本当に行った 遊びのガイド

長崎県・軍艦島(端島)、廃墟となった炭鉱の町をめぐる【進撃の巨人、007、 B'z、世界遺産】

炭鉱の島だった端島は、その姿が、軍艦「土佐」に似ていたことから軍艦島とよばれるようになります。1974年に炭鉱が閉山し無人島になり、2009年4月から上陸見学ができるようになりました。

軍艦島(端島)は、映画『進撃の巨人』実写版(2015年夏)や、映画『007/スカイフォール』、B'zのPVのロケ地になっています。修学旅行のコースにも入り、多くの人が押し寄せています。

軍艦島(端島)をはじめ、長崎港にある、ユネスコの世界遺産暫定リストへ追加掲載が決まった近代化遺産、産業遺産も楽しめます。世界遺産に登録される日も近いかも!?

さん
更新日:
閲覧数
7337
お気に入り
4

軍艦島上陸クルーズ BLACK DIAMOND

軍艦島にわたるには、いくつかの会社がツアーを企画しています。今回利用したのは軍艦島上陸クルーズ3100円+300円(見学料)。船がかっこいいデザイン。午前と午後がありますが、午前を選択。長崎港から9時40分に出航します。ただし、時化のときなど、欠航することもよくあります。

ツアーを比較すると次のような感じです。
軍艦島上陸クルーズ 3100円+300円 上陸のみ※周遊ないが、高島の石炭資料館による
http://www.gunkanjima-cruise.jp/

軍艦島コンシェルジュ 3600円+300円  上陸+周遊
http://www.gunkanjima-concierge.com/

軍艦島上陸周遊クルーズ 4200円+300円 上陸+周遊
http://www.gunkan-jima.net/joriku

軍艦島ツアー 3600円+300円 上陸+周遊 
http://www.gunkanjima-tour.jp/tour/point.html

ポイントは周遊するかしないか。また、ガイドさんの中には、元端島の住人の方もいるようです。

長崎港

長崎港長崎港長崎港長崎港
長崎県長崎市元船町17-3

おすすめの席は二階席、長崎港の眺めを楽しめます。ただし冬などは寒いので防寒は必須。

海猿で知られる海上保安庁のでじまが停泊していました。100年以上現役のジャイアント・カンチレバークレーン。そろばんドック(小菅修船場跡)。女神大橋をくぐりぬけます。左手に世界最高峰の超巨大な三菱重工の100マントンドックが見えます。

神ノ島教会

神ノ島教会神ノ島教会
長崎県長崎市神ノ島町2‐148

右手に、長崎港の玄関口にある神ノ島教会と、航海を見守るかのようなマリア像(岬のマリア様)が見えてきます。

長崎港から軍艦島まで、およそ50分のクルーズを楽しみます。

軍艦島

長崎港から約19キロメートル沖にある軍艦島にやがて到着。正式名称は端島(はしま)という名前です。周囲約1.2キロメートルのこの島は、かつては海底炭鉱として栄えましたが、現在は無人島になっています。

軍艦島

見学ができるのは、赤くなっている一部の区域で、かつての工場跡です。時間は1時間ほどです。右上の居住区には入ることができません。 ※パンフレットのスキャン

軍艦島

上陸側から見える建物は次のようなものです。
(左上)
右が端島小中学校で、裏手に校庭が広がります。左が端島最大の大きさのマンションです。
(右上)
岡の上にある建物は、三井の幹部のマンション。部屋数も多く、各家にお風呂が設置されていました。
(左下)
岡の上には端島神社があります。毎年4月3日に行われていたお祭りのときだけ、炭鉱の機械もストップ。それ以外の日は昼夜交代制で稼働していたといいます。
(右下)
いよいよ軍艦島に上陸。入り口付近には、石積みでつくられた壁をあります。

軍艦島

第1見学広場で、軍艦島の説明が行われます。

島の周囲を壁で囲われる軍艦島。もともとは岩の塊だけの島。そこに石炭の不要になったボタで埋め立て、周りを壁で囲んだ島です。

風雨や波にさらされ、建物の老朽もともない、刻一刻とその表情を変えているといいます。

軍艦島

次に、歩道を一番奥まで進んで、第3見学広場へ。島の反対側に行きます。

中央にあるのが、日本でもっとも古い鉄筋アパートとよばれる30号棟は、1916(大正5)年建築、およそ100年のときを刻んでいます。ここは炭鉱夫がくらしていた一間のアパートだそうです。

昼夜交代ではたらく炭鉱夫は、深夜であっても、必ず子どもを起こし、別れを言わせたといいます。それほど、死と隣り合わせの仕事であったためです。

軍艦島

第2見学広場への移動途中。朽ち果てた工場の施設がならびます。総合事務所跡は、一部レンガの壁が残ります。

軍艦島

第2見学広場に到着。総合事務所跡のすぐ隣に、第二竪工入坑桟橋があります。ここは炭鉱夫たちの執念が宿る場所。ここから炭鉱夫たちは採掘現場を目指しますが、帰ってこれなかった人も多くいたといいます。

採掘現場までの道は、まずここから600mの地下にほとんど落下するような速度で直滑降します。屈強な男でも、最初は気絶するといいます。そこから2.5kmほどトンネルをあるき、さらに急な坂道を海面下1000mまでくだって採掘現場に到着します。

採掘現場は、気温30度、湿度95%という環境。常にガス爆発などの危険と隣り合わせでした。この環境に耐え切れず、長く持たずに帰って行く人も。家族など重荷を背負った人ほど、ここに留まり続けたといいます。

高島

1時間ほどの軍艦島上陸ツアーを終えて、高島をめざします。

石炭資料館

石炭資料館石炭資料館石炭資料館石炭資料館
長崎県長崎市高島町2706-8

高島に到着しました。30分ほどで、石炭資料館をめぐります。ここには炭鉱にまつわるさまざまな資料が展示されています。軍艦島(端島)の展示コーナーも設けられています。この島には、三菱の創始者、岩崎弥太郎の像や、グラバー別邸もあります。

石炭資料館石炭資料館石炭資料館

石炭資料館の外には、ありし日の軍艦島(端島)の模型が展示されています。かつては5000人の人々がくらしていたこの島には、子どもの情操教育のために屋上の緑地化(畑や田んぼ)が行われていました。

映画館や端島銀座という歓楽街があるなど、当時はかなり賑やかな町だったようです。帰りの船内でも、軍艦島(端島)のDVDを鑑賞。12時50分くらいに長崎港に到着予定ですが、20分くらいはやく到着しました。

行く前と、行ったあとでは、軍艦島のイメージは大きく変わると思います。

このプランのマップ

4
ライター紹介
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)がある。