日本最大級!遊びプラン投稿メディア
モデルコース21,268
月間利用者数400万人以上

夜パフェで〆るのが新定番!池袋「パフェテリア モモブクロ」で楽しむご褒美スイーツ

3392
2019/06/20
1
夜パフェで〆るのが新定番!池袋「パフェテリア モモブクロ」で楽しむご褒美スイーツ

こんな人におすすめ

・甘いものが好きな人
・池袋周辺で遊びたい人

昨年話題になった渋谷の夜パフェが、池袋に「パフェテリア モモブクロ」進出!
オープンから1ヶ月足らずで予約必須の人気店となっています。
飲みにいったあとはパフェでオシャレに〆るのが新定番⁉
2次会のお店はここに決まり!

HANABAR (ハナバー) HANABAR (ハナバー) HANABAR (ハナバー) HANABAR (ハナバー) HANABAR (ハナバー)

池袋でとびっきりお洒落なちょい飲みをするとしたら、真っ先に「HANABAR (ハナバー) 」をおすすめします。
西口を出て徒歩10分ほど。
「HANABAR (ハナバー) 」は閑静な住宅街のなかにあるので、穴場化と思いきやお洒落な女子の間では、人気!

店内にドライフラワーが沢山飾ってあり、席はカウンター・テーブル合わせて10隻未満。
ランチは予約出来ませんがディナーは予約出来るので、予約していきましょう。

HANABAR (ハナバー) HANABAR (ハナバー) HANABAR (ハナバー)

エディブル(食べられる)フラワーを使ったメニューがイチオシ♡
ランチでは、「グリーンカレー」「タコライス」などが色鮮やかなお花と一緒に運ばれてきました!
バータイムには、「アフリカンスパイシーチキン」「ハーブとピンクソルトのフライドポテト」などおつまみ系のメニューに変わります。

お酒を飲む時はそんなに食べられないんだよね~という女子が小腹を満たすにはぴったり♡
お酒にももちろんエディブルフラワーが使われています。
じっくりガールズトークしていきましょう!

HANABAR (ハナバー)
場所:東京都豊島区西池袋3-30-6 磯野ビル 1F
アクセス:東京メトロ副都心線 池袋駅C2出口(西口方面)より徒歩2分 JR池袋駅西口より徒歩5分 池袋駅から437m
営業時間:11:30~14:00 /18:00~24:00(L.O 23:30)
Parfaiteria momobukuro(パフェテリア モモブクロ)Parfaiteria momobukuro(パフェテリア モモブクロ)Parfaiteria momobukuro(パフェテリア モモブクロ)Parfaiteria momobukuro(パフェテリア モモブクロ)

2軒目は予約していた、お目当ての夜パフェ専門店へ。
こちらも西口近くにあるので、そんなに遠くありません!

飲み屋街を歩いていると看板発見~♪
地下へと続く階段にはずらりと順番待ちの人が並んでいました!(予約しないで行けないこともないけれど、1時間は確実に待つ模様…。)

Parfaiteria momobukuro(パフェテリア モモブクロ)

パフェはドリンクセットに出来ます。
北海道産のコーヒー豆を使用したドリンク。
コーヒーなのに、黒豆の味がしてすっきりした味わい!苦すぎず酸味も強すぎずで飲みやすかったです!

Parfaiteria momobukuro(パフェテリア モモブクロ)Parfaiteria momobukuro(パフェテリア モモブクロ)Parfaiteria momobukuro(パフェテリア モモブクロ)Parfaiteria momobukuro(パフェテリア モモブクロ)Parfaiteria momobukuro(パフェテリア モモブクロ)

お店に行く前から狙っていた、「ひまわりの約束」(1,600円、ドリンクセットで1,900円)を注文してみました!
夏を先取りしてる感で、テンションが上がる。めっちゃ可愛い。
金魚鉢のような容器の上に、サクサクのシフォンラスクと、てんとう虫チョコレートがちょこん。

ここまでは普通の可愛いパフェだったんですが、中身がクレイジーすぎてとびっきりの面白い味を体験しちゃいました。
まずセロリ味のアイス。本当にセロリとバニラが混じったような味で、初めて食べた…。
それからほろ苦いフルーツジュレ。これにはお酒が混じっているみたい。
下の方には、エルダーフラワームースという、チーズの味がするムースが。

6種類ぐらいあるパフェの中で、見て楽しいし、食べて楽しいのはこのパフェが1番だなーと感じました!

Parfaiteria momobukuro(パフェテリア モモブクロ)Parfaiteria momobukuro(パフェテリア モモブクロ)

2つ目が、「ピスタチオとチョコレート」(1,600円、ドリンクセットで1,900円)。
こっちはデラックスなチョコレートパフェという感じでした!

濃厚なピスタチオアイスにプリン、ジェラートと、まさにピスタチオのオンパレード
サイドには「まじめなカタラーナ」という名前のカタラーナ。名前にネタ感あるのがちょっと面白い。

下の方にはアーモンドを使用したフロランタン(クッキーみたいなもの)、テリーヌなどなど。

結構甘いように感じたけれど、意外とこっちもさっぱりしていて、あっという間に完食!

Parfaiteria momobukuro(パフェテリア モモブクロ)
場所:東京都豊島区西池袋1丁目40-5名取ビルB1
アクセス:池袋駅から徒歩5分
営業時間:月・火・水・木:17:00〜24:00 金・祝前日:17:00〜25:00 土:15:00〜25:00 日・祝日:15:00〜24:00
食と緑の空中庭園食と緑の空中庭園食と緑の空中庭園食と緑の空中庭園

飲みに行く前でもいいし、パフェを食べてまだ余裕があったら、22:00まで営業しているSEIBU池袋の本館9階「食と緑の空中庭園」に寄ってみてほしいです!

夏にはビアガーデンをやっていてワイワイしていますが、それ以外の季節でもお花が綺麗な、とても都会にあるとは思えない空中庭園です。
6月はユリと紫陽花が綺麗でした。

ここで仕事をする人やデートの〆で来る人、おしゃれな女子会をしに来る人がちらほらいて、なんだかせわしない池袋でも、時間を忘れてくつろげる場所だな~と感じました!

食と緑の空中庭園
場所:東京都豊島区南池袋1−28−1
アクセス:池袋駅直結 西武池袋本店9階屋上

池袋の新文化・〆夜パフェを食べに行こう!

夜パフェは普段食べている値段の2倍はするけれど、美味しくてあっという間に食べ終わってしまいました。

お酒が飲めたらもっと余韻に浸れた気もします(笑)。

今年は飲み屋ハシゴじゃなくて、飲み屋→〆パフェが池袋でも新定番になりそうな予感!

予約が数か月先まで埋まる前にモモブクロに行ってみてくださいね~!

山本まひる / 週5でタピオカ飲み歩く写真家
プレイライフ編集部。ひねくれた遊び人。別の名をまひるん、爆食王。 好きなもの→廃墟、珍スポット、妖怪、猫、カメラ、三度の飯よりタピオカ
池袋×女子会のプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。