本当に行った 遊びのガイド

House of Dior〔ハウスオブディオール〕世界3店舗目でDiorの食器をじっくりと。

House of Dior
日本初のコンセプト。Diorのホームコレクションが揃っております。
パリからわざわざお取り寄せしていた方も
こちらで買えるようになると歓喜しております。
隣にはCafe Pierre Hermeが。

Seoul
London
そしてTokyo Ginzaが三店舗目とのこと。

Cafe Dior by Pierre Herme
https://www.pierreherme.co.jp/journal/cafe-dior-by-pierre-herme-open/

さん
更新日:
閲覧数
397
お気に入り
0

House of Dior@GINZA SIX

GINZA SIXに入っているブランド店舗の中には、他のフロアからは行けず、一階の入り口からしか目的地へ行けないブランド店舗が少なくない。

House of Dior(ハウス オブ ディオール)もまたしかり、
GINZA SIXの一階入り口から階段または専用エレベーターで4階へ行く必要があります。

House of Dior@GINZA SIX

これでもかというぐらいDiorしております。。。

写真撮影は自由(伺った時点では)でしたので、
お気に入りの一枚を見つけたらマークしてみてはいかがでしょう?

House of Dior@GINZA SIX

オールディオールかなと思いましたが、シルバーなどはクリストフルも取り扱われていました。
クリストフルの大人気アイテム「MOOD」ですね。

MOOD 【http://openers.jp/article/1332591

House of Dior@GINZA SIX

パーティーや結婚式などのイベントを彷彿とさせるテーブルコーディネートがされております。
女性にとっては欲しいものがありすぎるのでしょう。ずっと見ている方もおりました。

ピエールエルメバイディオール

お隣はピエールエルメカフェが。
使用されるお皿はもちろんHouse of Diorです。

一品あたりの金額はだいたい2000〜2500円
ドリンクと合わせてお一人様3500〜4000円となりますね。

Cafe Dior by Pierre Herme
https://www.pierreherme.co.jp/journal/cafe-dior-by-pierre-herme-open/

House of Dior@GINZA SIX

まさにART PHOTOGRAPHYと言っていい
芸術的なDiorの歴史を紐解ける写真集も数多く並んでいます。

House of Dior@GINZA SIX

中にはトランプやガラスのりんごの置物などもあり、
丸ごとDiorで揃えたい方にとっては日本中でこちらがもっとも参考になる場所ではないでしょうか。

GINZA SIX (ギンザ シックス)

GINZA SIX (ギンザ シックス)GINZA SIX (ギンザ シックス)GINZA SIX (ギンザ シックス)
東京都中央区銀座6丁目10-1

241店舗入っている(2017年9月現在)GINZA SIXの中でも、
トップレベルで女性に人気のある店舗です。

ご興味ある方はぜひチェックされてみてくださいね。

このプランのマップ

0
ライター紹介
コンセプター/ライター兼フォトグラファー/シネマレポーター&インタビュアー〔http://cinema.u-cs.jp/author/takayuki-aoyama/〕/BelleScéneBleu1983/シックスパックラ部運営/銀座いなバー運営(不定期)/都内全域チャリ移動