日本最大級!遊びプラン投稿メディア
モデルコース21,001
月間利用者数400万人以上

【群馬旅】”東国花の寺”群馬県「宝積寺」は、まさに「花浄土の世界」が広がっていた!

1861
2018/07/26
0
【群馬旅】”東国花の寺”群馬県「宝積寺」は、まさに「花浄土の世界」が広がっていた!

群馬県甘楽町にある「宝積寺」
ここ宝積寺は、東国花の寺としても有名で、その美しい様子を見に、
県内外からたくさんの参拝者が訪れています。

実は、こんにゃくパークに寄った後、道の駅を探しているとき、迷って偶然見つけたお寺でした(笑)

そんな宝積寺をご紹介します♪

こんにゃくパーク

この日、最初に訪れた「こんにゃくパーク」
今回、旅行の行ってみたい場所リストの上位でした(笑)

すべて無料で楽しめるこちらの施設。
人気があるのもうなずけます♪

特に、小さなお子さんがいる方は、こちらは有料ですがこんにゃく体験もできます。(バイキング優先特典付き)

夏休みのお出かけにもいいですね(^^♪

こんにゃくパーク
場所:群馬県甘楽郡甘楽町小幡204-1
アクセス:上信越自動車富岡インターから車で約11分上州福島駅からタクシーで約7分 上州福島駅から1,687m
営業時間:こんにゃくバイキング 9:00〜17:00(L.O.16:30) ランチ営業、日曜営業
宝積寺

そのこんにゃくパークからは、車で数分の場所でした。

本当は、道の駅を探して走っていたんですが、案内看板を見落とした模様… (^_^;)
本来、曲がるべき交差点を過ぎてしまって、Uターンを試みたところに、こちらのお寺の案内板が見えました。

群馬県にある宝積寺です。

参道には、見頃をちょっと過ぎてしまってましたが、満開のあじさいが見られました♪

宝積寺宝積寺

参道にあった「みがわり地蔵」
良く見ると、ちょっと残念な様子です。

それもそのはず。
こちらのお地蔵様、その昔、病に苦しむ人が、お地蔵様を削り、その石を煎じて飲んだとされており、このようなお姿になってしまったんだとか…

それだけ、ご利益もあったのでしょう。
いまは、お札を授かることができます。

宝積寺

こちらが本堂になります。とても立派です。
あまりに大きいので、参道の階段から撮りました(笑)

東国花の寺の由来でもある「枝垂れ桜」は、本堂右手前にあります。

樹齢は140年ほどで、高さは13mもあり、形が整っているうえ、濃いピンクの花色が抜群に美しいと言われています。

宝積寺宝積寺

本堂手前には、「お手綱」が結ばれておりました。

この「お手綱」というのは、五色の綱が仏様の手につながれており、
このお手綱を握ると、仏様とつながることができるというものです。

どこかのお寺で見つけた際は、ぜひ、仏様とつながってください。
必ず、ご利益がいただけます。

そして、お寺のキャラクターでしょうか。
「たからくん」がお出迎えしてくれました♪

宝積寺宝積寺宝積寺

こちらの枝垂れ桜、本当に見事です。
きっと、春に来たら、素晴らしい景色が見られた事でしょう。

本堂の裏手のほうには「天狗の腹切り石」があります。
宝積寺合戦の際、巌空坊覚禅(がんくうぼうかくぜん)という僧が、無念のあまり、ここで切腹した事から、その名が名づけられたそうです。

現在は、商売繁盛、合格祈願を願う人に絶大な力を発揮するそうですよ。

宝積寺宝積寺宝積寺宝積寺宝積寺

他にも、境内には見どころがたくさんあります。

「番町皿屋敷」の1つの源流伝説でもある、菊女伝説も残る「菊女観音」や小幡七福神札所本尊”なでほてい”などがあり、
そのご利益を求め、たくさんの参拝者が訪れるそうです。

偶然、立ち寄ったお寺ではありましたが、とても良いお詣りになりました。
今度は、満開の桜の季節に来てみたいです。

道の駅 甘楽

結局、道の駅はどこだ?
という事で、宝積寺の奥様にお聞きして、なんとかここまでたどり着きました(笑)

ココは、「道の駅 甘楽」です。

こちらの詳しい様子は、改めてご紹介しますね。

道の駅 甘楽
場所:群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡444-1
アクセス:上州福島駅から2,770m
営業時間:売店 9:00〜18:00 フードコート 10:30〜16:30 食堂 11:30〜16:00 ランチ営業
高橋 のりこ
綺麗な景色と美味しいご飯が大好物!カメラを片手にお出かけします♪ 楽しい家族旅行とパワスポ巡りをご提案♡
高崎×旅行・観光のプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。