リアルな遊びをプロデュース

【札幌】特別展「夢見るフランス絵画」を鑑賞✩美的センスを養いに、北海道立近代美術館へ。

夢見るフランス絵画
印象派からエコール・ド・パリへ を観に、北海道立近代美術館へ行ってきました。
天才の描写表現、色彩感覚に直に触れ、大いにインスパイアされました(^^)
これから秋・冬の寒い季節にあえて北海道に行く方もいると思うので、そんな時におすすめのスポットになっていますよ!

さん
更新日:
閲覧数
2092
お気に入り
0

北海道立近代美術館

北海道立近代美術館

夢見るフランス絵画
印象派からエコール・ド・パリへ

期間 :2015年6月27日~8月23日
観覧料:一般1,300円 高大生700円 中学生500円

【特別展HP】
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/knb/exhibition/sp_20150627.htm

北海道立近代美術館

北海道立近代美術館に来ました。

【開館時間】
9:30~17:00(入場は16:30まで)
休館日:月曜日、展示替え期間等
【住所】
札幌市中央区北1条西17丁目
地下鉄東西線 西18丁目駅 4番出口から徒歩5分ほど。
【HP】http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/knb/

北海道立近代美術館

ルノワール、モネ、セザンヌ、モディリアーニetc、
巨匠たちの絵画71点を鑑賞しました。

✩個人的に感動した絵画ベスト3✩
No1 クロード・モネ「睡蓮のある池」
No2 ピエール=オーギュスト・ルノワール「タンホイザーの舞台(第一幕)」
No3 ジョルジュ・ルオー「装飾的な花」

北海道立近代美術館

クロード・モネ「睡蓮のある池」
制作年:1919年
一際大きなキャンバスに描かれた油絵。

近くで見ると油絵。後ろに下がって10歩までは油絵。
後ろに下がって11歩目から、風景の池が出現。
my best positionは、後ろに下がって14歩目。睡蓮のある池が、水鏡に観えました。
モネに、北海道の絶景を描いてほしかったなぁ。

北海道立近代美術館

複写された絵やオリジナルポストカードetcが、販売されていました。

北海道立近代美術館

特別展の絵画が、ポストカードになっていました!
中段は全て、クロード・モネ。

左:ヴェトゥイユの柳

中:エトルタ、夕日のアヴァル断崖
色彩が繊細で、とても魅了されました。海に夕日の色が織り込まれています。
特別展のチケットの絵にも、採用されていました。

右:レ・ムレット(小さな積藁)

北海道立近代美術館

クリアファイルにも、なっていました!

左:マルク・シャガール「大きな花束」
右:ピエール=オーギュスト・ルノワール「ド・ガレア夫人の肖像」
ルノワールの肖像画は、瞳が生きていて印象的でした。
天才だなと感じました。

北海道立近代美術館

シャガールの色彩感覚は、素晴らしいですね。

北海道立近代美術館

ミュージアム・ショップでは、美術図書、アーティストが制作したグッズが販売されています。
オリジナルポストカードは、厳選された絵や作品だから、ハイセンスでいいなと思います。

北海道立近代美術館北海道立近代美術館

美術館の敷地では、風を利用して変化する作品が、目を楽しませてくれます♪

このプランのマップ

0
ライター紹介
札幌在住です。カフェ巡り、街歩き、話題のスポットが好きです。札幌を中心に北海道の魅力をご紹介していきたいです。
Line pc bottom