日本最大級!遊びプラン投稿メディア
モデルコース21,132
月間利用者数400万人以上

房総半島(南房)ドライブ フラワーラインで海の幸【回転寿司やまと、ピネキ、野島埼灯台、くじら料理】

42536
2015/04/17
7
房総半島(南房)ドライブ フラワーラインで海の幸【回転寿司やまと、ピネキ、野島埼灯台、くじら料理】

春が一足先におとずれるあったかい南国、房総半島をめぐるプランです。房総の海の味覚とお花を、思う存分堪能しましょう!くじら料理など、ほかではなかなか味わえない料理も房総にはあります。どこのお花スポットでも、花摘み体験はできます。

海ほたるPA

アクアラインを通って、海ほたるによって、

館山道を走って、房総半島に入ります。

海ほたるPA
場所:東京都西東京市東町4丁目4−14−17 海ほたる
スーパー回転寿司やまと 館山店スーパー回転寿司やまと 館山店スーパー回転寿司やまと 館山店スーパー回転寿司やまと 館山店

房総では知らない人はいないスーパー回転寿司です。館山にある本店にうかがいます。

こちらは地もののキンメです。その他、特大のアナゴなど、房総の海の幸を堪能しましょう。

スーパー回転寿司やまと 館山店は下の赤いボタンから予約できます。
スーパー回転寿司やまと 館山店
場所:千葉県館山市北条1321-12
アクセス:館山駅から徒歩15分 館山駅から1,104m
営業時間:11:00-21:30(無休) ランチ営業、日曜営業
房総フラワーライン

館山市から南房総市和田町まで約46kmの海岸線をフラワーラインと呼びます。道沿いに花が咲き、花を楽しめるスポットがたくさんあります。

ポピーの里 館山ファミリーパーク

関東最大級10万株のポピー畑があります。キンギョソウやストック、ひまわりなど、1年を通して花が楽しめます。入場料530円。営業8:30~17:30。ポピーフェスティバルは12月~翌5月GWまで。http://familypark.jp/

ポピーの里 館山ファミリーパーク
場所:千葉県館山市布沼1210
アクセス:館山駅から車で21 分(9.7 km、「国道410号線」経由)
営業時間:Aシーズン:8:30~17:00(7月第4月曜日~8/31、12月第3月曜日~5/6、土日祝日)、Bシーズン:9:00~16:00(Aシーズン以外の平日)
野島埼灯台野島埼灯台野島埼灯台

房総最南端にある灯台です。

入場200円、9時~16時30分(10~4月は~16時)です。灯台の上からの眺最高。どこまでも海が広がります!

野島埼灯台野島埼灯台野島埼灯台野島埼灯台

野島崎灯台には房総最南端の碑がありますが、その近くの岩の上に謎のベンチ。日の出を鑑賞するためのものです。記念撮影スポットとしてもおすすめ。

野島埼灯台
場所:千葉県南房総市白浜町白浜
営業時間:10月〜4月/9:00〜16:00、5月〜9月/9:00〜16:30
白間津花畑白間津花畑白間津花畑白間津花畑

千倉で最大の花摘みスポットです。キンギョソウやガーベラ、ストック、ポピーなどが咲いていました。

ハサミでカットして、カゴにいれて精算します。だいたい5本で300円くらい。生産者と直接ふれあえるのも楽しい。

道の駅ちくら 潮風王国道の駅ちくら 潮風王国道の駅ちくら 潮風王国道の駅ちくら 潮風王国

道沿いにある道の駅を3カ所まわります。まず最初はこちら。房総のおみやげに魚介類を買うならここがおすすめです。安房南漁協直営のショップがあります。食事処も充実。

ここの珍しい一品としては、コロッケハウスで、「さざえコロッケバーガー」400円が食べられます。サザエのコリコリ感を味わえる不思議なコロッケ、単品1個250円も販売。土日祝限定。

道の駅ちくら 潮風王国
場所:千葉県南房総市千倉町千田1051
営業時間:8:30〜17:00
道の駅ローズマリー公園道の駅ローズマリー公園道の駅ローズマリー公園道の駅ローズマリー公園

お次はこちら、美しい花と建物が楽しめる道の駅。はなまる市場は、房総の食材がかなり充実しており、お買い物が楽しくなります。

かつて営業していたシェイクスピアカントリーパークを、無料で見学。入口はちょっとわかりにくいかも。散策してみましょう。

道の駅ローズマリー公園
場所:千葉県南房総市白子1501
アクセス:南三原から徒歩25分
営業時間:9:00~17:00
道の駅 和田浦WA・O(道の駅 和田浦ワオ)道の駅 和田浦WA・O(道の駅 和田浦ワオ)

最後はこちらです。和田はくじらの町です。日本で5カ所調査捕鯨している場所がありますが、そのうちのひとつです。全長26メートルのシロナガスクジラの骨格標本があります。

道の駅 和田浦WA・O(道の駅 和田浦ワオ)
場所:千葉県南房総市和田町仁我浦243
アクセス:和田浦駅[出口]から徒歩約7分
和田の花畑

ちょっとはなれた場所ですが、南房総随一といわれる広大な花園があります。四季を通してキンセンカ、矢車草、カーネーション、ストック、アイリスなどさまざまな花が咲きます。

和田の花畑
場所:千葉県 南房総市 和田町花園地区
アクセス:JR内房線「和田浦駅」下車徒歩25分
ぴーまんぴーまんぴーまんぴーまん

和田に来たらくじら料理を味わえます。くじらの食文化を守ろうとしている、創業30年のお店。くじら御膳2000円~。営業時間10:30~15:30、17:00~19:00。座敷席利用(要予約)の場合は~21:00。不定休。

房総の郷土料理なめろうをアレンジした、くじらのなめろう900円。ほかでは食べられない、くじらの心臓1000円、特上さしみ3500円(くじらの種類や部位6種)もおすすめ。

ぴーまん
場所:千葉県南房総市和田町仁我浦114
アクセス:JR外房線「和田浦駅」から徒歩5分館山道「富浦I.C.」から車で約35分(20km)日東バス(館山鴨川線) ※本数は少ない「和田バス停留所」で下車し、徒歩2分(館山駅、安房鴨川駅からアクセス可能) 和田浦駅から364m
営業時間:11:00〜15:00 17:00〜19:00(ラストオーダー18:30) 日曜営業
野口 武
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)、『うごかすえほん はたらくくるまとまちをつくろう!』(まる出版)がある。
このプランが掲載されている特集
市原・木更津・館山×ドライブのプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。