歴女のハートを射止めるなら!ここは外せない「史跡湯島聖堂」で孔子銅像を見に行こう

湯島聖堂の近くには、華やかな神田明神がありますが、それとは対照的に湯島聖堂は重厚感ある黒色を主体とした色で、文学を重んじる奥深さと静寂さに包まれてました

歩く距離、広さも丁度良いので、神田明神と合わせて訪れると良いかと思います

史跡湯島聖堂ホームページ
http://www.seido.or.jp/index.html

さん
更新日:
閲覧数
748
お気に入り
0

史跡湯島聖堂

史跡湯島聖堂に行くには、アクセスが沢山あり交通の便はとても良いです
JR御茶ノ水駅 徒歩2分
東京メトロ千代田線新御茶ノ水駅 徒歩2分
東京メトロ丸の内線御茶ノ水駅 徒歩1分

<アクセス>
http://www.seido.or.jp/access.html

史跡湯島聖堂

中に入るには、正門や聖橋門や西門などあります
JR御茶ノ水駅から近い入口の聖橋門から案内します
階段を降りると、すぐ横に入徳門が見えます
その入口から先の奥まで見える景色がなんとも言えない
歴史を感じる瞬間でした
写真よりも、実際見る方が何重倍もの歴史を感じることがでいます
その凄さが写真でお伝えできないのが残念です

史跡湯島聖堂

それほど急な階段ではありません、程良い段数なので杏壇門ですぐ辿り着けます
また、西門の入口から入ると階段を上がらず、すぐ杏壇門に入ることができます
そこから奥に進むと大成殿(国史跡)になります

史跡湯島聖堂

大成殿(国史跡) の中は、東西に石畳を敷き詰めた回廊があり、正面に 大成殿があります。静寂と重厚感を息を吞んでしまいました
大成殿の屋根は、入母屋造の銅本丸茸で、大横の両端には魔除けの青銅製 鬼犾頭が、下り棟と隅棟には 鬼竜子があります。

史跡湯島聖堂

大成殿から杏壇門を出て、入徳門から出て左側に報告を変え道なりに進みます
途中、ポニーでしょうか?明らかに犬ではありません
ポニーの散歩に遭遇しました
なんて長閑でしょうか・・・
視線を上に見上げると、高層ビルが見えます
なんとも言えない空間を感じることができます

史跡湯島聖堂

大成殿から歩いてすぐのところにあります
世界最大の孔子像を見ることができます
皆さん立ち止まって、世界最大の孔子像を見入ってました
なんと穏やかな表情でしょう
高さ4.5m・重さ1.5トンもあるそうです。
1975年に中華民国台北ライオンズクラブから寄贈されたものです

このプランのマップ

0
ライター紹介
momonga