リアルな遊びをプロデュース

【山寺、立石寺】1000段越えるとそこは絶景!松尾芭蕉の句で有名な山形県のパワースポット。

山形県にある立石寺(りっしゃくじ)とは、1000年以上もの歴史がある天台宗の寺院で、悪縁切り寺としても信仰を集めているパワースポット。でも、それだけじゃないんです!頂上から見る景色は絶景!行けばいいことだらけかも♪

さん
更新日:
閲覧数
3458
お気に入り
0

宝珠山立石寺

宝珠山立石寺

【コース内容】
根本中堂→宝物館→山門→せみ塚→仁王門 →奥之院→参道下る・開山堂、納経堂、→五大堂→下山

【所要時間】
往復に、余裕をもって2.5時間は見ておきたいです。
なお、服装や靴は山用の物が良いのは間違いありませんが、 服も靴も普段使用しているもので大丈夫です!

宝珠山立石寺宝珠山立石寺宝珠山立石寺

松尾芭蕉は奥の細道に「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」という句を残していますが、それを想起したのがこの場所と言われています。

そして、山の絶壁の所々に、お寺が見えます。
あんなに遠いんだ~( ゚Д゚)
なんと石段は1015段!!
ちょっと多いけど、登ると絶対いいことがあるんです。

宝珠山立石寺

それは、石段を一だん、二だんと登ると欲望や汚れなどの煩悩が消滅していくこと!(`・ω・´)
石段は小さく、登りやすいと思います♪

宝珠山立石寺

石段を上りながらふと右上を見上げると大きな巨岩が!
道の右側に直立する岩、”弥陀洞(みだほら)”です。
雨風によって凝灰岩が風化し、阿弥陀如来の姿を形作ったそう。
仏様の姿に見える人は幸福が訪れるという言い伝えがあります♪

宝珠山立石寺

約1000もの石段を登り終えると、”奥の院”に到着。
参道の終点にあるので”奥の院”と呼ばれていますが、本来の名前は如法堂というそうです。

この後下山しますが、実は山寺には40年前に滑り台があったらしい・・・!?
しかし、案の定けが人続出で、すぐに閉鎖になってしまいました。

宝珠山立石寺

参道を下り、”五大堂”に行きます。
そこからの眺めがほんとに絶景。
五大堂は正徳4年(1714年)に再建された舞台造りで、山寺随一の展望台となっています。
壮大な山と町並みを一望できますよ(^^)

【入山時間】
8:00~17:00
【定休日】
立石寺奥之院は冬期間 閉鎖
【入山料】
大人300円/中人200円(中学生)/小人100円(4歳以上)
【根本中堂内陣参拝】
200円
【HP】
http://www.rissyakuji.jp/
http://www.yamaderakankou.com

このプランのマップ

0
ライター紹介
日本最大級の遊びプラン投稿メディア「PLAYLIFE」の編集部です。 皆さんの遊びがより楽しいものになるよう、デート・ドライブ・おでかけ・女子会・旅行などに役立つ情報をお届けします。
Line pc bottom