日本最大級!遊びプラン投稿メディア
モデルコース20,616
月間利用者数400万人以上

浅草おすすめお土産・カフェ♡外国人にも人気・名入れギフトショップ

16854
2018/04/25
浅草おすすめお土産・カフェ♡外国人にも人気・名入れギフトショップ

浅草観光の際に寄って行きたいおすすめお土産ショップ『箸や万作 浅草新仲見世』外国人にも人気があり、名入れギフトも購入できるのでお土産におすすめです。見ているだけでも楽しい!バリエーション豊かなお箸・箸置き、出産祝い・結婚祝いのギフトにもぴったり!日本の美しさを再認識しました。ショッピングのあとはア・トレ・ヤンでコーヒーを楽しみました。

・掲載時点の情報です。最新情報については各施設のHPをご確認ください。
・紹介している施設等について、アフィリエイトプログラムを利用した広告リンクを設置している場合があります。
箸や万作 浅草新仲見世

箸や万作浅草新仲見世店です。
小さめのお店でカーテンが仕切られています。
だるまと提灯が目印となっています。

箸や万作 浅草新仲見世箸や万作 浅草新仲見世

店内にはバリエーション豊かな
お箸がずらりと並んでいます。
桜など、日本らしいデザインのお箸があるので外国人にもお土産として人気があります。

箸や万作 浅草新仲見世

名入れサービスもあり、
お手頃価格でオーダーすることができます。
お箸と名入れで、1,000円代でできるものも!

箸や万作 浅草新仲見世

店頭にある機械を使って、
名前を入れてくださいます。
20分ほどでできるので
オーダーして、仲見世を散策して戻ってきた頃には
もう出来上がり!

箸や万作 浅草新仲見世箸や万作 浅草新仲見世

結婚祝いや、
出産祝いにおすすめなのが、
バリエーション豊かなユニークな木箱。
鶴や、きつね、だるまなどの絵が描かれています。

選ぶのも楽しいです♡

箸や万作 浅草新仲見世箸や万作 浅草新仲見世

木箱には、箸置きを入れるスペースがあります。
お箸のプレゼントに
添えてみては?♡

京都の竹を使った
かわいらしい箸置きもありました!

箸や万作 浅草新仲見世箸や万作 浅草新仲見世箸や万作 浅草新仲見世

こちらを購入しました。
日本らしい、美しいデザイン!

お箸には名前入り♡
喜ばれること間違いなし!!

【ウェブサイト】http://shop-list.wargo.jp/hashi-mansaku/asakusashinnakamise

Erika Anne Nagaoke 〜 Luxury Traveller Ameba オフィシャルブログ
http://s.ameblo.jp/fe1iche/

Instagram
http://instagram.com/erikaannenagaoke

箸や万作 浅草新仲見世
場所:〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目20−12 染谷ビル
営業時間:10:00~19:00
ア・トレ・ヤンア・トレ・ヤンア・トレ・ヤン

ショッピング後は、カフェでゆったり。
ア・トレ・ヤンで
ストロングでおいしいコーヒーをいただきました。
ごちそうさまです。

【ウェブサイト】https://attrayant2012.jimdo.com/

ア・トレ・ヤン
場所:東京都台東区西浅草2-14-15
アクセス:つくばエクスプレス浅草駅 徒歩1分/地下鉄銀座線田原町駅 徒歩5分/都営浅草線・東武伊勢崎線浅草駅 徒歩10分 浅草駅(つくばEXP)から109m
営業時間:11:30〜14:30 17:30〜21:00(L.O) ランチ営業、日曜営業
Erika Anne Nagaoke / フリーランスライター
シンガポール生まれ東京育ち、オーストラリア在住のErikaです!年間30回以上✈、親戚は日本・アメリカ・オーストラリア・香港・シンガポールに居て、インスタグラムやブログで帰省中・旅行中の様子を発信中。
上野・浅草・秋葉原×おでかけ・散歩のプラン
『ポールスミス展 HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH』その2
『ポールスミス展 HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH』その2
デザイナー ポール・スミスのインスピレーションの源や、 絶え間ない日常のなかで物事を どのように観察し、感じ、そして形にしているのか その創造の過程を解き明かします。   イギリス・ノッティンガムで  わずか3 x 3平方メートルのスペースにオープンした  最初のショップ「THE FIRST SHOP」や、 たった数着の初めてのコレクションを披露した  パリのホテルの部屋を再現した「HOTEL BEDROOM」、  あらゆるもので埋め尽くされた  おもちゃ箱のような自身のオフィス「PAUL'S OFFICE」、細かなディテールまで忠実に再現した  デザインスタジオ「THE STUDIO」に加え、  ポールの頭の中を覗く映像インスタレーション作品「INSIDE PAUL'S HEAD」や、  ポール・スミスショップにはお馴染みの  「PAUL'S ART WALL」などの展示を通し、  ポール・スミスの本質や世界観をさまざまな角度から考察します。   ポール・スミスが自ら選んだ展示物によって構成された本展覧会はまた、  40年にわたり毎シーズン発表し続けている洋服のコレクションの一部や、    日本での展覧会で初公開となる  新しいストライプをあしらったMINIなどの様々なコラボレーションアイテムに加え、  ひとつとして同じものがない個性的な世界のポール・スミスショップも紹介します。   ----公式HPより     東京会場での最終日に参加。 京都、東京と来まして、名古屋(2016 9/11~10/16 松坂屋美術館)で日本はおしまいとなりました。 見逃した方、もう一度見たいと思っていた方が喜んでもらえたら幸いです。     Paul Smith(ポールスミス)公式HP 【http://www.paulsmith.co.jp/paul-smith-world/exhibition/hello-my-name-is-paul-smith-japan-tour-2016】 その1【https://play-life.jp/plans/18266】
蒼山 隆之
蒼山 隆之
5440
2017/09/29
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。