リアルな遊びをプロデュース

【のぼうの城をめぐる旅】埼玉県・行田を観光 さきたま古墳を訪れ、B級グルメ「ゼリーフライ」を食べる

石田三成の忍城への水攻めを描いた『のぼうの城』和田竜(著)で一躍有名になった行田市。ここには、埼玉県の名前の由来であるさきたま古墳や、全国でもめずらしい「ゼリーフライ」「フライ」といったB級グルメも楽しめます。『のぼうの城』ゆかりの地を訪れて、魅力いっぱいの埼玉県行田市をめぐる楽しみましょう。

さん
更新日:
閲覧数
7327
お気に入り
1

忍城址

忍城址忍城址忍城址忍城址忍城址

のぼうの城こと、忍城(おしじょう)です。成田長親と家臣、農民ら3,000の兵が忍城に立てこもり、豊臣方の総大将・石田三成と戦った場所です。城の中は、行田市郷土博物館になっています。三成の水攻めにも耐えた難攻不落の城として、「忍の浮き城」の別名を持ちます。

成田長親、甲斐姫、正木丹波守などからなる「忍城おもてなし甲冑隊」も週末などを中心に活動しています。

入場料:大人200円、小・中学生50円 営業時間:9:00~16:30 定休日:月曜日※祝日の場合は翌日休、毎月第4金曜日が休館

出典:http://www.oshijo-omotenashi.com/

かねつき堂

かねつき堂かねつき堂かねつき堂

忍城の近くにあるお店で、「ゼリーフライ」という謎の食べ物が食べられます。2個200円です。プルンとしたゼリーではなく、じゃがいも、おからなどをベースにしたタネを小判型にして、油で揚げたものです。コロッケのように、衣がついていません。

日露戦争に従軍した行田の大澤さんという方が、中国の野菜まんじゅうを基にアレンジしたのが、この食べ物の始まりといわれます。形が小判(銭)に似ていたことから、「銭フライ」⇒「ゼニーフライ」⇒「ゼリーフライ」になったともいわれます。 ※「フライ」については後述。

定休:月曜 営業時間:11:00~18:00

出典:http://www.geocities.jp/kanestukidou/annai.htmlhttp://www.geocities.jp/kanestukidou/

水城公園

水城公園

忍城の外堀の沼を整備してつくられた広々とした公園です。自然豊かで、春には桜、夏にはホテイアオイ(8月から9月下旬)が美しいあおいの池m秋には紅葉が楽しめます。

石田堤史跡公園

1590年に石田三成が忍城を水攻めした際に築いた石田堤の跡を中心とした史跡公園です。 高架下のシンボルモニュメントの中では、堤の構築の様子を音声で説明する仕掛けがあります。 

石田堤は、総延長28kmにおよびます。ここだけでなく、近辺にある何気ない堤が、実は石田堤だったりします。

入場料:無料

さきたま古墳公園

さきたま古墳公園さきたま古墳公園さきたま古墳公園

鉄剣が出土「稲荷山古墳」や、日本一の規模を誇る円墳「丸墓山古墳」など、9基の大型古墳がある30haの広大な公園。はにわ作りを体験できるはにわの館、埼玉県立さきたま史跡の博物館もあります。また近くには石で造られた「八幡山古墳」(行田市藤原町1-27-2)もあります。

ちなみに石田三成は、本陣を忍城を一望する丸墓山古墳(埼玉古墳群)に置きました。

出典:http://www.sakitama-muse.spec.ed.jp/?page_id=157

さきたま古墳公園さきたま古墳公園さきたま古墳公園さきたま古墳公園さきたま古墳公園

さきたま古墳には、かつて『はにわ処 さかもと商店』というお店があり、ここでも「ゼリーフライ」が売っていました。火事で全焼し、現在は、別の場所での再会を目指しているとのことです。

かなりレトロなお店で、昔のお金や、土器、石器時代の矢じりなどの自動販売機もありました。このあたりは、田んぼなどを探ると、土器の破片が出てきます。今はネットで販売している模様です。http://haniwadokoro.cart.fc2.com/

ことぶきや食堂

ことぶきや食堂ことぶきや食堂ことぶきや食堂ことぶきや食堂

さきたま古墳の近くにある「ことぶきや」。行田市周辺では「フライ」という謎のB級グルメも楽しめる店がたくさんあります。薄っぺらいお好み焼きのような食べ物で、「ゼリーフライ」とは全く異なる別の食べ物。この辺に住んでいる子どものおやつとしては定番です。

フライは、戦前農家で作られていた食べ物で、行田の足袋工場で働く女工さんのおやつとして人気がありました。フライパンで焼くからフライなど、名前の由来は諸説あり。1枚300円ほど。

定休日:月曜日 営業時間:10:00~18:00

出典:http://www.gyoda-kankoukyoukai.jp/blog/2011/06/post-90.html

ビストロ Fujiyama

さらに行田市では「さきたま古墳群・古代米カレー」が、いくつかのお店で食べられます。ちなみ「古墳カレー」のごはんの型は、行田市にある「ものつくり大学」が作っています。古墳の横にあるハンバーグは古墳から出土した鉄剣だそうです! この近辺は「うどん」も美味しいのでおすすめです。

定休:月曜 営業時間:11:30~14:00、17:30~21:00

写真:monoprixgourmet

行田市古代蓮の里古代蓮会館

行田市古代蓮の里古代蓮会館行田市古代蓮の里古代蓮会館行田市古代蓮の里古代蓮会館行田市古代蓮の里古代蓮会館行田市古代蓮の里古代蓮会館

古代蓮池、世界の蓮園、水生植物園、水鳥の池な、冒険遊び場、釣り堀などがある14haの公園。8月頃、ハスの時期に特に多くの人がやってきます。

入場料:大人400円、子ども200円※公園は無料

ギネスブックに登録された田んぼアートについては、こちらのプラン
http://play-life.jp/plans/9749

このプランのマップ

1
ライター紹介
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)、『うごかすえほん はたらくくるまとまちをつくろう!』(まる出版)がある。
Line pc bottom