リアルな遊びをプロデュース

ムーミン谷を訪れ、牛頭天王にお参りして、カヌー遊び!【あけぼの子どもの森公園、竹寺、名栗カヌー工房】

埼玉県の南にある飯能市(はんのうし)をめぐるドライブコースです。ムーミン谷をほうふつとさせる「あけぼの子どもの森公園」、神仏習合の珍しい寺「竹寺」をめぐって、名栗湖でカヌー! 地元の食や温泉も満喫しながら、1日おもいっきり遊びましょう。

さん
更新日:
閲覧数
17257
お気に入り
5

あけぼの子どもの森公園

あけぼの子どもの森公園あけぼの子どもの森公園あけぼの子どもの森公園

埼玉県飯能市の「あけぼの子どもの森公園」は、フィンランドのトーベ・ヤンソン作『ムーミン』の世界をモチーフにした公園。こちらのキノコのような形の建物は、ムーミン屋敷。家の中では、子どもたちが遊ぶことができ、ワクワクでいっぱいです。

開園時間:9:00~17:00  休園日:月曜日※祝日の場合は翌日休 入園料:無料

あけぼの子どもの森公園あけぼの子どもの森公園あけぼの子どもの森公園あけぼの子どもの森公園あけぼの子どもの森公園

多目的ホール「子ども劇場」(左上)、ムーミン資料館「森の家」(右上)左上、水あび小屋(左下)、水浴び小屋からのながめ(真ん中下)、樹上の家(右下)。まるで、ムーミン谷に迷いこんだかのようなメルヘンな空間が広がっています。森のなかを歩ける、ハイキングコースもあります。

古久や

古久や古久や古久や古久や古久や

こちらは江戸時代末期創業の歴史あるうどん屋さんです。もりうどん530円、かけうどん530円、大盛り580円、肉がつくと680円。お昼どきは混雑するので、時間をずらしていくのが賢明です。シメは、蕎麦湯ならぬうどん湯をいただけます。ナビで探しにくいときは、電話番号か住所で。

営業時間:11:00~14:10(L.O)、定休日:日曜日・祝日 電話:042-972-3215 、住所:埼玉県飯能市八幡町6-9

四里餅商事 大里屋 本店

四里餅商事 大里屋 本店四里餅商事 大里屋 本店四里餅商事 大里屋 本店

もう一軒、飯能で寄っていきたいのがこちら、大里屋です。ここの四里餅(しりもち)は、美味しいです。やわらかいお餅に包まれた、つぶあんと、こしあんとまんじゅうがいただけます。あんこは、焼印の縦横で見分けられます。賞味期限は当日限りです。

営業時間:8:30~17:00、定休日:月曜※祝日の場合は翌日休)、電話:042-972-3600、住所:埼玉県飯能市永田453

医王山 八王寺 (竹寺)

医王山 八王寺 (竹寺)医王山 八王寺 (竹寺)医王山 八王寺 (竹寺)医王山 八王寺 (竹寺)医王山 八王寺 (竹寺)

次に向かうのが竹寺です(正式名称は、医王山 八王寺)。ここは、東日本随一の隠れたパワースポットです。

お寺なのに、鳥居です。ここは、神社と寺が一緒になった神仏習合の姿をみることができる、東日本唯一の場所。実に1000年の歴史があるといいます。入口付近には、いろんな珍しい竹が植えられています。

医王山 八王寺 (竹寺)

こちらは、牛頭天王(ごずてんのう)という、もともとインドの神様。中国を通して、日本に伝わり、スサノオと同体として、まつられます。疫難消除、除災招福、出世開運などのご利益あり。また、薬師如来もまつられ、医大の合格祈願や病気平癒などで参拝に訪れる人もいます。竹の鳥居をくぐって、さらに進みます。

医王山 八王寺 (竹寺)

鳥居に、「茅の輪(ちのわ)」が設けられています。これをくぐり心身の汚れをとりのぞきましょう。いよいよ本殿へ。

本殿にある、六角形のものは、除災招福・出世開運の神様として古来から伝わる「蘇民将来(そみんしょうらい)」ゆかりのもの。

本殿には、右手に斧、左手に索を持つ木造の牛頭天王坐像と、その脇には八王子(牛頭天王の八人の童子)が並び、十二年に一度の丑年に御開帳。

周辺は登山コースもあるので、山登りの途中にお参りするのもおすすめです。

有間ダム

有間ダム有間ダム

次に向かうのは、埼玉県営の第1号のダム「有間ダム」です。ダム湖を囲むように、緑豊かな山並みが続きます。ツーリングにも人気のスポットです。

名栗カヌー工房

名栗カヌー工房名栗カヌー工房名栗カヌー工房名栗カヌー工房

湖畔にはカヌー製作をしている「名栗カヌー工房」があります。ここでは地元の西川材を有効活用してカヌー製作をしています。実際にカヌーに乗ることもできます。

営業時間:9:00 ~16:30

名栗湖

名栗湖名栗湖名栗湖名栗湖

カナディアンカヌー4mは、1日 2000円、1人につき500円、4人で乗れば4000円。大型のカヌーは、1日10000円。 持ち込みカヌー、ボートは1艇 1000円。何人かで協力しながら漕ぐのが楽しいです。湖を見下ろすテラスもあるので、バーベキューも楽しめます(器材のレンタルもあり)。

出典:http://naguri-canoe.com/index.html

さわらびの湯

さわらびの湯さわらびの湯さわらびの湯さわらびの湯さわらびの湯

温泉によっていきます。無色透明のアルカリ性単純泉(PH9.11)。お風呂は内湯と露天の2つ。のんびりくつろげる温泉です。
   
料金:800円、営業時間:10:00~18:00、休館日:第一水曜日

出典:http://sawarabino-yu.jp/

このプランのマップ

5
ライター紹介
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)、『うごかすえほん はたらくくるまとまちをつくろう!』(まる出版)がある。
Line pc bottom