本当に行った 遊びのガイド

【マレーシア在住が教える】暑い国のスタミナ食!肉骨茶(バクテー)を有名店で食らう

マレーシアの名物料理のひとつ「肉骨茶(バクテー)」。ちょっと生生しい名前ですが、豚肉のさまざまな部位を漢方スープで煮込んだ滋養食です。
バクテーの本場は、KLから1時間くらい離れた街クランと言われますが、時間の限られている旅行者では、なかなか訪れるのが難しい場所だと思います。
今回は、KL中心部にあるバクテーの専門店を紹介します。

さん
更新日:
閲覧数
3270
お気に入り
0

Sun Fong Bak Kut Teh 新峰肉骨茶

「地球の歩き方」などでも紹介されている肉骨茶(バクテー)の有名店です。
KL中心部のモノレール・インビ駅近くにあり、ブキビンタンからも徒歩でアクセスできるエリアにあります。
ちょっとディープな雰囲気がただよう路地裏の店ですが、店の前に停められている車はBMWやベンツなど高級車ばかり。ガイドブックに載ってる店だからと侮るなかれ。こういうお店は、地元のお金持ちもお気に入りということで、美味しい確率が高いんです。
バクテーはもともと労働者の朝ごはんだったため、早朝のみ営業のお店も多いですが、ここは早朝から夜遅くまで営業しています。

Sun Fong Bak Kut Teh 新峰肉骨茶

こちら、オーソドックスなバクテーです。バラ肉のほか、スペアリブやホルモン系がいっしょに煮込まれています。バクテーの店によっては、小さいお椀に部位ごとによそってくれますが、ここは土鍋でごった煮タイプ。漢方のエキスが沁みこんだスープは、苦みがなくほのかな甘みが感じられます。
2人前で30リンギほど(写真は1人前)。最近物価の上昇が激しく、とくにバクテーに欠かせない漢方薬の値段が上がっているので、バクテー屋さんは経営が大変のようです。
この有名店でも同じようで、以前は取り皿やお箸が消毒されて、衛生的にビニールでパックされた状態で出てきていましたが、最近はそういうサービスはやめたようです。

Sun Fong Bak Kut Teh 新峰肉骨茶

こちらは野菜やきのこ、湯葉入りのタイプ。野菜の水気でちょっとスープが薄まってしまうのですが、私はこっちが好み。

Sun Fong Bak Kut Teh 新峰肉骨茶

私の一押しはこの「ドライバクテー」です!
スープ系バクテーの肉を取りだし、唐辛子、スルメイカ、オクラなどと一緒に香ばしくいためたもの。クラン発祥のもので、ほかのエリアで提供している店は少ないようです。
甘辛味が好きな日本人で、この味が嫌いな人はいないはず!ごはんにもビールにもばっちりの逸品です。

Sun Fong Bak Kut Teh 新峰肉骨茶

バクテー以外のお料理も美味しいです。私の大好物は、このイカの塩玉子(塩蛋)炒め。コクのあるソースがとろっと絡んで美味しいんです!
奥の揚げパン(油条)をバクテーに入れると、スープを吸っておいしい~。

ビールを3本、バクテーを3種類(スープ2人前、野菜入り2人前、ドライ)と、おかずを3品、ごはん、中国茶、ココナツジュースなどを頼んで、4人でだいたい8000円ほどでした!

このプランのマップ

0
ライター紹介
マレーシア・クアラルンプール在住のライターです。 食べ歩きと旅行が趣味です! 地元&観光客の方に人気のスポットを紹介します!
クアラルンプール(マレーシア)のプランを目的で絞る
海外のプランを探す