リアルな遊びをプロデュース

葛飾区堀切菖蒲園 珍店「立石バーガー」 奇食「コーヒーラーメン」に挑む!【亜呂摩、お花茶屋】

京成線の堀切菖蒲園駅からお花茶屋駅まで歩く、お散歩プランです。6月には堀切菖蒲園まつりが開催しているので、特におすすめです。インパクト絶大の珍店『立石バーガー』や奇食界の東の横綱『亜呂摩』のコーヒーラーメンも堪能しましょう!

さん
更新日:
閲覧数
12235
お気に入り
0

堀切菖蒲園駅

堀切菖蒲園駅

京成線の堀切菖蒲園駅で下車します。JR日暮里駅から5つ目です。駅名にもなっている「堀切菖蒲園」を目指します。6月1日~25日頃まで、堀切菖蒲まつり期間中です。

堀切あじさい通り

堀切あじさい通り堀切あじさい通り堀切あじさい通り堀切あじさい通り

途中、堀切あじさい通りを通っていきます。咲き誇る色とりどりのあじさいを鑑賞しながら、お散歩をできます。

下町の商店街や、七福神の像なども途中ありますよ。

堀切菖蒲園

堀切菖蒲園堀切菖蒲園堀切菖蒲園堀切菖蒲園

駅から歩いて10分ほどで堀切菖蒲園に到着。200種6000株の花菖蒲を楽しめます。

ここは室町時代に菖蒲が植えられたのが始まりで、江戸時代には江戸百景とされていた名所です。

営業9:00~17:00(入園へ閉園30分前) ※6月の菖蒲まつり期間は、8:00~18:00。入場無料。堀切菖蒲まつり期間中の土日祝のみ駐車場が荒川河川敷にあり500円。

立石バーガー

立石バーガーへ向かいます。住所は堀切ですが…。ここは、とにかくツッコミどころ満載の店。

ちょっと入るのは気が引ける外観ですが、勇気をふりしぼって入りましょう。未知への扉が開かれます。出典:http://www.bakatter.com/

立石バーガー

やたらと店の外に自動販売機(?)がありますが、すべて手動です。

注文すると、斜面を滑り落ちてくるジャンピング食パン自販機なるものも。うまくキャッチできないと地面に落ちます。

立石バーガー100円、ロイヤル立石バーガー300円などをおみやげに購入。安いし、味は普通に美味しいです。

亜呂摩

亜呂摩

お次は、奇食界の東の横綱ともばれる『亜呂摩(あろま)』へ。ちなみに西の横綱は名古屋の『マウンテン』 
http://play-life.jp/plans/2579 

見た目は普通の喫茶店ですが、ここには全国各地から奇食を求めて人が訪れます。

※地図が間違えていたので、掲載していません。住所は、葛飾区宝町2-19-16。立石バーガーから550mほどお花茶屋駅方面に歩き、右折してすぐ。

亜呂摩亜呂摩亜呂摩亜呂摩

ここの名物のひとつアイス・コーヒー・ヌードル700円を注文。コーヒーを練りこんだ麺に、アイスがのった冷たいコーヒーのスープ。本当に、アイスコーヒーを飲みながら、ラーメンを食べているかのよう。期待を抗わぬ、奇食っぷりです。

サラダ・コーヒー麺700円の方は、それなりに美味しいでので、インパクトにはかけるかも。

お土産にコーヒー麺(乾麺)を買って調理、麺つゆにつけて食べましたが、麺それ自体は悪くないですね。

お花茶屋駅

お花茶屋駅

お花茶屋駅に到着。亜呂摩に直接行きたい場合は、この駅が最寄りです。

ちなみにこの駅、鷹狩りをしていた八代将軍の徳川吉宗が腹痛を起こし、お花茶屋の娘に看病してもらったことから、この名前が残ったとも。

お花、珍店、奇食のお散歩、終了です。

このプランのマップ

0
ライター紹介
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)、『うごかすえほん はたらくくるまとまちをつくろう!』(まる出版)がある。
Line pc bottom