本当に行った 遊びのガイド

飯盛山の口コミ・コメント

shunji.e
バスのルートの最後は飯盛山です。 白虎隊が煙に包まれた鶴ヶ城を見て、自刃した地が飯盛山です。白虎隊が鶴ヶ城を見ながら自刃した場所や墓があります。 また世にも珍しいさざえ堂に行ってみましょう。 最後ループバスに乗って飯盛山から会津駅へ戻ります。
飯盛山
shunji.e
そして順路に沿って白虎隊の墓周辺へ移動します。 飯盛山で自刃した19人の慰霊碑です。 厳かな気持ちでお参りしましょう。
飯盛山
shunji.e
白虎隊自刃の地へ。 若松城から上がる煙を見た白虎隊士たちは城が陥落したと勘違いし、若松城の方角を向き切腹したそうです。 厳かに立っている白虎隊士の銅像が印象的でした。 ここからは障害物なくきれいに会津の街並みが一望できます。
飯盛山
shunji.e
さらにこの雪道を進んで白虎隊の自決の地を目指します。 この日は雪道なこともあってものすごい探検している気分になりました。そして何度も滑って転びそうになりました。
飯盛山
shunji.e
さざえ堂周辺には宇賀神堂、厳島神社、白虎隊引揚の洞門など様々な神社が集まっています。 特に白虎隊と関わりのある戸ノ口堰洞穴や宇賀神堂などが有名ですね。 近くにある売店には休憩場もあり、温かい室内で飯盛山からの絶景を楽しむことできます。
飯盛山
shunji.e
城下町を一望に見渡す小高い飯盛山は、会津盆地を見守る信仰の山です。 地元滝沢村住民の共同墓地であり、古くは古代四道将軍、弁財天、日本武尊などの神話も残っている歴史のある山なんだとか! まずは有名なさざえ堂からまわります!
飯盛山
shunji.e
飯盛山には白虎隊に関わるスポットが数多くあります。中でも白虎隊が自決したといわれる地に建つ白虎隊士の銅像が印象的でした。 若松城から上がる煙を見た白虎隊士たちは城が陥落したと勘違いし、若松城の方角を向き切腹したそうです。 さらに飯盛山には19人の隊士のお墓もあります。
飯盛山
shunji.e
さざえ堂周辺には宇賀神堂、厳島神社、白虎隊引揚の洞門などがあります。 特に白虎隊と関わりのある戸ノ口堰洞穴や宇賀神堂などが有名ですね。 また冬でも白虎隊の墓参りも欠かせません。
飯盛山
shunji.e
会津といえば霊山で有名な飯盛山です。 飯盛山からは会津若松市内の冬景色を楽しむことができるのです。 冬は参道に雪が積もっており危ないのでぜひともエスカレータを使いましょう。約5分で中腹まで到着です。
飯盛山
shunji.e
入り口から飯盛山へ登るには意外と距離があるのでエスカレーターを使いましょう。 この長ーいエスカレーターに乗って飯盛山へ。歩く必要はありません。一瞬で中腹までついてしまいます。 利用料金:大人250円/子供150円
飯盛山
shunji.e
やってきました。飯盛山のバス停付近です。 ここから登っていきます。 ちなみに飯盛山が開山したのは江戸時代1796年です。開山以来会津地方の信仰の地域として多くの人が訪れています。 山が飯を盛ったような形なので、「飯盛山」という名前が付けられたそうです。
飯盛山
shunji.e
眺めがよく、見て回るスポットも多いので旅行に使えます。 とくに雪景色がきれいななので冬がおすすめ。
十文字 知花
白虎隊自刃の地。喉を突く者や、お互いを刺し合う者がいたそうです。遺体は戦後も見せしめのために放置されていました。自刃後の生き残りの1名がこの話をしたのは、晩年になってからと言われています。 会津若松には、飯盛山や白虎隊記念館の他にも白虎隊関連の観光スポットがあります。是非、お立ち寄りください! ★会津若松1泊2日旅行プランも参考にどうぞ⇒http://play-life.jp/plans...
飯盛山
十文字 知花
飯盛山で自刃した19人の慰霊碑。鶴ヶ城を見て、どんな想いで自刃したのだろうかと、胸が締め付けられます。自刃した19人の慰霊碑の近くに、戦死した白虎隊の慰霊碑もあります。
飯盛山
十文字 知花
会津若松市内を一望できるスポットであると同時に、白虎隊が黒煙に包まれる鶴ヶ城を見たとされる場所。矯正視力1.5あるわたしが見ても、鶴ヶ城どこ???状態。白虎隊は鶴ヶ城周辺の城下町が燃えているのを見て、鶴ヶ城が落城したと早合点したと言われていますが、早合点してしまった理由も、ここに来たらうなずけます。
飯盛山
十文字 知花
白虎隊が黒煙に包まれた鶴ヶ城を見て、全員が自刃した地である飯盛山。白虎隊が鶴ヶ城を見た場所や自刃した場所、慰霊碑があります。胸が締め付けられます…
飯盛山