本当に行った 遊びのガイド

【天然高級魚でホームパーティ】金沢八景・忠彦丸の「沖のライトウィリー五目」という船釣りが密かにアツい

少しニッチですが、「新鮮な高級魚でホームパーティしたい」そんな思いもしないような願いを叶える釣りプランです。初心者で行っても、アジやサバなどの大衆魚を必ず釣らせてくれる船釣りは多いです。また0匹も覚悟の上で、1匹数千円から1万円越えもする高級魚を一発狙いする船釣りもあります。今回は、その中間。「電車でOK」「持ち物はクーラーボックスのみでOK」「毛布や水洗トイレなど、船の設備も十分」「基本を抑えれば必ず何かは複数匹釣れる」「それでいて高確率で高級魚にも出会える」「もし釣れなくても、魚が売られている(笑)」「魚を船宿がさばいてくれる※要事前確認」など、初心者や数回経験した人が高級魚を夢見てチャレンジするには、非常にバランスのよい釣りだと思います!今回は、上質な白身の甘みと旨みが堪らない40cmクラスのアマダイと、「最高級のアジ」とされるシマアジに匹敵する「カイワリ」が姿を見せました。夢見て早起きして、数も種類もたくさん釣れて、高級魚にもであって、それを友人が幸せそうに食べていて。大満足の1日でした。

さん
更新日:
閲覧数
15008
お気に入り
3

金沢八景駅(京急線)

金沢八景駅(京急線)
神奈川県横浜市金沢区瀬戸15−1

釣り人の朝は早い。「5時に船宿」なんていわれても、車がないといけない。ですが、金沢八景駅の「忠彦丸」では、電車の方でも間に合うような時間設計がされていて、6時〜6時半あたりに金沢八景駅に到着すれば、港までの送迎車をだしてくれるシステムがあるのです。金沢八景駅につくと船宿に電話。「5分後に、国道わたってすぐのセブンイレブンでね」とやりとり。

セブンイレブン 横浜金沢八景駅前店

駅から国道をわたってすぐ、徒歩4分くらいのところにあるセブンイレブンで、ご飯の買い出しをしつつ、送迎車をまちます。7時20分出船、15時30分帰港なので、朝ご飯と昼ご飯、飲み物を購入。万が一の場合のエサとして「いかそうめん」も購入(笑)余談ですが"鬼カサゴが釣りたい"なんて人は、前日にスーパーで新鮮なサバを購入しておきましょう。程なくすると、送迎車が到着。

金沢八景漁港 忠彦丸

10分ほどで金沢漁港の「忠彦丸」の船宿に到着。中でも「タチウオ」「マダイ」「アジ」「アカメフグ」など、いろんな釣りものがあるので、「沖のライトウィリー五目で」とお伝えください。※海の状況により、出船していないこともあるので、HPをチェック!「上下ウェア」「長靴」「タオル」「ライフジャケット」は無料でレンタル。なので持ち物は「クーラーボックス」のみでokです。費用は20000円はもってゆきましょう。(乗船料11500円。電動リール竿のレンタル2000円。ウィリーしかけ購入450円×2。ビシ(おもりかご)が返却時に帰ってくる前提で2000円。更衣室もあり。自販機もカップ麺もお土産もここでうっています!

保田沖、館山沖、久里浜沖など

高鳴る鼓動を抑えて、船でポイントまで移動。八景島シーパラダイスを横目に、航海スタート。その日によってマチマチ場所は変わりますが、本日は千葉県房総半島、館山沖あたりを目指します。移動中は風も水しぶきも強いので船内に避難。後方船内は2階建てになっていて、下は長椅子、上はお布団になっています。お布団で30分ほど爆睡。笑 水洗トイレやハンドウオーマーもついているのも魅力!

館山沖

アマダイ・カイワリ・トラギス・ガンゾウビラメ・アジ・サバ・イシモチ・カサゴ・メバル・ヒメなど、10種類以上の魚が釣れました!釣りに興味ない人は以下無視してください。ライトウィリー釣りで基本しかけはビシ60号に1.5のクッションをはさみ、ハリス2.5mで、ハリは3つ。一番下にオキアミと(エビエサ)をつけて、上の二つは毛がついた針なので、エサ付けの必要は無し。冬のメインターゲットは店頭価格5000円〜1万円くらいする高級魚「アマダイ」。底に巣をつくり、落ちてくるエサ食べる習性。なので、底(水深100mくらい)におもりをつけてトントンと砂埃を巻き上げてから、0.8m〜1.5mほど巻き上げる。針につけたエサが底から30〜50cm以内を自然にフワフワしているよう、ゆーーっくり竿を上下する。たまにビュンと、エビぞり跳ねを演出する。1分くらい反応なければ、また底をトントンして誘い出して少し巻き上げ、フワフワさせる。5分に一回くらい、エサがちゃんと残っているか確認する。アマダイが釣れると、クンクンクンと竿先に反応。ゆーくり竿をたててみると、グイグイグイと強くひきが感じられます。習性を知って、狙い撃ちするのが釣りの面白さ。「いまはアマダイだよー」といわれたら、こんな感じに釣りをしてみてください。後半はポイント移動してアジやイシモチ・イシダイなどを狙いました。詳しい釣り方は船長が教えてくれます。夏はみんな大好き「のどぐろ」なんかも狙えたりするそうです!

金沢八景漁港 忠彦丸

本日のクーラーボックス。高級魚としてはアマダイ・カイワリが釣れました!さらに忠彦丸で網で獲れたという、5000円〜6000円もするような巨大天然ヒラメが1000円ちょっと、激安で売られていました。迷わず購入(笑)釣れなかった日も、このシステムがあれば安心ですね(笑)食卓が楽しみです。

自宅でホームパーティ!

19時〜20時頃、友人を招集して高級魚パーティ。アマダイとヒラメ、カイワリとアジ、イシモチをお刺身に!その頭と骨で潮汁!アジとイシモチをなめろうに!アジ、サバを塩焼きに。カレイやメバル、カサゴはコトコト煮付けに。その他、いろんな魚種をまぜてアクアパッツアなどもしてみました。鮮魚系居酒屋で食べ飲みすると8000円とかするようなのが、家で食べると、さらに新鮮な状態で単価2000円もしないくらいで振る舞えちゃうのも、醍醐味です。家主は、解散後に潮汁の雑炊でほっこり。そして、少しとっておいたアマダイとヒラメを、こぶ締めにして翌日ぺろり。釣り人の幸せなひととき。

このプランのマップ

3
ライター紹介
目黒のITベンチャーで人事企画をやりながら、釣りアプリ「Fish Record AR」の運営も行っています。「釣って食べる」体験を一貫してできるところはまだまだ少ないですが、釣りを通じた楽しい遊びが日本中にあるので、その魅力を中心にお伝えしていきたいです!^^