日本最大級!遊びプラン投稿メディア
モデルコース21,823
月間利用者数400万人以上

オンラインで論理的な表現力が磨けるプレゼン部!人前で話す機会が多い社会人や就活生におすすめ

966
2020/06/26
オンラインで論理的な表現力が磨けるプレゼン部!人前で話す機会が多い社会人や就活生におすすめ

こんな人におすすめ

・話している内容が「分かりにくい」と言われてしまう
・プレゼンが上手になりたい

友達や上司に話しても「分かりにくい」と言われた経験はありませんか?
新型コロナウイルスの影響で電話やオンラインMTGする機会も増えて、ますますハードルが上がってしまいました。
今回はそんな悩みが解消できる、オンラインイベント「バヅクリのプレゼン部」に参加!プレゼンのプロに表現力を磨ける方法を教えてもらいました!
すぐに実践できる方法で分かりやすく伝えられるようになります。ぜひ人前で話す機会が多い人はチェックしてみてください♪

新型コロナウイルスの影響で日々状況が変化していますので、最新情報については各施設のHPをご確認ください。
また、外出自粛要請の出ている地域において、不要不急の外出はお控えください。
感染症の予防および拡散防止のために、咳エチケット・手洗い・アルコール消毒・マスク着用などを心がけるようお願いいたします。

人に伝えても「分かりにくい」って言われちゃう・・・

表現力が足りないかも!?

プレイライフ編集部のまひるんです。
友達や上司と話している時によく「何を言ってるのか分からない」「説明が分かりにくい」と言われてしまいます。
新型コロナウイルスの影響で在宅勤務になり、電話やオンラインMTG、プレゼンをする機会も増えて、ますますハードルが高くなってしまいました。

これはヤバイ・・・
なんとか改善したい・・・

そしたらちょうど良さそうなオンラインイベントがありました!

バヅクリのプレゼン部に参加!

オンラインで参加できる遊びのコミュニティサービス

バヅクリとは「遊び、学び、つながる」をテーマにした月額会員制の遊びのコミュニティ。
さまざまな体験のプロである「部長」が中心となって、毎月10回以上のオンライン参加型のアソビ・学び・つながるイベントを開催、そしてコロナと戦うみなさんの生活に彩りと豊かさをもたらしてくれるサービスです。
子供から大人まで参加OK、部員でない方も一般・体験参加枠として参加できます。

プレゼン部の部長はアナウンサー、起業家の大塚美幸(Mickey)さん
難しいことも分かりやすく伝えることがモットーで、プレゼンテーションのプロです!

今回のテーマは「表現練習」。
頭の中を棚卸し、自分の気持ちを論理的に表情豊かに表現出来るスキルを教えてもらいます。
構成は【自己紹介ー発声練習ー絵を使った対話】です。
イベント詳細はこちらです!

現在はオンラインで定期的に講座が開催されているので、こちらからぜひ参加してみてくださいね♪

イベント当日 おうちで待機&Zoomで参加

リラックスして気軽に参加しよう

オンラインイベントはZoomで開催されます。
10分前にZoomのURLが送られてくるので、事前にインストールしておきましょう。

オンラインで人に会えるのは新鮮な気分です。アイスブレイクもあるので初めて参加する方でも安心です。

①まずは30秒で自己紹介

冒頭で好印象を持ってもらうことが大切!

まずは自己紹介から。
30秒で簡単に【名前・休日の過ごし方・イベントに参加した理由】を発表していきます!
「プレゼンテーション」の目的は、資料を説明することに加え、相手に何らかの反応を起こさせることが大事!内容を詰め込み過ぎたり、必要以上に長過ぎたりするのはNGです。
まずはここで、やみくもに喋るのはではなく、ちゃんと相手の知りたいことを示せているか?、この人ともっと話してみたい!と思わせているか?
などをチェックしてましょう。

そして、伝えるときに大切なのは、言葉以外の要素が9割(そのうち、視覚は5割以上)と言われています。
それをさらに細かく分けると、

①対人力(印象の良さ、人当たりの良さ、安心感のある声)
②思考力(論理的、建設的、冷静さがあるか)

の2パターンに分かれます。

第一印象は、会って7秒で決まると言われているので、冒頭で対人力と思考力を伝えてくことを意識しましょう!

参加者からフィードバックも!

自分では気づけない良さ・改善点が見えてくる

自己紹介を、他のイベントに参加していた方にフィードバックしてもらいました。

自分自身では気づいていなかったのですが、
「会話中に「なので~」などの接続詞が伸びているので、ビジネスシーンとプライベートでの使い分けができると良い」
とアドバイスいただき、とても参考になりました◎

②毎日の積み重ねが大事!発声練習

まずはゆっくり上にストレッチ

次は活舌よく喋るのに必要な発声練習です。
【発声練習】に移る前に、少し休憩。
上に手を伸ばしてゆっくり深呼吸し、気持ちを落ち着かせます!

実際に発声してみよう!

ゆっくりハッキリ一音ずつ発音

鏡を持ちながら、一音一音、正しい方法で出せているか表情をチェックするのがポイント。

以下をイメージしてみましょう!
・【あ】口の四隅をいっぱいに広げ開ける
・【い】スマイル!口を横いっぱいに引く
・【う】口をすぼめ、唇の両端を中央へ引き寄せる
・【え】下唇が逆三角形になるように引く
・【お】縦長の楕円形になるよう口を開く

そのあとアエイウエオアオ…とアナウンサーのように発声練習を繰り返していきます。
ちょっぴり恥ずかしいですが、顔が少し痛くなるぐらい本気でやると効果がありますよ。

③想像して声色を変えよう

同じ言葉でも、強弱や表情を工夫するだけでこんなに変わる⁉

発声練習が終わった後は、一つの言葉に対して、声色を変える練習

私が担当したのは、「ほら」の言い方。
話しかけるとき、励ますとき、そこにあるよと指示するときの3パターン、声のトーンを変えて相手に伝えていきます。
この時、ジェスチャーなどをつけるとより伝わりやすくなります。

やる前は簡単だと思っていたのですが、気持ちを想像して発声するので、意外と難しいんです…!

④デリーバリースキル 絵・話を繋げよう

言葉とジェスチャーに加え、イラストをフル稼働!

最後は、一つの絵からスタートさせ、前の人の話を受けて、リレー形式で話を考えていくワークショップ!
ここでは、イラストの上手さではなく、言葉とジェスチャーを使い、いかにして相手に理解させるか?が大事◎

私のチームは【コンビニとスーパーの絵】からスタートしました。
魚と高いちくわ買っちゃおうかな~→マスクと魚もお買い得だ…どっちが勝つかな~!→そんな長谷川家は3人家族。お菓子も買うことに。→あれ、→今日は板チョコパーティーにしてしまえ~!

というヘンテコな話が出来上がりました(笑)。
話し方を工夫だけではなく、イラストを交えてどのようにしたら伝わるかな?と短い時間の中でアイデアをたくさん考えるので、とっても楽しかったです!

普段の伝え方を一工夫するだけでコミュニケーションの改善に◎

2時間のイベントはあっという間に終わり、短時間で表現力がぐっとアップした気がします♪

今までは、頭で考えていたことが全然相手に伝わらず、混乱させてしまうという悩みがあったのですが、
早速今回習った「言葉の抑揚」を意識して、自分の好きな映画のストーリーや感想を友達に伝えてみたら、
「その映画面白そう!今週末見てみるね!」と言われるようになって嬉しかったので、これからの仕事にも活用していきたいです。

バヅクリでは他にもBBQ部や図工部、クイズ部など色々なイベントが開催中!
人気のイベントはすぐに枠が埋まってしまうので、こちらのリンクからチェックしてみてくださいね!

山本まひる / 週5でタピオカ飲み歩く写真家
プレイライフ編集部。ひねくれた遊び人。別の名をまひるん、爆食王。 好きなもの→廃墟、珍スポット、妖怪、猫、カメラ、三度の飯よりタピオカ
渋谷×サプライズのプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。