リアルな遊びをプロデュース

【ビールを使った料理⁉︎】SCHMATZ KANDAで夏限定のビール女子会♡

暑い夏は、ビールがいつもよりおいしくなる季節♡今回は神田にあるSCHMATZ KANDAで、こだわりドイツビール×ビールを使った他では味わえないお料理を堪能するプランをご紹介します。お勤めの後、休日に友達とレッツ乾杯!

さん
更新日:
閲覧数
829
お気に入り
2

SCHMATZ KANDA(シュマッツ ビア ダイニング カンダ)

 SCHMATZ KANDA(シュマッツ ビア ダイニング カンダ)

神田駅からすぐの『SCHMATZ KANDA』へ。
創始者がドイツ人の方なので、
本場ドイツを感じられるドイツビールやお料理を楽しむことができるそう。

ガラス一面に描かれたビールが目印!
日が伸びた夏は「明るい時間からビールを飲める背徳感」を味わいやすいですよね(笑)

 SCHMATZ KANDA(シュマッツ ビア ダイニング カンダ) SCHMATZ KANDA(シュマッツ ビア ダイニング カンダ)

壁に貼られた黒板がシンプルな店内を彩っています。
ソファ席もあり、ゆっくり話したい女子会にもぴったりですよ◎

 SCHMATZ KANDA(シュマッツ ビア ダイニング カンダ) SCHMATZ KANDA(シュマッツ ビア ダイニング カンダ)

まずはお店オリジナルのビール
「WUNDERBIER(ヴンダービア)」(650円)で乾杯!

軽い苦味の中にフルーティーな香り...
普段ビールを飲まない女性でも飲みやすい口当たり。
ドイツビールって奥が深いなぁ、と思ってしまいます。

キンキンに冷えたいつもの生ビールも好きだけれど、
たまには通のようにドイツビールを嗜むのもオツってやつです。

 SCHMATZ KANDA(シュマッツ ビア ダイニング カンダ) SCHMATZ KANDA(シュマッツ ビア ダイニング カンダ)

今回はプレスリリースにお邪魔したのですが、
予想以上にお料理とビールを堪能できて感動...!

お通しとしていただいたのは、
「燻製たまごのポテトサラダ」(550円)
「ガーリックチーズ枝豆」(480円)。

いつものマヨネーズ和えのポテサラではなく、
たっぷりの燻製たまごとベーコンが入っています。
燻製たまごのおかげで、香ばしい深い味わいに。

ビールのお供の大本命・枝豆も、
シュマッツの手にかかるとおしゃれなおつまみに。
フォークを使って食べるので、手が汚れる心配もご無用です◎

他にもソーセージやザワークラウトなど、
ドイツを代表するおつまみも各種揃っています。

 SCHMATZ KANDA(シュマッツ ビア ダイニング カンダ) SCHMATZ KANDA(シュマッツ ビア ダイニング カンダ)

さて、この夏限定、神田店限定のメニューをご紹介!

ひとつ目は「丸ごとチキンのビア缶BBQ」(3,500円)。
1日10皿限定のこちら、
その名の通りチキン1羽がズボッとビール缶に覆いかぶさっています。
注文は4名からなのでご注意を。

お店オリジナルビールの「WUNDERBIER」を使って蒸し焼きにした、ビアバーならではの一品です。

みんなでワイワイ切り分けて、色々な部位を味わってくださいね♪

 SCHMATZ KANDA(シュマッツ ビア ダイニング カンダ) SCHMATZ KANDA(シュマッツ ビア ダイニング カンダ)

プレス試写会では、1人1皿鶏の半身をいただきました。
半身でもこのボリューム!
これだけでかなりお腹いっぱいに。

パリパリで少しビールの風味がする皮と、
ふわふわに蒸されて食べやすい、さっぱりとした身。
パサつきやすい胸肉もジューシーで食べやすいです◎

それにしてもビールによく合う!

 SCHMATZ KANDA(シュマッツ ビア ダイニング カンダ)

ビールが進みまくって、ついに2杯目。

今度は色が違うビールを飲み比べてみました!
飲み比べができるのも女子会ならではですよね。

私ごとですが、これが人生初の黒ビールでした。
飲んだ瞬間、今までにないガツンとくる苦味にびっくり!
のどごしというより、まったりと苦味を楽しむビールなのでしょう。

いやぁ、ドイツビール奥深し。

 SCHMATZ KANDA(シュマッツ ビア ダイニング カンダ) SCHMATZ KANDA(シュマッツ ビア ダイニング カンダ) SCHMATZ KANDA(シュマッツ ビア ダイニング カンダ)

そんな黒ビールのソースを、
なななんとバニラアイスに注ぎ込むスイーツも!

「大人のデザート ブラックビアアイス」(650円)。
エスプレッソをバニラアイスにかけて食べるアフォガードのような一品。
こちらも神田店限定です。

いやはや、これが意外にもマッチするんですよ...。
何も言われなければカフェのアフォガード。

こちらもドイツ名物と名高いプレッツェルがトッピングされていて、
塩気とカリカリの歯ざわりも楽しめます♪

 SCHMATZ KANDA(シュマッツ ビア ダイニング カンダ) SCHMATZ KANDA(シュマッツ ビア ダイニング カンダ) SCHMATZ KANDA(シュマッツ ビア ダイニング カンダ) SCHMATZ KANDA(シュマッツ ビア ダイニング カンダ)

よく冷えたビールにおいしいお料理...。
ビール女子会が捗らないはずがありません♡

たくさん飲んでしゃべって、楽しいひと時を過ごしました。

雨天でも楽しめる屋内のビアガーデンみたい。
あなたもSCHMATZでドイツを感じる夜を過ごしてみませんか?

このプランのマップ

2
ライター紹介
大学4年。超インドアなりにカメラを持っておでかけしたり、お酒を飲むことが好きです。
Line pc bottom