リアルな遊びをプロデュース

【京都嵐山】絶対行きたい紅葉の名所&名物スイーツ10選 穴場もあるよ!

もうすぐ京都も秋の紅葉シーズンが始まります。紅や黄色、橙、そして苔の緑の色の渦に包というわけで、京都でも屈指の観光名所、嵐山の紅葉の名所をまとめてみました。人が多い嵐山ですが、こちらの「穴場」と書かれたところは比較的ゆったり観られます♪秋の紅葉の他にも春の桜、冬の雪景色など京都嵐山と自然の風情溢れる景色が楽しめます。

さん
更新日:
閲覧数
8971
お気に入り
5

鹿王院

鹿王院鹿王院鹿王院鹿王院

足利義満が建立したここは、金閣寺の元になったお寺とも言われています。200メートル続く紅葉の参道は苔の緑と紅葉の紅のコントラストが美しく、秋の嵐山は、紅葉を見られる穴場な名所です。嵐山を借景とした枯山水庭園も美しいです。見頃は11月下旬〜12月上旬拝観料大人 400円 小・中学生200円

宝厳院 飯田

宝厳院 飯田宝厳院 飯田

天龍寺の塔頭寺院の1つ。通常は非公開ですが、春と秋に特別公開されます。「獅子吼の庭」と呼ばれる回遊式山水庭園あり、歩きながら紅葉を楽しむ事が出来ます。見頃は11月中旬~12月上旬ライトアップも行われます。
拝観大人500円、小・中学生300円。ライトアップは大人600円、小・中学生300円
http://www.hogonin.jp/

天龍寺

天龍寺

足利尊氏が建立した寺。庭園の西にある亀山を借景とした雄大な曹源池庭園が見どころです。諸堂参拝にすると、お寺の中で座ってゆったりと美しい絵画のように額縁庭園が楽しめます。
見頃は11月中旬〜12月上旬庭園(曹源池・百花苑)高校生以上:500円小・中学生:300円諸堂参拝プラス100円

大河内山荘

大河内山荘大河内山荘大河内山荘

百人一首で有名な小倉山からの景色に魅せられた、昭和初期の映画俳優大河内伝次郎が30年かけて作り上げた庭園です。庭も素晴らしいのですが、紅葉越しに見える京の街並も眺める事が出来ます。
見頃 11月上旬〜下旬
拝観料(抹茶とお菓子付き) 大人1000円 小中学生 500円

常寂光寺

常寂光寺常寂光寺

紅葉の美しい小倉山の山麓に立ち、嵯峨野を一望できる塀のない日蓮宗のお寺です。仁王門をくぐれば圧倒的な紅葉に包まれ、人々を楽しませます。また多宝塔周辺の紅葉も美しく京都屈指の紅葉の名所とも言われています。
見頃は11月中旬〜11月下旬
拝観料 400円

落柿舎

落柿舎落柿舎

松尾芭蕉の弟子、向井去来の別荘として使用されていた草庵。枝に残る柿と、紅葉のコラボレーションは侘び寂びを感じられます。外から見るだけなら無料です。
見頃 11月上旬〜中旬
拝観料 200円
http://www.rakushisha.jp/

厭離庵

厭離庵厭離庵厭離庵

秋の紅葉シーズンだけ特別公開される、紅葉の穴場。とても入り口が小さいので注意して探してください。こじんまりと纏められた庭園は紅葉でしっとりとした濃い紅に染まりとっても美しく撮影ポイントも多いです。
11月1日~12月7日のみ公開
拝観料 志納(500円位)

祇王寺

祇王寺祇王寺

平清盛の寵愛を受けた白拍子が悲恋の後に出家した平家物語ゆかりの尼寺。紅葉も見頃を終えようとする頃、苔の上に紅葉が落ちる様が美しい。
見頃11月下旬~12月上旬
拝観料 300円

平野屋

平野屋平野屋

嵐山から北へどんどん歩いて行くとある鳥居本町街並保存地区。少し嵐山からは歩くからか、紅葉の穴場です。美しい街並に映える紅葉は一見の価値あり。
平野屋のニッキ、お茶、白のねじったお餅にきな粉をかけた「志んこ」は名物。

大文字屋

大文字屋大文字屋

清涼寺境内にある茶店です。
餅を小さくちぎり黄な粉をまぶし、竹串に一つずつ刺し、炭火であぶって、白味噌だれをつけたあぶり餅が名物。パクリと食べれば疲れた体に染み渡る素朴な甘さ。これ大好きです!
あぶり餅12本 630円

このプランのマップ

5
ライター紹介
ブログヒトミの温泉グルメ日記の筆者/主婦 ピッツァが好きすぎてヒがピに見える異常者。でも本当に好きなのはたぶん鮨。美味しい情報と楽しい場所を求めうろうろしています♪
Line pc bottom