リアルな遊びをプロデュース

葛飾区四ツ木 キャプテン翼の町で、極上のうなぎ坂東太郎を食べ、大衆居酒屋の名店へ【魚政、ゑびす】

かつてこの界隈に住んでいましたが、四ツ木が「キャプテン翼の町」になったと聞きつけ、久しぶりに訪問。うなぎの名店『魚政』と大衆居酒屋の名店『ゑびす』も移転しており、なんだか別の町に来たような気分。でも、あいかわらず鄙びた感じで、猫をよく見かける、よい町でした。

さん
更新日:
閲覧数
16333
お気に入り
0

四ツ木駅

四ツ木駅四ツ木駅四ツ木駅

東京スカイツリーのある押上駅から3駅、京成線の四ツ木駅を目指します。車窓からは、荒川の眺め。橋を渡り終えるとすぐ四ツ木です。

うなぎ魚政

うなぎ魚政

四ツ木駅前に、うなぎの名店があります。2013年11月、四ツ木の駅から徒歩1分ほどの場所に移転しています。

ここでは国産養殖鰻、ブランド養殖鰻「坂東太郎」、利根川産天然鰻(5月~10月)の3種がいただけます。

http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13035339/

うなぎ魚政うなぎ魚政

活うなぎを捌いて、紀州備長炭で丁寧に焼き上げるため、最低でも注文から40分。予約していおくのがおすすめ。

この日は、天然の鰻に近いといわれるブランド鰻「坂東太郎」のうな重中3000円をいただきました。

ここまで口に入れたとたんにとろける鰻は初めて、感動的ですらある味わいです。肝わさと骨せんべいも美味しい。

まいろーど四つ木商店街振興組合

まいろーど四つ木商店街振興組合まいろーど四つ木商店街振興組合

食後は、四ツ木の商店街「まいろーど」を歩きます。この商店街の飲食店、中華、和食、ラーメン、もんじゃ、居酒屋など、なかなか良い店がそろっています。

商店街で、キャプテン翼の垂れ幕を発見! 街灯にサッカーボールがついているものもありました。

四つ木つばさ公園

四ツ木つばさ公園に行くと、大空翼の像が。実は、漫画『キャプテン翼』の作者高橋陽一さんが四ツ木の出身なんです。そこで、2014年町おこしとして、四ツ木から立石にかけてキャプテン翼の銅像が8体建てられました。こちらの翼像は、総工費400万円かかっています。

キャプテン翼像めぐり

像がある場所は、以下の通りです。
❶大空翼:四つ木つばさ公園
❷石崎了:四ツ木駅ポケットパーク
❸日向小次郎:四つ木公園
❹ロベルト本郷と翼:めだかの小道
❺中沢早苗:葛飾郵便局前
❻岬太郎:渋江公園
❼若林源三:立石みちひろば
❽大空翼:立石一丁目児童遊園

キャプつばファンなら、全コンプリート目指しましょう。2体はお隣立石にあります。
立石プランはこちら。http://play-life.jp/plans/2478

ゑびす 四つ木店

ゑびす 四つ木店ゑびす 四つ木店ゑびす 四つ木店ゑびす 四つ木店

少しお散歩をしたら、四ツ木にある大衆居酒屋の名店『ゑびす』に寄っていきます。つばさ公園そばのセブンイレブンの近く。

営業16:00~23:00、火曜定休。60余年続いた店から、2014年2月に移転リニューアルしました。前の店は解体工事をしていました。実に情緒がありよい店だったので、以前の店の写真も掲載しておきます。

http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13008120/dtlmap/

ゑびす 四つ木店ゑびす 四つ木店ゑびす 四つ木店ゑびす 四つ木店

カワハギ刺し380円は肝しょうゆでいただきます。だいたいのメニュは200円代か300円代。料理も美味しいし、昭和の香り漂う心から和めるお店です。

葛飾区四ツ木、機会があれば、ぜひ訪れてみてください。

このプランのマップ

0
ライター紹介
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)、『うごかすえほん はたらくくるまとまちをつくろう!』(まる出版)がある。
Line pc bottom