日本最大級!遊びプラン投稿メディア
モデルコース21,826
月間利用者数400万人以上

スロベニアって一体どんなとこ?絶対に行こう!ヨーロッパの魅力を再発見できる魅力的なスポット3選

2041
2014/11/27
スロベニアって一体どんなとこ?絶対に行こう!ヨーロッパの魅力を再発見できる魅力的なスポット3選

みなさんスロベニアという国をご存知ですか?西はイタリア、東はハンガリーに接している小さな国なのですが、実は英語の不きゅうり雨がヨーロッパの中でもトップで、自然も豊かに残されており、世界一深い地下の渓谷があったり湖に浮かぶ小さな古城があったっりと、とても素晴らしい国なのです。知り合いが住んでおり、今回はそんな日本人にとって身近ではない、でもどこか憧れの姿を見せてくれる素敵な国を訪れてきました。滞在した期間でもとても感動的だったスポットを3つほど紹介します!

新型コロナウイルスの影響で日々状況が変化していますので、最新情報については各施設のHPをご確認ください。
また、外出自粛要請の出ている地域において、不要不急の外出はお控えください。
感染症の予防および拡散防止のために、咳エチケット・手洗い・アルコール消毒・マスク着用などを心がけるようお願いいたします。

Bohinjsko jezero (Bohinj Lake)

首都リュブリャナから長距離バスで1時間ほど離れたところにある湖。写真を見ていただいても分かる通り、水面がとても澄んでいて、外観がとてもつもなく寛大です。湖の周辺はトリグラフ国立公園
になっており、アルプスの山々を眺めることができます。シーズンによっては国内外からトレッキング、ハイキングやスキーなどを楽しみに来る観光客も多いです!

Blejsko Jezero / Lake Bled

僕が一番好きだったブレッド湖です。かつて雪が降る中湖の上に浮かぶ小さなお城がライトアップされた写真を小さい頃に見たことがあり、その場所に行けるのかと、ずっとワクワクしてきた場所でした。このブレッド島はスロベニアでは唯一の自然の島であり、湖には聖マリア教会があります。小さな船に乗って、古城に降り立つこともできます。

Postojnska Jama / Postojna Cave

一番衝撃的だったのは、やはりこの鍾乳洞でしょう。ヨーロッパで一番大きく深い鍾乳洞の中はトロッコで移動もします。まるでゲームのようですよね!

鍾乳洞と人間を比べると一目瞭然。自然の前に圧巻されます。水の純度が高いと鍾乳洞自体が白くなり、有名な場所は白銀の世界が広がっています!必見!

プレイライフ編集部
日本最大級の遊びプラン投稿メディア「PLAYLIFE」の編集部です。 皆さんの遊びがより楽しいものになるよう、デート・ドライブ・おでかけ・女子会・旅行などに役立つ情報をお届けします。
海外×旅行・観光のプラン
【ミャンマー・ゴールデンロック】不思議体験したい方♪美しすぎる伝説の巨岩♪ヤンゴンから日帰りでOK
【ミャンマー・ゴールデンロック】不思議体験したい方♪美しすぎる伝説の巨岩♪ヤンゴンから日帰りでOK
ゴールデンロックを見に行こう!!世界中でもこんな場所ない!!キレイで珍しいものが見られるすごい不思議な非日常体験です★ミャンマー旅行で2.3日をヤンゴンにしているなら、一日がかりだけど、ぜひゴールデンロックへ♪予約なしで日帰りできました★ガイドブックでは早朝にヤンゴンを出発すれば日帰りで行けるがハードとありますが、そうでもなかったです。車をチャーターすれば、朝7時発で11時間後、夜6時くらいに帰って来られます。寝てればいいし、そんなに疲れませんよ★宿泊しているホテルに相談してみましょう。ガイドブックでは日帰り$200~となっています。私の宿泊した「HOTEL GRAND UNITED Ahlon Branch」では$180(¥21,600くらい)でした。新しめの車とドライバー1人です。とにかく行って良かったです★ロングドライブだけど、ミャンマーの生活を見ることができます。通勤風景では満員のピックアップトラックや、サイクルタクシーなど。日本の中古車だらけなのも、日本人としては楽しめます。神奈川中央バスやJRバス、幼稚園バスがそのまま使われていて、シルバー人材センターや●●株式会社とか書かれたままの営業車など多数。見ていて飽きません。道中はすべて舗装道路でした。1日の流れは朝7時車でヤンゴン発。10:45キンプン(トラックステーション)。トラックで1時間山登り。山頂近くの町に11:45。歩いて15分、12時にゴールデンロック。1時間見学して昼食後キンプンに14:30。ヤンゴンへ向けて出発。3時間半後の18:00ヤンゴンのホテル到着。$1=1,300k(ミャンマーチャット)
安倍 亜美
安倍 亜美
6064
2016/01/11
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。