まるっと1日遊びコーデ

細い階段を上った先には・・天神の屋根裏隠れ家喫茶・「屋根裏貘」は秘密のアジト感満載!

216
2019/06/30
0
細い階段を上った先には・・天神の屋根裏隠れ家喫茶・「屋根裏貘」は秘密のアジト感満載!

福岡・天神の隠れ家喫茶「屋根裏貘」。
屋根裏っていう名前だけで、心がワクワクしたり少年の頃のような気持ちに戻ったり、
なんだか童心に帰るような気持ちを感じます。
少し見つけにくい場所にありますが、そこもまた秘密基地のようで、見つけた時の嬉しさまでひっくるめてこのお店の気がします。
そんな「屋根裏貘」はどんなお店なのでしょうか?
涼みつつ、小休憩しつつ、こっそり入ってみました。

秘密基地のような、アート空間のような
屋根裏 貘

地下鉄天神駅からおよそ徒歩7分ほど。
こんなところにあったのか〜!と見つけた時は心踊りました。
そんな気持ちから始まる「屋根裏 貘」はどんなお店なんでしょう?

細い階段を上った先には・・
屋根裏 貘屋根裏 貘

細い階段を上った先には・・・
薄暗い店内、オレンジの灯り、音楽はジャズ、店主のおじいさんと、なんだか雰囲気満点の喫茶店です。
カウンターには常連さんがひしめき合い、なにやら写真の話で議論をしていますね。

聞いてみますと、もともとは、福岡市内にある九州産業大学の近くで開業した「貘」というお店が母体だったとのこと。
当時、九州産業大学芸術学科の教授や学生が常連だったこともあり、アートギャラリーを併設した喫茶店として天神に誕生しました。
なるほど、だから写真の話をあの人たちはしているんだなあ。

シンプルなチーズケーキ
屋根裏 貘

このアートな空間にはこれ以上余計なものはいらない気がしてきました。
まあひとまず席について、チーズケーキを注文。
この空間を引き立てる存在かのように、まるでシンプルで、世の中の雑音や喧騒が入ってこないものに感じました。
アートな空間にいると、色々と物思いにふけってしまいますね。

屋根裏 貘
場所:福岡県福岡市中央区天神3-4-14
アクセス:市営地下鉄天神駅から徒歩7分 天神駅から294m
営業時間:11:00〜24:00 ランチ営業、夜10時以降入店可
アートな喫茶店を楽しんだあとは、リアルにアートを楽しもう
福岡県立美術館

天神駅より徒歩10〜15分ほどの場所にある、福岡県立美術館。
「美術を向き合い、人に寄り添う場所」でありたいと願う美術館は、アート作品だけでなく、作品集が楽しめる図書室、公募スペース、カフェ、のんびり座れる休憩スペースなど、色々な場面で多様に使って欲しいという思いが溢れている場所です。

県立美術館の隣には「須崎公園」という公園があります。。
都会の真ん中にあるのに、人にあまり溢れておらず、紅葉なども綺麗なので、
しっとり日常を楽しむことができる公園です。

アートを見た後に、のんびりお散歩をして、お弁当を食べるのも楽しそう♩

福岡県立美術館
場所:福岡県福岡市中央区天神5-2-1 須崎公園内
アクセス:天神駅[12]から徒歩約9分
営業時間:午前9時〜午後6時 ただし、展示室の開室は午前10時から。また入場は午後5時30分まで。
ビルの上階にひっそりギャラリー
三菱地所アルティアム三菱地所アルティアム

まだまだアートが見足りない?
そんな時にはこちらのギャラリーがオススメです。

天神イムズの9階にひっそり。
実はこちらにもアートギャラリーがあるんです。
「三菱地所アルティアム」があることを知らない方もまだまだ多いと思うので、ゆっくりアートを楽しみたい方にオススメの場所です。
特に平日のお昼はお客さんが少ないので、癒しには必見のギャラリーですね。

三菱地所アルティアム
場所:福岡県福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F
アクセス:西鉄福岡駅[北口]から徒歩約2分

屋根裏貘から始まるアートな散歩いかがでしたか?

雰囲気満点のアート喫茶から始まるアート散歩は、いつも美術館に向かう気持ちとはちょっと違い、
アートの深いところまで考えながら楽しむことができました♩
屋根裏貘はひっそりしっとり楽しむ場所なので、そんな気分の時にぜひ行ってほしい隠れ家ですね♩

木下 愛
離島、お祭り、カメラ、洋画のラブストーリー、旅行が大好き。
福岡市内(市街地)×デートのプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。