日本最大級!遊びプラン投稿メディア
モデルコース20,607
月間利用者数400万人以上

柏の葉 T-SITEの観光情報(見どころ・評判・アクセス等)

柏の葉 T-SITE
柏の葉 T-SITEの基本情報
場所
千葉県柏市若柴227-1
アクセス

つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」より徒歩7分

常磐自動車道 柏ICより千葉・八千代方面へ 2km 6分
国道16号線を春日部・野田方面へ
つくばエクスプレス高架下すぐ

営業時間
9:00〜21:00
電話番号
あわせて行きたいおすすめスポット
周辺のスポットをもっと見る
周辺でおすすめのグルメ
塩梅
レストラン
塩梅
柏・松戸4.0km先
特上ロースカツ定食(2,100円)を注文しました! ご飯は白米か青紫蘇ご飯か選択可能で青紫蘇ご飯に。 キャベツのドレッシングは梅じそマヨネーズ、ごま味噌、おろし野菜、トマトバルサミコから選択可能です。 今回は、ごま味噌とトマトバルサミコを選択。ごま味噌は裏切らない味でとても濃厚で、 トマトバルサミコは少しチャレンジで選んでみたのですが、思ったよりバルサミコの強さはなく、さっぱりとした味は何杯でも食べれてしまいます。キャベツにしそが入っているおかげもあるのかな? いよいよ登場した特上ロースカツ!!!! 赤だしと青紫蘇ご飯も一緒に。 特上ロースカツは200gとのことですが、数字以上に大きく感じます。 フワッとやわらかくも油を吸ってもったりした衣。 揚げ具合はミディアムレアといった感じで豚肉の色は少しピンクにも見えます。 口当たりのやわらかさに驚きます!ふわふわ感と重量感の感じられる一品です!
えりか
びすとろ菜
レストラン
びすとろ菜
柏・松戸4.1km先
柏駅西口のザ・クレストホテル柏の中にある懐石レストラン。 昼は御膳、夜は主にコース料理などが楽しめる。 今回はランチで菜御膳(1,600円)を注文。 お肉と魚がメインで、魚はお造りと煮物のどちらかから選べる。 特に美味しかったのはやっぱりお造り。 食後にデザートとドリンク(コーヒーo紅茶)もついてお腹いっぱい! 和食がメインだが、エビフライやステーキ、カレーなどの洋食もあるので、和食が苦手な人でも大丈夫。 大人数での集まりや静かに女子会したい人におすすめ。 平日でも地元のマダムたちが多い印象なので、特に土日ランチで行く場合は予約した方が良さそう。
近藤 ライト
bottega 柏店(ボッテガ)
レストラン
bottega 柏店(ボッテガ)
柏・松戸4.2km先
柏駅西口から徒歩1分のところにあるイタリアン。 ホテルのレストランっぽくて、めちゃくちゃおしゃれ。 素材の味を活かしたメニューが多く、どれも美味しい! ピザは丸じゃなくて細長い。 デートや大人数の集まりで利用したことがあるが、オールマイティーに使える。 昼は優雅にランチをしたい人、夜はお酒やワインが飲みたい人におすすめかな。
近藤 ライト
麺屋こうじ
ラーメン
麺屋こうじ
柏・松戸4.3km先
まずはこちら、「麺屋こうじ」です。 柏市民なら知らない人はいないというほど有名なお店です。 ラーメン好きな人なら知っているであろう 全国ランキングNO.1のラーメン店「中華そばとみ田」、同じくランキング上位の「麺処 ほん田」、「つけ麺 道」、「麺屋一燈」などはこの「麺屋こうじグループ」のお店です。 このグループは伝説の東池袋大勝軒の暖簾分けのため魚介豚骨が特徴です。 こちらのお店は昼と夜でスープが変わります。 昼は写真左の特製もりそば(980円)ような魚介ベースのつけ麺がメインです。 北海道産小麦の全粒粉を使用した極太麺は超濃厚魚介スープにも負けない麺の風味を持っています。 一方夜は写真右の「角ふじラーメン」(700円)のようなニンニクがっつりのようなラーメンに変わります。 これは千葉県を中心に展開する「角ふじ」のラーメンで濃厚スープと特盛りの野菜、漬けニンニクが特徴です。 見た目は二郎インスパイア系ですが、そこに大勝軒の要素が加わっているため違った味わいで癖になります。 このお店のいいところはなんといってもチャーシューです。 注文を受けてから専用のグリラーで香ばしく炙ってから提供されるチャーシューは今まで食べたチャーシューの中で群を抜いた美味しさです。 特に特製もりそばには「豚バラ、肩ロース、豚トロ」の三種類のチャーシューが乗っているため違った食感や味わいを楽しむことができます。 【住所】 千葉県柏市旭町1-4-15 【交通手段】 柏駅西口から徒歩4分くらい。 柏駅から260m 【営業時間】 11:00~17:00 18:00~24:00 【定休日】 無休 食べログ:http://tabelog.com/chiba/A1203/A120301/12003779/
なおひさ
周辺のグルメをもっと見る