本当に行った 遊びのガイド

房総・鴨川ドライブ・デート 水族館を見て、謎の「仁右衛門島」に上陸!【大山千枚田、鴨川シーワールド】

千葉県にある房総半島の鴨川までドライブで遊びに行くプランです。絶景の大山千枚田を見て、鴨川シーワールドで遊んで、さらに手こぎの渡し船でしかいけない謎の島「仁右衛門島(にえもんじま)」を訪れます。日帰りでも行けちゃいますが、ちょっとバタバタします。おすすめは1泊で、ゆったりとめぐるプランです。

さん
更新日:
閲覧数
23288
お気に入り
6

海ほたるPA

海ほたるPA海ほたるPA
東京都西東京市東町4丁目4−14−17 海ほたる

東京方面から、アクアラインを通って千葉県・房総半島にある鴨川を目指してドライブします。

大山千枚田

大山千枚田大山千枚田
千葉県鴨川市平塚540

途中で、大山千枚田を見ていきます。日本の原風景のような眺めが広がります。東京からもっとも近い場所にある棚田だそうです。

夏は緑の美しい棚田の景観が楽しめます。

10月末から12月25日までは「棚田の夜祭」で、美しくライトアップされます。

鴨川グランドホテル

鴨川グランドホテル鴨川グランドホテル鴨川グランドホテル鴨川グランドホテル
千葉県鴨川市広場820

お昼は鴨川ホテルにある「The GUNJO Restaurant」へ。   
ここは在日デンマーク大使の専属シェフであるニール・フレデリック・ウォルター氏が料理総監督を務めるレストランです。

天井が高目の前には海が広がる絶好のロケーションです。

THE GUNJO RESTAURANT

THE GUNJO RESTAURANTTHE GUNJO RESTAURANTTHE GUNJO RESTAURANT
千葉県鴨川市広場820

コースには、2700円、3400円、4500円(税別)があります。色味も鮮やかで、美味しい、感性豊かな料理が楽しまます。

出典:http://www.kgh.ne.jp/04/cuisine/food02.html

THE GUNJO RESTAURANTTHE GUNJO RESTAURANTTHE GUNJO RESTAURANTTHE GUNJO RESTAURANT

デザートは8種類の盛り付けで、彩り鮮やか。海を眺めながら、のんびりとした時間が過ごせます。

※家族で訪れた場合、お子さま用には1500円のハンバーグステーキのセットあり。

鴨川シーワールド

鴨川シーワールド鴨川シーワールド
千葉県鴨川市東町1464-18

すぐ隣にある、鴨川シーワールドへ。設備も充実、ショーもたくさん行っていて、見ごたえある水族館です。(日帰りドライブなら、ここか、次をパスしたほうがよいかもです)

入場料:大人2800円、子ども1400円(4歳~中学生)、営業:9:00~17:00(夏期8:3018:30)

※時期により変動あり出典:http://www.kamogawa-seaworld.jp/index.html

仁右衛門島

仁右衛門島仁右衛門島仁右衛門島仁右衛門島
千葉県鴨川市太海浜445

太海フラワー磯釣りセンターのすぐ近くにある謎の島「仁右衛門島(にえもんじま)」を目指します。

なんと交通手段は手こぎの渡し舟。5分ほどの乗船です。桃太郎が鬼ヶ島に向かうような心持ち。

往復の乗船料と島の観覧料:大人1350円・中学生1050円・5歳から小学生950円、営業:8:30~17:00

仁右衛門島仁右衛門島仁右衛門島仁右衛門島

謎の島を散策します。自然の中の遊歩道には、社やら石碑やらが点在。それほど人がいないので、のんびりお散歩できます。

やがて、一軒の家に到着。表札には「平野仁右衛門」さんの名前が。この島の主の住処のようです。門から中に入ります。

現在の仁右衛門さんは38代、代々この島を守り続けています。かつて源頼朝が石橋山の戦いで敗れたとき、潜伏した洞窟と伝わるものも、この島にあります。

仁右衛門島仁右衛門島仁右衛門島仁右衛門島

仁右衛門さんの奥さんから話を聞いたところ、息子さんたちは毎日船で移動して学校に通っていたそう。本当に島に住み続けているんですね。

奇岩や緑があふれる島の散策は、なかなか楽しい。キンギンナスビという珍しい植物があったり、磯の生き物がいたりします。何よりも、なぜこの島に平野家が住み守り続けてきたのか、ミステリーにあふれています。

帰りも手こぎの渡し舟にゆられて戻ります。サヨナラ、仁右衛門島!

このプランのマップ

6
ライター紹介
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)がある。