リアルな遊びをプロデュース

甲府駅の口コミ・コメント

山形 ゆきこ
山梨県の中心、甲府駅前の駐車場内には武田信玄像が建っています。お手軽観光スポット。
shunji.x
同じく高速バス約2時間で行けるのが甲府です。 甲府駅の近くには舞鶴城跡や甲州夢小路があり、市内のいたるところで信玄餅ソフトクリームを楽しむことができます。 奇岩で有名な昇仙峡へはバスに乗って1時間で行く事もできるのでまち歩きと秘境探検の双方を楽しむことができます。 予算は交通費込み10,000円程度で大丈夫です
甲府駅
shunji.x
到着するのは甲府駅前です。甲府と言ったら武田信玄なので甲府駅前には武田信玄の銅像がどどんと構えております。かなり立派な像なのでほれぼれしてしまいます。さすがは甲斐の虎です。ここから甲府の有名観光地武田神社や昇仙峡行きのバスがでています。
甲府駅
shunji.x
昇仙峡や甲州夢小路等観光スポットが多くあり観光客が多い山梨県甲府市はかつて武田信玄の本拠地でもあったため、武田信玄関連のおみやげが充実しています。その中でも甲府駅周辺で買うことのできるおすすめのお土産を紹介します。
甲府駅
shunji.x
まずは有名な信玄餅です。信玄餅は小さな容器にきな粉をまぶしたお餅が入っており、それに特製の黒蜜をかけて食べるという贅沢な和菓子です。山梨県で一番有名な和菓子で、お土産にもよく使われる定番のおみやげです。 http://www.kikyouya.co.jp/products/allyear/1.html
甲府駅
shunji.x
そして信玄桃です。このお菓子はピーチゼリー入りの白餡を小麦粉生地で包み、色・形ともに山梨県特産の桃に似せた焼き菓子です。信玄桃が甘くておいしいのはもちろんですが、お菓子が詰まっている箱が本物の桃の箱のようで本格的です。 http://www.kikyouya.co.jp/products/allyear/3.html
甲府駅
shunji.x
次に信玄棒です。これは有名な信玄餅を棒状にしたお菓子です。硬そうに見えるのですが、口当たりはしっとりフワフワしています。風味豊かなきな粉を練り込んだ生地には信玄餅でおなじみの黒蜜がたっぷりしみ込んでいます。 http://www.kikyouya.co.jp/products/allyear/22.html
甲府駅
shunji.x
甲府へやってきました。甲府といったら有名な昇仙峡です。この昇仙峡へは甲府駅南口バスターミナル3番乗り場から行きましょう。
甲府駅
shunji.x
甲府駅です。甲府駅北口のすぐ近くには甲州夢小路というレトロでモダンが合言葉のオシャレな小路があります。甲府に来たので今から行ってみることにします。
甲府駅
shunji.x
最後に武田信玄の陣中食ほうとうです。様々な会社がほうとうのお土産を売り出しています。乾燥したものが中心でした。ほうとうは山梨県の名物ですので山梨観光のお土産としては最適ですね。
甲府駅
shunji.x
甲府駅北口です。この日はビ―ルフェスが開催されており駅前が賑わっていました。今からバスに乗って甲斐の虎武田信玄公ゆかりの地武田神社を巡ります。
甲府駅
shunji.x
駅から歩いて行くと櫓が立っています。これは江戸時代に甲府城城下町の住民に時刻を知らせていた時の鐘を復元したものだそうです。現在復元されたこの時の金は、甲州夢小路のランドマーク的存在になっています。
甲州夢小路
shunji.x
このように昇仙峡の道は観光道路となっており、道々にお店がならんでいます。水晶が売っていたり、川魚の塩焼きが売っていたり、抜群の眺望を楽しむことができるカフェがあったりといろいろあります。シン・ゴジラもいました。午後の山道は涼しく真夏日の日でしたが歩きやすかったです。
昇仙峡
shunji.x
昇仙峡へは甲府駅からバスで行きます。おおよそ40分程度です。バス料金は昇仙峡口であれば約600円、さらに奥に入ると1000円くらいでした。今回はグリーンライン昇仙峡というバス停で下車し、観光道路を歩いて滝上を目指して歩きます。ちなみに昇仙峡は全国観光地百選:渓谷の部で、1位に輝いた渓谷です
昇仙峡ライン