駅[出口]から徒歩約16分
滝口寺滝口寺滝口寺

『平家物語』の平重盛の家来斎藤時頼(滝口入道)と建礼門院の侍女横笛との悲恋の物語ゆかりの地。

人も少なく、ゆったり庭園を楽しめる穴場です。

ここには、鎌倉幕府を滅ぼした新田義貞の首塚もあります。

拝観時間:9:00~17:00、拝観料:300円

滝口寺
場所:京都府京都市右京区嵯峨亀山町10-4
アクセス:トロッコ嵐山駅[出口]から徒歩約13分
二尊院二尊院二尊院二尊院

二尊院の名は、本尊の「発遣の釈迦」と「来迎の阿弥陀」の二つの如来像があることからきています。

ここは紅葉の名所で、小倉あんの発祥の地でもあります。

階段をのぼって、山道を進むと、百人一首ゆかりの藤原定家が営んだ時雨亭跡もあります。

拝観時間:9:00~16:30、拝観料:500円

二尊院
場所:京都府京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町27
アクセス:トロッコ嵐山駅[出口]から徒歩約7分
常寂光寺常寂光寺常寂光寺

日蓮宗の歴史あるお寺。多宝塔は、重要文化財です。

秋になると、一面真っ赤に染まり、紅葉のトンネルを歩けます。京都屈指の紅葉スポットですが、比較的穴場です。

拝観時間:9:00~17:00、拝観料:400円

常寂光寺
場所:京都府京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3
アクセス:トロッコ嵐山駅[出口]から徒歩約6分
野口 武
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)、『うごかすえほん はたらくくるまとまちをつくろう!』(まる出版)がある。
このプランが掲載されている特集
西院・太秦・嵐山・京都市西部×旅行・観光のプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。