リアルな遊びをプロデュース

【庭園日本一・足立美術館】島根県の僻地にありながら、年間50万人が世界中から訪れる、謎にせまる。

島根県安来市(やすぎし)にある足立美術館は、松江から車で30分少々、電車などのアクセスもなく、とても行きにくい場所になる美術館。それなのに、なぜか年間50万人もの観光客が、世界中から訪れています。 その秘密をのぞいてみましょう。ちなみに、安来市は、どじょうすくいでも有名な場所です。

さん
更新日:
閲覧数
2774
お気に入り
0

足立美術館

足立美術館足立美術館足立美術館

松江でレンタカーを借りて、足立美術館へ。車を走らせること30分ほどで到着しました。

入館料:大人2300円、大学生1800円、高校生1000円、小中生500円
開館時間:4月~9月=9時00分~17時30分      
     10月~3月=9時00分~17時00分
休館日:無休 

足立美術館

こちらは、足立美術館の主庭である「枯山水庭」。とにかくスケールがでかい庭園です。

実は、足立美術館の日本庭園は、世界37ヶ国で読まれるアメリカの日本庭園専門誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』の日本庭園ランキングで、なんと2003年から「12年連続日本一」に選ばれている、ものすごい庭園なのです。

足立美術館足立美術館

「枯山水亭」だけでも、いろんな角度から、いろいろな表情を楽しめます。

この奥深い、日本一の庭園の魅力を味わおうと、世界中から多くの人が訪れるのです。もちろん、日本人も。観光バスでたくさんの人が、訪れていました。

足立美術館

苔のはえた庭園、この先には茶室があります。紅葉がほんとうにきれいです。

館内には、喫茶店や茶室がいくつかあり、ゆったりとくつろぎながら、庭園を楽しむことができます。

足立美術館足立美術館足立美術館

背後にある山や、山の中にある滝など、だいたんに借景を利用した庭園。

季節によっても、全く別の表情を見せてくれます。

足立美術館足立美術館足立美術館

こちらには、錦鯉がたくさん泳いでいます。景色を、四角いわくで切り取った、生の掛け軸など、趣向をこらした、ユニークな展示も。

いろいろな趣向の庭園は、もしかすると、日本人よりも、外国人ごのみの、日本庭園かもしれません。

足立美術館足立美術館

12年連続、庭園日本一の碑が庭の中にあります。右の人が、この美術館を作った足立全康さん(故)です。

足立美術館は、庭園の他にも、120点を数える横山大観コレクションを所蔵。横山大観特別展示室では、常時20点前後を展示しているとか。河井寬次郎、北大路魯山人などの陶芸作品もたのしめます。

足立美術館 茶室 寿立庵

茶室寿立庵で、抹茶とお菓子をいただきます。見学料は1500円。なかなか風情のある茶室です。庭園の中は歩いてまわることもできます。

安来節演芸館

安来節演芸館安来節演芸館安来節演芸館安来節演芸館

ついでに、足立美術館の横にある。安来節演芸館ものぞいてみましょう。

なんとここでは、どじょうすくいで知られ安来節(やすぎぶし)を見ることができます。
公演時間は、事前に要確認です。

どじょう亭では、柳川などのどじょう料理もたのしめます。

鑑賞券:大人600円、小人300円
営業時間:10:00~17:00 
休館日:水曜日

足立美術館は、2時間くらいかけて、ゆったりと見るのがおすすめ。きっと、絶賛する人もいれば、批判する人もいるだろうし、人によって賛否両論だと思われます。庭園観について、議論をかわすのも、それはそれで面白いのかもしれません。松江の観光に合わせて、予定をたてて、ぜひ行ってみましょう。

このプランのマップ

0
ライター紹介
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)、『うごかすえほん はたらくくるまとまちをつくろう!』(まる出版)がある。
Line pc bottom