世界1のクラゲ水族館、鶴岡市立加茂水族館!

鶴岡市立加茂水族館とは?

山形県鶴岡市にあるスポット、鶴岡市立加茂水族館
こちらは世界1クラゲの展示種が多い水族館として、ギネス記録にも認定されている水族館です!
クラゲだけでなく、さまざまな生き物の展示やイベントの開催など、山形県でも人気の観光スポットになっています。

今回は鶴岡市立加茂水族館のおすすめの見どころから、周辺情報までご紹介します!

奇跡のリニューアルオープンが!

実はこちらの鶴岡市立加茂水族館は、2013年に一度経営悪化で閉館しています。
ですが、クラゲにヒントを得た村上龍男館長は、新たに加茂水族館をクラゲの水族館としてリニューアルオープンし、成功を収めたという逸話があります!

公式サイトから実際に館長が綴ったブログが見られるので、ぜひ見てみてください。

営業時間・入館料金は?

営業時間

営業時間は通常9時~17時です。
夏季休業のみ、営業時間が9時~17時半まで延長されます!
また、年中無休で営業しているので休館日はありません。

入館料金

入館料金は市営のため、比較的他の水族館よりも安く入館できます
・一般 1,000円
・小・中学生 500円
・幼児 無料

また、webでの販売も行っており、窓口で待つことなく入館できますよ!

アクセス・交通手段は?

車でのアクセス

車で行く際は、山形自動車道または日本海東北自動車道を使用します。
・山形自動車道 鶴岡I.C.から15分ほど
・日本海東北自動車道 鶴岡西I.C.から25分ほど

駐車場も第1~4まで完備されており、かなりの台数が収容できます。

電車でのアクセス

電車で行く際は、最寄り駅がJR鶴岡駅になります。
駅からはタクシーまたはバスを利用します!

バスを使う際は、加茂経由の「湯野浜温泉行き」に乗車して、「加茂水族館」で下車します。

混雑状況は?

鶴岡市立加茂水族館では、平日よりも土日の方が混みあいます。
特にGWや夏季休業など、大型連休は遠方からも観光客が訪れるため、かなり混みあうのが予想されます!

少しでも混雑を減らすために、必ずwebでチケットを事前に購入しておきましょう。

持ち物の準備はOK?

旅先で役立つ持ち物を事前にチェックしておきましょう。

国内旅行の持ち物をチェック!あると便利で安心なおすすめグッズ20選
旅先で「しまった!アレを持って来ればよかった…」とならないように、国内旅行であると便利な持ち物を紹介します。必須アイテムから、夏・冬のシーズンごとに必要なもの、その他筆者が個人的におすすめする持ち物など。事前にしっかり準備して早めに安心できるように、ぜひチェックしておきましょう!

鶴岡市立加茂水族館のおすすめの見どころ!

鶴岡市立加茂水族館に到着!

さぁ、鶴岡市立加茂水族館に到着です。
白とガラス張りで統一された外観は、とてもおしゃれで近代的なデザインです!
水族館に沿うように設計された階段を上り、中に入りましょう。

海岸沿いだから景色も綺麗!

鶴岡市立加茂水族館は海岸沿いにあるため、とても綺麗なオーシャンビューが望めます。
時期によってはレインボービーチとして開設しているので、ぜひ!

荘内の海がここに。

入り口から入ると、まず目に付くのが荘内のコーナー
進むにつれ、荘内の上流から中流、下流、そして海となっており、淡水魚と海水魚の両方を見られます!
岩陰を眺められる水槽など、その生き物の生態を深く学べる構造になっており、とても面白いですよ♪

メインであるクラネタリウムを数種類ご紹介!

続いてあるのが、クラネタリウム
この水族館のシンボルでもあるクラゲを種類ごとに展示しているエリアです!
今回は、その中から数種類のクラゲをご紹介します。

ユウレイクラゲ

まずはこちら、ユウレイクラゲ
クラゲとしてはかなり大きい種類で、照明も相まってゆらゆらと水槽を漂う姿は、まるで幽霊のよう!

ベ二クラゲ

次はこちら、ベ二クラゲ
かなり小さいクラゲの種類で、その大きさは1cmあるかないか。
大人と子供を繰り返す不老不死として、近年盛んに研究が行われているクラゲでもあります!

シンカイウリクラゲ

こちらは、シンカイウリクラゲ
クラゲといっても丸いお椀のような形ではなく、細長い形状のもの。
体に線が入っており、まるで野菜の瓜をイメージさせるクラゲです!

ハナガサクラゲ

続いてこちらは、ハナガサクラゲ
花の傘のような細長い触手があまり見られないクラゲです!
しかし、所々に毒々しい触手が生えており、「綺麗な薔薇には棘がある」のフレーズを連想させます。

ヤナギクラゲ

次はこちら、ヤナギクラゲ
世界最大級のクラゲとも言われており、下部にひらひらしたレースのようなものがあります。
傘の黄色と触手の赤色が、毒々しいコントラストを描いているのが特徴です!

幻想的な光景、クラゲシアター。

最後はこちら、クラゲドリームシアター
約2,000ものミズクラゲが展示されている大型水槽で、虹色のライトアップがされます。
水槽の前で何時間も見られるような、とても幻想的な雰囲気なので、ぜひ眺めてみてください!

加茂水族館の人気者、アシカ。

加茂水族館では、アシカも人気です!
ショーを時間別に開催しており、とても可愛らしいアシカが見られます!
アシカだけでなく、アシカと飼育員さんの息の合ったパフォーマンスも必見ですよ♪

ウミネコの餌やりはここだけ!

こちらの水族館では、ウミネコの餌やりが見られます!
屋外に鐘が設置されており、金を慣らすとウミネコたちが餌を求めにやってきます。
飼育員さんの餌やりが眺められるだけでなく、こちらは実際に体験できるので、とてもおすすめです♪

まさかのクラゲ使ってます。

最後にご紹介するのがこちら、みんな カモーん
アシカのプール前に設置されている軽食を販売するお店です!
こちらには、ここでしか食べられないアイスクリームが販売されています。

こちらがクラゲアイス!

それがこちら、クラゲアイス
まさかのアイスクリームにクラゲがトッピングされた、加茂水族館の名物グルメです。
普通のアイスクリームの味に、クラゲのコリコリとした食感が絶妙にマッチして、とても美味しいですよ♪

鶴岡市立加茂水族館
場所:山形県鶴岡市今泉字大久保657-1
営業時間:9:00〜17:00

鶴岡市立加茂水族館周辺の観光スポット3選!

1. あつみ温泉

鶴岡市立加茂水族館から車で40分ほど、あつみ温泉
山形県でも有名な温泉スポットで、無料の足湯から公衆浴場、さらには飲泉所まで、さまざまな温泉があります!
また、4月~11月には朝市が開かれ、売り子との掛け合いを楽しみながら買い物ができます。

あつみ温泉
場所:山形県鶴岡市湯温海
アクセス:あつみ温泉駅[出口]から徒歩約34分

2. 山居倉庫

鶴岡市立加茂水族館から車で31分ほど、山居倉庫
米の積出港として繁栄してきた、酒田市のシンボルでもあるスポットです!
米を保管する倉庫とケヤキ並木が立ち並び、あのNHKの朝テレビ「おしん」のロケ地にもなりました。

山居倉庫
場所:山形県酒田市山居町1丁目1-8
アクセス:酒田駅[出口]から徒歩約23分
営業時間:酒田夢の倶楽/9:00〜18:00

3. 土門拳記念館

鶴岡市立加茂水族館から車で32分ほど、土門拳記念館
日本で初めて写真を専門に展示した美術館です!
日本の代表的な写真家である、土門拳の作品を順次公開しています。

土門拳記念館
場所:山形県酒田市飯森山2-13(飯森山公園内)
アクセス:酒田駅[出口]から徒歩約59分
営業時間:9:00〜17:00(入館は16:30)

鶴岡市立加茂水族館へ行ってみよう!

いかがでしたか?
鶴岡市立加茂水族館はギネスにも認定された、クラゲ好きには堪らない水族館です!
ぜひ、観光の際は参考にしてみてくださいね♪

鶴岡市立加茂水族館
場所:山形県鶴岡市今泉字大久保657-1
営業時間:9:00〜17:00