リアルな遊びをプロデュース

元祖あんみつはどこ?明治27年創業「銀座 若松」の王道メニューを紹介

1131
2018/07/20
1
元祖あんみつはどこ?明治27年創業「銀座 若松」の王道メニューを紹介

明治27年創業の「銀座 若松」。元祖あんみつは昭和2年に生まれたそうです。
原点に立ち返るべき、昔ながらのお店を訪ねてみました。
インスタ映えスイーツに飽き飽きしている人は必見!

このプランのマップ

流行の発信地・銀座にひっそりと根を下ろす店
銀座 若松

みなさん、あんみつはどこ発祥か知っていますか?
今回、このお店に行くまで「浅草でしょ!」と即答していました。
ですが実は「銀座」のお店が発祥地だったんです。

年々たくさんの進化系スイーツが生まれていますが、ここはあえて原点に立ち返るべく、「銀座 若松」を訪ねてみました。

畳の椅子がほっこりします。
銀座 若松銀座 若松銀座 若松

店内はもちろん古風で、音楽はかかっていません。
席につくと、"明治27年創業 あんみつ発祥の店"と書いてある貼り紙を目にしました。
その時から変わらず、この場所で営業を続けられているそうです。
時代を経て多くの人に愛されるお店、さすがですね。

初回は元祖あんみつを食べてほしい!
銀座 若松

メニューはクリームあんみつ、あんずあんみつ、白玉あんみつなど種類豊富です。変わり種がないのが、老舗のお店らしくていいですね。
ミニあんみつと和スイーツを2点選べるあんみつセットも気になりましたが、今回は初回訪問ということで、「元祖あんみつ」を注文しました。

盛り付けはカラフルだけど昔味
銀座 若松銀座 若松銀座 若松

「元祖あんみつ」は意外にもシンプルではなかった!
ぎゅうひやモモ、あんこ、寒天、さくらんぼなどが乗っていて色とりどりです。
黒蜜はお好みで。
飾り気のない、素朴な味だけどやっぱり落ち着きます。
このシンプルさで昭和2年から代々あんみつの販売を行ってきたのですね。
そして今では来店する中学生や子供にもその味が伝わっていると思うと、なんだか不思議です。

お店の名前が入った瀬戸容器が、なんだかかっこよく見えました。

ご家族にも歴史を伝えましょう。
銀座 若松

ちなみに、銀座若松ではレジ前にてテイクアウト商品も販売されています。
家族にもこの味、伝えてみませんか?

【営業時間】11:00~20:00(L.O.19:30)
【定休日】無休
【公式HP】http://ginza-wakamatsu.co.jp/

銀座 若松
場所:東京都中央区銀座5-8-20 銀座コア 1F
アクセス:東京メトロ(銀座線・丸の内線・日比谷線) 銀座駅「A-3出口」「A-4出口」「A-5出口」 「A-4出口」からは直接当ビル地下1階に入れます。 銀座駅から161m
営業時間:11:00~20:00(L.O.19:30)
山本まひる / 編集部/ 都内特化型たぴりすと
ひねくれた遊び人。別の名をまひるん、爆食王。 好きなもの→廃墟、珍スポット、妖怪、猫、カメラ、三度の飯よりタピオカ Instagram→@mahirunruuun
銀座・丸の内・有楽町×ランチ・グルメのプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。