本当に行った 遊びのガイド

【マレーシア在住が教える】ここにしかない出会い…希少動物の生態を知ろう「ブキメラ・オランウータン島」

マレーシアの有名な動物といえば、ジャングルに住む「森の人」オランウータンです。動物園でもその姿を見ることができますが、もっと間近に、自然の中で彼らの生態について学んでみませんか。ブキメラ・オランウータン島で、ここにしかない出会いを体験しましょう。

さん
更新日:
閲覧数
1873
お気に入り
0

ブキメラ・レイクタウンリゾート

オランウータン島は、ペラ州の「ブキメラ・レイクタウンリゾート」内にあります。ペラ州イポーからは30分くらい、ペナンは1時間、KLからは約3時間の道のりです。リゾート内の船着場でチケットを買って、ボートで渡ります。外国人は30リンギ(約750円)ほどでした。

ブキメラ・オランウータン島

こちらの島には、20頭あまりのオランウータンが保護されています。1頭1頭には出生証明書があり、名前がついていて、マイクロチップが埋められています。健康管理と、盗難防止のためなんだそうです。

ブキメラ・オランウータン島

島に到着すると、さっそくオランウータンが出迎えてくれました。小さい子どももいますね。こちらでは、出産や未熟児の保育用の施設もあります。オランウータンの赤ちゃんって、人間そっくり……!!!!

ブキメラ・オランウータン島

この島のボスは、31歳のオスのBJ。ボスのオスは、顔のよこに大きなコブができます。ほかのオスにはコブがありません。このコブ、ボスの座を追われると小さくなってしまうそうですよ。不思議!!!
オランウータンの好物は果物で、BJはココナツを食べています。でも大好物はドリアンなんだそうです!!!(この時は、メディア向けのツアーに参加したので、通常の観光客の方々よりも近くまで寄らせてもらって撮影しています)

ブキメラ・オランウータン

オランウータンのみなさん、カメラを構えると寄ってきてポーズとってくれます(笑)彼らがセルフィー撮る日も近いかも。。。。
こちらの施設には、ペナンから日帰り日本語バスツアーが出ています。そのおかげで、日本人観光客は年間5000人以上も訪れていて、ダントツの1位なんだそうです。
オランウータンの保護や施設の維持にはたくさんのお金がかかります。これまで地元のある実業家が数億円単位で寄付していましたが、個人の寄付に頼るには限界があるため、観光客からの収入は大切な財源なんだそうです。貴重な生き物を支援するためにも、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

このプランのマップ

0
クアラルンプール(マレーシア)のプランを目的で絞る
海外のプランを探す