リアルな遊びをプロデュース

香川県 高松駅周辺観光でおすすめの讃岐うどん店&王道観光スポットめぐり!

106036
2019/01/16
0
香川県 高松駅周辺観光でおすすめの讃岐うどん店&王道観光スポットめぐり!

香川県のうどんの名店は、各地に点在し、営業時間も限られ、行きずらい。ここでは高松駅に近くにあって、歩きや自転車で回れる、行きやすい、うどん屋さんを厳選して紹介。同時に、観光名所も取り上げます。高松の中心部で、しっかり観光しながら、うどん三昧を! 余裕があれば「こんぴらさん」も訪れましょう!

このプランのマップ

高松空港高松空港

高松空港に到着。うどん県こと、香川県にやってきました。空港の手荷物受取場では、巨大うどん鉢が流れています。

また、うどんのだしが出る蛇口が(1日約200人分)、2階「空の駅かがわ」内にあります。この、うどんだしは、空港内にある讃岐うどん店『さぬき麺業』が提供してくださっています。蛇口からのうどんだし、ぜひ一口飲んでみたいですね!

高松空港
場所:香川県高松市香南町岡1312-7
連絡船うどん連絡船うどん連絡船うどん

空港から高松駅まではリムジンバスで40分ほどです。

ちなみに、駅には『連絡船うどん』があります。かつて、岡山県と香川県をむすんでいた連絡船で販売されていた伝説の「讃岐うどん」を提供するお店。当時のうどんを、現代風にアレンジして復活させたとか(別もの?)。かけうどん280円。他の店に比べて、駅前だけに、やや高め。
定休:無休、営業:7:15~21:00

高松市の移動は、レンタサイクルもおすすめ。高松駅前など、市内7か所のレンタサイクルポートがあります。利用料100円。

連絡船うどん
場所:香川県高松市浜野町1-20 JR高松駅
アクセス:JR高松駅構内(改札外からも利用可)。ことでん高松築港(ちっこう)駅から徒歩約3分。 高松駅から60m
営業時間:7:15〜21:00 朝食営業、ランチ営業、日曜営業
高松港高松港高松港高松港

駅からすこし歩くと高松港があります。直島、小豆島、宇野(岡山)など行きの船が出ています。瀬戸内海の景色と、船の行き来する様子を、のんびり眺めることができます。

高松港
場所:香川県高松市玉藻町
ゴッドハンドゴッドハンドゴッドハンド

『地上最強のウドン ゴッドハンド』は、まずその名前に圧倒されますが、店主自らが自分にプレッシャーを与えるための名称だとか。その名にたがわぬこだわりのうどんをいただけます。肉ぶっかけうどん(冷)(中)480円。値段がやや高めなのは、素材にこだわるがゆえだとか。

ここはセルフのお店。セルフとは、うどんの受け取り、食器の返却を自分でするスタイルのことです。

定休:無休、営業時間:10:00~15:00

ゴッドハンド
場所:香川県高松市内町4-1
アクセス:JR高松駅から徒歩15分コトデン片原町駅から徒歩2分三越高松店近く、パチンコグランドG―Oneの前です。 片原町駅(高松)から94m
営業時間:10:00〜15:00 日曜営業
高松城高松城高松城高松城高松城高松城

高松城(玉藻公園)は、日本三大水城のひとつ。堀が海とつながる海城です。ここでは、船頭のガイドを聞きながら内堀を遊覧する「城舟体験」ができます。傘をかぶり、ハッピを着て出発。内堀にそびえる天守台を見たり、鯛のエサやりができます。また天守閣の絵を、天守台に合わせて、ありし日の城の面影をイメージすることができます。

入園料:200円、営業時間:5:30~18:30※分季節により変動あり、城舟体験は、大人:500円、小人(小中)300円

高松城
場所:香川県高松市玉藻町2−1
アクセス:高松駅から徒歩3分
竹清 本店竹清 本店竹清 本店竹清 本店竹清 本店

『竹清(ちくせい)』は、「元祖セルフうどん」と看板に銘打っているお店です。ここでは、温かいうどんを注文すると、うどんテボ(温玉器)で麺を自分で温めることができます。半熟卵とちくはの天ぷらは、揚げたてをいただけます。うどん一玉 140円、天婦羅各種90円です。
※店舗の写真は倉敷店のもの、関東ではイオンモール幕張新都心で竹清のうどんが食べられます。

定休:月曜、営業時間:11:00~14:30

竹清 本店
場所:香川県高松市亀岡町2-23
アクセス:高松駅から車で10分、高松駅から中央通り(国道30号・国道11号)を松山・高知方面に走り、中新町交差点から国分寺方面へ右折して、亀阜小学校手前左側。高徳線栗林公園北口駅徒歩10分。 栗林公園北口駅から437m
営業時間:【火・水・木・金・土・日】 ※定休日 月 11:00〜14:30(麺売り切れ次第終了) ※定休日が祭日の場合は変更あり ランチ営業、日曜営業
誠うどん誠うどん誠うどん

『竹生』からすぐの場所にある『誠うどん』、こちらは一般店です。テーブルで注文するとうどんが運ばれてきます。ですが、価格はとても良心的です。 かけ150円、ゆだめ250円、肉400円など。写真の冷やし350円は、氷水につけたうどんを、つゆにつけて食べます。そうめんのような食べ方です。

定休:日曜 営業:11:00~17:00

誠うどん
場所:香川県高松市亀岡町17-14
アクセス:JR栗林公園北口駅から徒歩5分。八幡通り沿い。 栗林公園北口駅から216m
営業時間:11:00〜17:00(玉切れまで) ランチ営業
栗林公園栗林公園栗林公園栗林公園

栗林公園(りつりんこうえん)は、讃岐高松藩の歴代藩主によって百年余りの歳月をかけて完成した庭園で、下屋敷として利用されていました。旅行ガイド『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』では、三つ星に格付けされています。

掬月亭では、美しい庭園を眺めながら、抹茶700円、煎茶500円(御菓子付き)を楽しむことができます。ハートのかたちをしたツツジ、“恋ツツジ”を背景に写真をとると、恋も成就するとのうわさも・・・。

営業:5:30~19:00、入園料:410円

栗林公園
場所:香川県高松市栗林町一丁目20-16
アクセス:栗林公園駅[出口]から徒歩約8分
営業時間:7:00〜17:00(季節により異なる)
れんげ料理店れんげ料理店れんげ料理店れんげ料理店れんげ料理店

お次は、うどん以外のお店。こちら『れんげ料理店』は、おしゃれなのに、気取っていない、入りやすいお店。お刺身盛り合わせも1人前から提供してくれるなど、きめ細やかなサービス。魚介類をはじめとして、食事はどれを食べても美味しいです。

刺身盛り合わせ1人前1000円くらい、自家製胡麻豆腐580円、くんせい玉子のポテトサラダ 680円、名物テール大根980円など。

定休:月曜、営業:17:30~25:00

れんげ料理店
場所:香川県高松市田町1-11 ISIビル 1F
アクセス:瓦町駅から徒歩6分
営業時間:17:30~24:00(L.O.23:00) 日曜営業
手打ちうどん 鶴丸手打ちうどん 鶴丸

『鶴丸』は、夜中でも本格的なうどんが食べられるお店。〆の一杯の夜うどんも格別です。特に人気なのが、カレーうどん700円。イリコダシでじっくり煮込んだ、ほどよくスパイスの効いたカレーが、うどんによく合います。

定休:日曜日 営業:20時~深夜3時

手打ちうどん 鶴丸
場所:香川県高松市古馬場町9-34
アクセス:琴電各線「瓦町」駅(西口)より、徒歩5分琴電各線「片原町」駅より、徒歩8分※フェリー通り沿いにあります 瓦町駅から393m
営業時間:20:00〜翌3:00 ※麺が売り切れ次第終了 夜10時以降入店可、夜12時以降入店可
かわらまちかわらまちかわらまちかわらまちかわらまち

おまけ
高松市内に宿泊。翌日、余裕があれば、こんぴらさんを観光するのもおすすめです。
「ことでん」こと、高松琴平電鉄の瓦町駅から琴電琴平駅まで約60分ほど、駅から徒歩15分ほどで到着します。

「こんぴらさん」として昔から親しまれる金刀比羅宮(ことひらぐう)は、三が日には毎年約20万人が訪れる由緒ある神社。参道の長い石段は有名で、本宮まで785段、奥社までは合計1368段。もちろん参道では、うどんも堪能できます。

かわらまち
場所:香川県高松市常磐町2-6-4
アクセス:瓦町駅から115m
野口 武
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)、『うごかすえほん はたらくくるまとまちをつくろう!』(まる出版)がある。
このプランが掲載されている特集
高松×旅行・観光のプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。