本当に行った 遊びのガイド

【松代観光】江戸時代の武家屋敷・偉人が祭られている象山神社を巡った後はあの有名な松代大本営へ!

信州の中心長野市にある松代地域には大名であった真田氏以外にも様々な学べる観光施設があります。特に幕末の偉人である佐久間象山が祭られている象山神社、太平洋戦争末期に東京から大本営を移すためにつくられた要塞松代大本営跡のある象山地下壕などが本格的です。近隣の武家屋敷と合わせてお楽しみください。松代で学べる観光をぜひともお楽しみください!

さん
更新日:
閲覧数
1031
お気に入り
0

松代観光案内所

 松代観光案内所です。真田宝物館のすぐ横にあります。松代観光はもとより、長野市及び周辺各地の観光案内と資料提供を年中無休で行ってくれる施設です。長野県の観光に関するパンフレットなどがたくさん並べてありましたのでぜひとも松代観光をする際には寄ってみてください。

樋口邸

松代城のすぐ東南に位置し、城の正面口にあたる大御門(大手門)や新御殿(真田邸)に近いこの界隈は、上級武士が多く住む武家屋敷が集まっていました。樋口家は代々その中でも由緒ある家柄で松代藩の目付役なども務めたそうです。
 
屋敷内は自由に見て回ることができ、たびたび地元のNPOによる交流イベントや体験イベント、展示会等が開かれています。

http://www.sanadahoumotsukan.com/facilities/facility.php?n=9

象山神社

象山神社象山神社象山神社
長野県長野市松代町松代竹山町1502

そして有名な佐久間象山を祭ってある象山神社へ。

佐久間象山は松代藩の下級武士の家に生まれました。

世界的国家観と開国進取を基調とする象山思想を吉田松陰、勝海舟、坂本龍馬などに教えたといわれています。その佐久間象山が祀られているので、学問のためのお参りに使えます。

境内には池があり、池に浮いているカエルの岩にお賽銭を投げるというかわった趣向もあります。

http://zouzan.net/ZouMain.html

山寺常山邸

山寺常山邸山寺常山邸山寺常山邸
長野県長野市松代町松代1493-1

山寺家は松代藩で知行160石の中級武士の家格。

江戸時代の終わりには山寺常山を輩出し、鎌原桐山、佐久間象山とともに松代の三山と称えられました。このように松代藩には多くの有能な家臣がいました。ここはその山寺常山の屋敷があった場所です。

現在、山寺常山邸には、江戸時代終わりから明治初期にかけて建てられたと考えられる表門と、この表門の南側に大正時代終わりから昭和初期にかけて建てられたと推定される書院が残っています。

この蔵の中は資料館になっており山寺家や松代についての資料が展示してあります。また屋敷の中ではほうじ茶をいただくこともできます。

http://www.matsushiro-year.jp/modules/sightseeing/index.php?action=FacilityView&facility_id=10

松代象山地下壕

松代象山地下壕松代象山地下壕松代象山地下壕松代象山地下壕松代象山地下壕松代象山地下壕
長野県長野市松代町松代479-11(管理事務所所在地)

 前からここへ来たかった。松代大本営跡の地下壕です。山をくり抜いてできた地下トンネルに入るのでヘルメットを着用して入ります。休日はかなり大勢の人が見学に来ています。それではいざ入ってみます。入り口周辺にはたくさんの記念碑が立っています。この日は多くの人が訪れていました。

松代象山地下壕

松代象山地下壕
長野県長野市松代町松代479-11(管理事務所所在地)

この地下壕の中はひんやりしています。迷路のようになっておりますので、きちんとルートにしたがって進みましょう。

松代大本営地下壕は、舞鶴山を中心として、皆神山、象山に碁盤の目のように掘り抜かれ、その延長は約10キロメートル余りに及んでいるそうです。

ここは地質学的にも堅い岩盤地帯であるばかりでなく、海岸線からも遠く、川中島合戦の古戦場として知られている要害の地です。

和座季楽象山亭

和座季楽象山亭
長野県長野市松代町松代竹山町1496-22

そしておなかが減ったら象山亭へ行ってみてください!松代周辺には様々なお店がありますがこの蕎麦屋はおいしそうでした。象山地下壕へ向かう道にあります。

http://tabelog.com/nagano/A2001/A200101/20008565/

このプランのマップ

0