日本最大級!遊びプラン投稿メディア
モデルコース20,607
月間利用者数400万人以上

矢切の渡しの店舗情報(味・雰囲気・アクセス等)

矢切の渡し
映画・歌謡曲で有名になった船で向こう岸まで

矢切の渡しは江戸時代初期、重要な交通機関でした。反対岸の畑仕事へ向かうときや、寺社への参拝、日用品の購入の際に利用され、「金町・松戸の渡し」と呼ばれていました。以前は各地で「渡し」が行われていましたが、現在定期的に運行されているのはこの松戸にある「矢切の渡し」のみです。歌謡曲や、映画などで有名になり、年間20万人以上もの人が乗船する時期もあったそうです。現在は3月〜11月の間だけ運行されています。

矢切の渡しの基本情報
場所
千葉県松戸市下矢切1257
アクセス

新柴又駅から1,023m
松戸駅/バス/10分徒歩/30分 バス停「旧矢切高校」まで
松戸駅からバスで17分(バス停「矢切の渡し」まで(土休日のみ運行))

営業時間
10:00〜16:00
定休日
不定休
電話番号