リアルな遊びをプロデュース

「棒ほうじ茶」に騙されてるぞ!本当のほうじ茶は御茶ノ水「cafe煉屋八兵衛」で飲める⁉

1108
2018/09/05
2
「棒ほうじ茶」に騙されてるぞ!本当のほうじ茶は御茶ノ水「cafe煉屋八兵衛」で飲める⁉
山本まひる山本まひる

京都で2年連続食べログのベストスイーツ賞を獲得した「cafe煉屋八兵衛」が御茶ノ水・ワテラスにもオープン!最高級の黒本わらび粉を使用した1粒”100円”するわらび餅や、京都・宇治産の本格的なほうじ茶が味わえる、どこまでも日本の「和」にこだわるお店に行ってきました!

このプランのマップ

北野天満宮からやってきたモダンなカフェ。人気の秘密は...?
cafe煉屋八兵衛

御茶ノ水駅から徒歩1分、ワテラスの中に和スイーツの専門店「cafe煉谷八兵衛」が今年オープンしました。
すでに多数メディアに取り上げられ、大変人気となっているお店です。

今回は、”普段食べている和スイーツ”とは格段に違った味が楽しめる商品が目白押しということで、早速行ってきました。

お座敷でくつろげる席もあり♡お茶タイムが特別なものに
cafe煉屋八兵衛cafe煉屋八兵衛cafe煉屋八兵衛cafe煉屋八兵衛cafe煉屋八兵衛cafe煉屋八兵衛

店内は”和モダン”をテーマに作られており、カウンター席やお座敷の席もあり、1人でも利用しやすいです。

入ってすぐのところに北野天満宮の「撫で牛」が♡
ご利益があると言われているので、ナデナデしてからフォトプロップスを持って記念撮影。
インスタに写真をアップしちゃいましょう!

他にない、厳選された素材をブレンドして作られた和スイーツ
cafe煉屋八兵衛cafe煉屋八兵衛cafe煉屋八兵衛

中でもおすすめなのが、素材・お砂糖・牛乳のみを使用したこちらの「京ラテ」(各470円~760円)。抹茶、きな粉、ほうじ茶、あずきの4種類があります。
きな粉は、特製の「京きなこ」を使用し、口どけの良い浅煎りと香りが際立つ深煎りのものをブレンドしているんだそう。
ほうじ茶と抹茶は、こだわり抜いた京都・宇治産のもの
あずきは、豆感を出さないためにあえて無名の小豆を使用しているんだそう。

今回は欲張りきな粉ラテと欲張りほうじ茶ラテを注文。
きな粉は、今までにないくらい自然な甘みを感じ、びっくり!そしてコクがしっかりとありました。
ほうじ茶は、飲む前からほうじ茶の香ばしい香りがプンプンし、クリームと合わさったまろやかな舌触りが絶品♡

スイーツによって数種類の砂糖をキッチンで使い分けているからか、本当にその商品によって甘さが変わり、不自然さがないんです...!

無添加の優しい出汁がクセになる和風茶漬け
cafe煉屋八兵衛cafe煉屋八兵衛cafe煉屋八兵衛cafe煉屋八兵衛

続いてはお茶漬け(各880円)。
具は鯛と鮭、出汁は和風と洋風のそれぞれ2種類から選べます。
なんとこのお茶漬け、3時間もかけて作られているのだとか!お湯をかけて「はい、出来上がり。」の概念が覆されました。
また、お茶漬けにはこのお店がこだわり抜いて作っている、わらび餅がついているのが嬉しいですね♡

まずは、無添加の昆布や煮干しから取った和風出汁の鯛茶漬けから。
新鮮な鯛が5枚、薬味は、あられ、大葉、茗荷、岩海苔が乗っています。
優しい味の出汁に、さらさらのお米とプリプリの鯛、薬味が合わさりペロっと食べられます。
山葵はお好みで入れるとアクセントになるので、ぜひ。

コンソメベースの出汁に生クリーム!?新感覚の洋風茶漬け
cafe煉屋八兵衛cafe煉屋八兵衛cafe煉屋八兵衛cafe煉屋八兵衛

次に洋風の鮭茶漬けです。
イクラ、フライドオニオン、鮭、チーズ、三つ葉が乗っており、お茶漬けの新しいスタイルが楽しめます。
なかでも驚いたのは、出汁がコンソメベースだということ!
どんな味か想像がつかなかったのですが、実際に食べてみるとさっぱりしていて絶品!少しリゾット風でした。プチプチのイクラや塩気のある鮭、とろ~りとしたチーズやトリュフオイルがよく絡み合っています。

途中で生クリームをかけると、もっとまろやかに。
生クリームとコンソメの出汁を調整しながら食べるとgood。

国内で最高級の黒本わらび粉を使用したわらび餅
cafe煉屋八兵衛cafe煉屋八兵衛

そしてほうじ茶、きな粉、抹茶の3種類の味から選べるわらび餅。
こちらは希少価値の高い国産の黒いわらび粉を使用しており、なんと1粒100円!10粒からテイクアウトもできます。

包丁で切れないほど粘り気が強いのだとか。
実際に楊枝ですくってみても、もっちり感がすごい!
強いコシがあり、今まで食べていたわらび餅とは全然違う…!
一口めから感動してしまいました。

こんなに本格的な和スイーツが食べられるなんて…!

米粉を使用したふわっと八つ橋。炙ることで香ばしさが倍増
cafe煉屋八兵衛cafe煉屋八兵衛cafe煉屋八兵衛cafe煉屋八兵衛cafe煉屋八兵衛

八つ橋(お茶とセットで680円)は、ガスバーナーで炙ってから提供してくれます。
炙り八つ橋なんて、それだけで珍しい…!
都内ではお土産で食べるくらいなのでお店で食べれるなんて、本当に京都のカフェに来ている気分です。 こちらも国産の米粉が使用され、しっとり、ふわっとした食感に。

小豆には豆感がないので、まろやかな食感になっています。
お好みで小豆を包んでいただきます♪

お店の想いを全身で感じながら、一つ一つの素材にこだわった和スイーツに、思わずニッコリ笑顔になってしまいました(笑)。

まさに”溶けるプリン”とはこのこと!卵不使用の名物・とろり
cafe煉屋八兵衛

最後にきな粉・抹茶・ほうじ茶・黒ゴマの4種類から選べる「とろり」(お茶とセットで680円)。こちらもテイクアウトが出来ます。
代表的な洋菓子であるプリンを、あえて卵を使わず”葛”と牛乳、生クリームを使用し、全て手作りしているのだとか。
本当は動画で伝えたいのですが、スプーンを入れる前からぷるんぷるん!
口に入れた瞬間、あっという間に溶けていきました。

ここまでとろとろのプリン、食べたことないです。
一口一口、和の素材の味に感謝しながら食べました。

何気なく食べている和菓子の大切さを実感
cafe煉屋八兵衛

普段何気なく食べている和菓子。
でも、生産から搬入、調理、販売に至るまで大変な手間がかかっていることが分かりました。

だからこそ、職人さんの想いを改めて感じることができ、とても良かったです。

和菓子離れが進む今、私たちの間ではお茶するなら洋菓子!と言われるようになってきていますが、たまにはお茶を啜りながら日本本来の素材で作った、本格的なスイーツを口にするのもいいなと思いました。

皆さんも「煉屋八兵衛」で職人が伝えたい和菓子の味をぜひ実感してみてください。
【営業時間】10:00-21:00
【定休日】なし
【公式HP】http://neriyahachibei.com

cafe煉屋八兵衛
場所:東京都千代田区神田淡路町2-105 ワテラスモール 1F
営業時間:10:00~21:00
山本まひる
ひねくれた遊び人・プレイライフの編集部です。別の名をまひるん、爆食王。 好きなもの→廃墟、カオス空間(珍スポ寄り)・妖怪・猫・カメラ・食べもの Instagram→@mahirun.inc
神田・水道橋×ランチ・グルメのプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。