リアルな遊びをプロデュース

【京都へ紅葉めぐり旅行】哲学の道~白川~祇園 定番から穴場まで!おすすめスポット

いよいよ今年も紅葉シーズンが始まります。全国でも紅葉の名所が多い京都。日本らしいお寺と紅葉のコラボレーションは素晴らしい物があります。ですが、観光で来るとうまくスケジュールが組めずあんまり見れなかったなんとことも多いモノ。そんなわけでスムーズに回れるよう東山方面をまとめてみました。途中で寄り道できる、甘味処や、お手軽に京の味を楽しめるグルメもプラスしました。
一月後の京都紅葉めぐりの参考になれば幸いです。

さん
更新日:
閲覧数
4141
お気に入り
2

安楽寺

カボチャ供養で有名なお寺は、実は散紅葉の名所でもあります。紅葉シーズンも終わる12月上旬。朝に訪れると緩やかな参道が、紅葉で真っ赤に染まる様子は圧巻です。

参道は無料
http://ameblo.jp/hitomionsen/entry-10726129111.html

叶 匠寿庵

叶 匠寿庵叶 匠寿庵

哲学の道の起点若王子神社そばの風情ある甘味処。哲学の道の紅葉を眺めながらいただくお抹茶と和菓子は格別です。(お抹茶セット1080円)
立礼式のお点前でもいただけます。お食事もあり。

営業時間 10:00~17:00
http://ameblo.jp/hitomionsen/entry-10421339410.html

永観堂(禅林寺)

永観堂(禅林寺)永観堂(禅林寺)

古今集に「もみじの永観堂」と詠まれたほど紅葉が美しいことで有名。入場料が高いのですが、手入れされた紅葉の美しさは見る価値ありです。
紅葉時期11月中~下旬
開場時間9:00-16:00入場料 1000円
紅葉ライトアップ11月8日~12月4日5:30-8:30 入場料400円

天授庵

天授庵天授庵

2013年秋「そうだ 京都、行こう。」のキャンペーンの舞台となった南禅寺の塔頭です。2つの庭を持ち、一つは方丈東庭の故山水で、白砂と苔と紅葉のコントラストを、もう一つは書院南庭の池泉回遊式庭園でプラプラ歩きながら紅葉を楽しむことができるという1度で2度美味しいお寺です。
拝観時間 9:00~16:30
料金 400円
ライトアップ11月15日~11月末日
17:30~21:00 料金 500円

無鄰菴

無鄰菴無鄰菴

元、山縣有朋の別荘です。近代日本庭園の先駆者と言われる作庭家、小川治兵衛が山縣有朋とともに作り上げたお庭で、ここの紅葉は京都の中でも別格で鮮やかだといわれています。
紅葉時期 11月中~下旬 
開場時間 9:00-17:00入場料 410円

祇園饅頭 工場

祇園饅頭 工場祇園饅頭 工場祇園饅頭 工場

祇園南座にある和菓子やさん「祇園饅頭」。その工場が白川沿いにひっそりとあって見つけるとちょっと嬉しくなります。庶民派な店頭で売られる和菓子はつやりとしていて、絶品です。豆餅150円等。住所 京都府京都市東山区三条通白川橋西入大井手町103 営業時間10:30頃〜19:00頃
http://ameblo.jp/hitomionsen/entry-11100670924.html

おかる

おかるおかる

祇園にある、芸舞妓さんがひいきにするうどんやさん。
一等級の昆布やサバでとった出汁が香るカレーうどんは絶品です。写真はチーズきつねカレーうどん(940円)あんかけうどんも京都らしい味わいです。
営業時間11:00~15:00、17:00~翌2:30(金土は3:00)
http://ameblo.jp/hitomionsen/entry-11434691408.html

みよしや

みよしや

南座向いにある夜にしかあかない幻のお団子屋さん。炭火で焼いたおだんごにとろ~っとしたたれと黄な粉をかけたお団子は一本100円。何十本も持ち帰る人もいるほど人気で、お店が開いてるときは大行列必須です。
営業時間 夕方~(日によって違います)

このプランのマップ

2
ライター紹介
ブログヒトミの温泉グルメ日記の筆者/主婦 ピッツァが好きすぎてヒがピに見える異常者。でも本当に好きなのはたぶん鮨。美味しい情報と楽しい場所を求めうろうろしています♪
Line pc bottom