徳島でひとり旅する?

徳島駅

47都道府県で唯一、電車が走っていない徳島。

阿波踊りが有名で、毎年全国から130万人もの人が観光に訪れるそうです。また、徳島の海岸はウミガメの産卵地になっている場所も。

徳島へのアクセスは?

関東から

関東からは飛行機でのアクセスが、1番簡単でしょう。徳島にある徳島阿波おどり空港へは1時間ほどのフライトでいくことができます。

関西から

関西からは和歌山港までの電車の乗車券と、船のチケットがセットになったお得な切符が。なんと片道2,000円程度で行くことができるんです。

週末のちょっとしたひとり旅にぴったり。

徳島のひとり旅スポット

1. 徳島県立渦の道

徳島県立渦の道

徳島といえばやっぱり渦潮

床がガラス張りになっているエリアでは、大迫力の渦潮を下にして、スリリングな体験をすることができます。

ずっと見ていると、渦潮に吸い込まれてしまいそう…!

徳島県立渦の道
場所:徳島県鳴門市鳴門町(鳴門公園内)
営業時間:夏季(3〜9月)/9:00〜18:00、冬季(10〜2月)/9:00〜17:00、GWと夏休み期間/8:00〜19:00 ※入場はいずれも閉館30分前まで

2. お茶園展望台

お茶園展望台

徳島の観光スポットの1つである、大鳴門橋。そこから近いところにある御茶園展望台へ。

ここは昔大名蜂須賀公の御茶園があったところで、御茶園展望台といわれています。松の木と大鳴門橋の景色を楽しめます。

3. お松大権現

お松大権現

お松大権現はネコ好きにはたまらないスポット。キュートなネコちゃんたちが境内のいたる場所にいます。

お松大権現は、勝負の神様、入試の神様、猫神様として有名で、
近年ネコブームがあってか外国からも参拝客が訪れるようになったそう。

社殿には約一万体の招き猫が奉られ、ジャンボ猫、地蔵猫、魔除け猫、さすり猫、猫の大仏などが。

4. 祖谷のかずら橋

祖谷のかずら橋

国指定重要有形民俗文化財でもある祖谷のかずら橋

濁流の上にかかる吊り橋は500円で渡ることが可能。橋の木と木の間は、大きく空いているので、とてもスリリングな体験になること間違いなし。

この橋を渡りきってしまえば、怖いものなんて何もなくなってしまいそう。

5. 大塚国際美術館

大塚国際美術館

ここ大塚国際美術館は、入館料が日本一高く、さらに展示品が全部レプリカというかなり変わった美術館です。

入館してまず目に飛び込んでくるのが、システィーナ礼拝堂天井画を完全再現したレプリカ。細部まで徹底的に模写したこのレプリカは、美術館の10周年を記念して作られたもの。

大塚国際美術館
場所:徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1(鳴門公園内)
営業時間:9:30〜17:00(入館は16:00まで)

四国でちょっと気分転換♪

愛媛県立とべ動物園

いかがでしたか?関東や関西とはまた違う文化が息づく四国で、ゆっくりひとり旅をしてみると、いい気分転換になるはず。

最後は、愛媛の愛媛県立とべ動物園の哀愁漂うシロクマの後ろ姿で、お別れです。

ぜひ四国でひとり旅を楽しんでみてくださいね。