日本最大級!遊びプラン投稿メディア
モデルコース21,880
月間利用者数400万人以上

寒風山の観光情報(見どころ・評判・アクセス等)

寒風山
寒風山の基本情報
場所
秋田県男鹿市脇本
アクセス

脇本駅[出口]から徒歩約57分

電話番号
あわせて行きたいおすすめスポット
ババヘラアイス
お店
ババヘラアイス
能代・男鹿半島・八郎潟4.1km先
秋田の夏の名物・ババヘラアイス。 バラのようなカタチがかわいいですよね。 高橋優さんがtwitterでババヘラについてつぶやいていたので 絶対食べようと思っていたもののひとつです。 ババ(おばぁちゃん)がヘラでアイスを盛り付けることから ババヘラアイスとな付けられたそう。 バベヘラアイスの屋台は会場内にいくつかありましたが どこもおばぁちゃんが盛りつけてくれていました。 そしてみんなピンクと黄色のコスチューム。 おばちゃんたちはみんなキャラが濃く、笑 お客さんとお話しながらアイスを作るのでアイスを買うまで少し時間がかかります、笑。 でもそれが、秋田時間と人のあたたかさを感じられて◎ ノーマルなものは イチゴとバナナのシャーベットの黄色とピンクのアイスですが 白と青のソーダとバニラのアイスも! 【ババヘラアイス・HP】 http://babahera.net/
Honoka.T
男鹿総合観光案内所 なまはげ案内所
公共施設
男鹿総合観光案内所 なまはげ案内所
能代・男鹿半島・八郎潟8.4km先
秋田市内でレンタカーを借りて、男鹿半島を目指します。男鹿半島の入り口にあるなまはげ案内所に、巨大な2体のなまはげが待ち構えています。 ここで、男鹿半島のパンフレットなどの情報を入手することもできます。対面式なので、相談にのってもらうことも可能です。
野口 武
なまはげ館
美術館・博物館
なまはげ館
能代・男鹿半島・八郎潟9.3km先
男鹿半島の中心部にある、なまはげ館です。ここには、男鹿半島のなまはげ行事で実際に使われた110体、40枚のなまはげが展示されています。なまはげは、各地区によって、さまざまな形で、材料も多様です。木彫りの面を実際に作っている様子を見られることもあります。 営業時間:8時30分~17時00分 料金:一般540円、小中高生270円(税込)※真山伝承館 冬季共通入館料もあり  定休:無休
野口 武
男鹿真山伝承館
美術館・博物館
男鹿真山伝承館
能代・男鹿半島・八郎潟9.3km先
すぐ隣の伝承館では、実際のなまはげを体感できます。見るだけと思いきや、プロレスの場外乱闘のように、こちらにもやってくるので、迫力満点です。気の弱い子ども、泣き出す可能性あり。なまはげが去った後に落ちているワラは、ご利益があるので、もらって帰りましょう。 営業時間:4月~11月の毎日 9時00分~11時30分・13時30分~16時30分の間      ※30分毎に開講(所要時間約20分) 1日13回            12月~3月の土日祝 9時30分~11時30分・13時30分~15時30分の間            ※60分毎に開講(所要時間約20分) 1日6回 料金:一般756円(税込)、小中高生540円(税込) 定休:無休
野口 武
周辺のスポットをもっと見る
周辺でおすすめのグルメ
セリオンカフェ
カフェ・喫茶店
セリオンカフェ
秋田市25.6km先
ひゃはー。眺め最高。 こちらは4階、地上96mにあるセリオンカフェ。 エレベーター乗ってるときグングン上昇するのに階数が少なすぎて頭パンクしたけど、小さいことは気にしない。 ここ見てわかるとおり、めためた眺めがいい!あとホットビスケット(ツナ 500円)がやたらうまいなと思ったら、ホットビズケット専門店だった。 大人のクリームソーダ(550円)は今まで飲んだことない不思議な味がしたよ。好きな人は好きな味。 【HP】http://www.selion-akita.com/eat/cafe.php 【営業時間】10:00~17:00
remi
Spiral
レストラン
Spiral
秋田市31.8km先
会場の外にはこんな看板が。中から覗いてみるとなんだか星の数ほどぶら下がっている会場の中を見ることができます。早速中に入ってみることにします。
Soichiro Yoshimura
秋田車屋
レストラン
秋田車屋
秋田市31.8km先
営業時間:朝食7:00~9:30,昼食11:30~15:00,夕食17:00~22:00 1日を通して営業しているので久しぶりに会った友人なんかとお昼を食べにくるのも良いですね。 秋田車屋 http://www.kuruma-ya.co.jp/shop/akita/
吉住 達朗
七代佐藤養助 秋田店
レストラン
七代佐藤養助 秋田店
秋田市32.2km先
秋田駅前、西武デパートの地下にある「七代佐藤養助 秋田店」にやって来ました。 秋田県といえば、香川県の讃岐うどんなどを含む日本三大うどんに数えられる【稲庭うどん】が名物! 平べったく滑らかな触感が特徴で、地元では日常食や贈答品に大人気。 「佐藤養助」は、稲庭うどんの名店なのです!! 食べログ3.5以上の人気店なので、いつも混んでいます。 ちなみに銀座にも店舗を構えているので、東京にいても楽しめます。 なんと、うどん+グリーンカレーという珍しい組み合わせ。 スープは温かいのですが、うどんは冷水で締められていてコシがすごい! 【食べログ】 http://tabelog.com/akita/A0501/A050101/5000022/
asami
周辺のグルメをもっと見る