日本最大級!遊びプラン投稿メディア
モデルコース20,630
月間利用者数400万人以上

上野の森美術館にて『進撃の巨人展』開催中! 360°体感シアター「哮」は必見!

6586
2015/01/18
上野の森美術館にて『進撃の巨人展』開催中! 360°体感シアター「哮」は必見!

上野の森美術館で2014年11月28日から2015年1月25日まで開催されている「進撃の巨人展」。 巨人展の他に特別イベントとして「360°体感シアター 哮(こう)」も上映中!
『進撃の巨人』好きは上野へ急げ!

新型コロナウイルスの影響で日々状況が変化していますので、最新情報については各施設のHPをご確認ください。
また、外出自粛要請の出ている地域において、不要不急の外出はお控えください。
感染症の予防および拡散防止のために、咳エチケット・手洗い・アルコール消毒・マスク着用などを心がけるようお願いいたします。
上野の森美術館上野の森美術館上野の森美術館

まずは「360°体感シアター 哮(こう)」へ。 こちらのシアターでは、最新のヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」を装着。まるで自分がその場にいるかのような感覚になれるというもの。 『進撃の巨人』のアニメのワンシーンを体感できます。

上野の森美術館上野の森美術館上野の森美術館

作品に登場するアイテムの展示もありました。 立体機動装置やイルゼの手帳とマント、人類最強の男・リヴァイ兵長のブレードにも触れます!

上野の森美術館上野の森美術館上野の森美術館

【イベント詳細】進撃の巨人展 2014年11月28日(金)~2015年1月25日(日) 会場:上野の森美術館
住所:東京都台東区上野公園1-2
TEL:03-3833-4191
開催時間: 平日 10:00~17:00
土日祝 10:00~20:00
http://www.kyojinten.jp
なお、今後大分と大阪でも開催されることが決定!!ますます進撃の巨人から目が離せない!

上野の森美術館
場所:東京都台東区上野公園1-2
アクセス:上野駅[JR山下口]から徒歩約0分
営業時間:10:00〜17:00(展示内容により変更の場合あり)
Emi Miyashita
アメリカ合衆国生まれ🇺🇸東京都🇯🇵 フリーランスモデル お気軽にフォローしてください✨ TOKYOMXTV「おしえて!美bien!!!」出演中
上野・浅草・秋葉原×おでかけ・散歩のプラン
『ポールスミス展 HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH』その2
『ポールスミス展 HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH』その2
デザイナー ポール・スミスのインスピレーションの源や、 絶え間ない日常のなかで物事を どのように観察し、感じ、そして形にしているのか その創造の過程を解き明かします。   イギリス・ノッティンガムで  わずか3 x 3平方メートルのスペースにオープンした  最初のショップ「THE FIRST SHOP」や、 たった数着の初めてのコレクションを披露した  パリのホテルの部屋を再現した「HOTEL BEDROOM」、  あらゆるもので埋め尽くされた  おもちゃ箱のような自身のオフィス「PAUL'S OFFICE」、細かなディテールまで忠実に再現した  デザインスタジオ「THE STUDIO」に加え、  ポールの頭の中を覗く映像インスタレーション作品「INSIDE PAUL'S HEAD」や、  ポール・スミスショップにはお馴染みの  「PAUL'S ART WALL」などの展示を通し、  ポール・スミスの本質や世界観をさまざまな角度から考察します。   ポール・スミスが自ら選んだ展示物によって構成された本展覧会はまた、  40年にわたり毎シーズン発表し続けている洋服のコレクションの一部や、    日本での展覧会で初公開となる  新しいストライプをあしらったMINIなどの様々なコラボレーションアイテムに加え、  ひとつとして同じものがない個性的な世界のポール・スミスショップも紹介します。   ----公式HPより     東京会場での最終日に参加。 京都、東京と来まして、名古屋(2016 9/11~10/16 松坂屋美術館)で日本はおしまいとなりました。 見逃した方、もう一度見たいと思っていた方が喜んでもらえたら幸いです。     Paul Smith(ポールスミス)公式HP 【http://www.paulsmith.co.jp/paul-smith-world/exhibition/hello-my-name-is-paul-smith-japan-tour-2016】 その1【https://play-life.jp/plans/18266】
蒼山 隆之
蒼山 隆之
3685
2017/09/29
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。