リアルな遊びをプロデュース

【キッザニア東京】子ども大満足!好きな仕事を楽しみ、社会を学ぶ!親も意外と楽しめて、雨でも安心!

豊洲のららぽーとの中にあるキッザニア東京に初挑戦。事前にインターネットで予約していきましたが、空いていれば当日券も購入できます。人気のお仕事で、絶対にやりたいものがある場合は、朝早めに並んで、お仕事の予約をとったほうがよさそうです。90種類以上の仕事があり、取り上げられない部分が多いですが、1日の流れにそって紹介していきます。

さん
更新日:
閲覧数
4275
お気に入り
0

豊洲駅

豊洲駅

有楽町線の豊洲駅でおります。この日はあいにくの雨でした。でも、キッザニアなら、室内施設なので雨でも問題なしです。

キッザニアは、東京と甲子園にあり、インターネットで事前に予約できます。空いていれば、当日券も購入
できます。
http://www.kidzania.jp/

R.O.STAR

R.O.STARR.O.STARR.O.STARR.O.STARR.O.STARR.O.STAR

まずは朝食をとります。駅から3分ほどの、R.O.STAR(ルースター)はサンドイッチカフェ。自家焙煎コーヒーが100円。朝食は、サンドイッチとドリンクのセットで390円+税で食べられます。

朝食のセットのサンドイッチの種類は、ベーコンエッグ、ソーセージ、アンチョビポテトの3種類。コーヒーの代わりに子ども用のドリンクもあります。

株式会社東急ハンズ ららぽーと豊洲店

株式会社東急ハンズ ららぽーと豊洲店

朝食をとったら、ららぽーとの本館をめざします。建物にはいったら、案内にしたがって、キッザニアをめざします。ららぽーとの奥の方にあるので、豊洲駅からは8分くらいかかります。

キッザニア東京

キッザニア東京キッザニア東京キッザニア東京キッザニア東京

キッザニアに到着。行列の一番後ろに並びます。今回は第1部、8:30入場で、9:00からスタートです。入国カウンターのような場所で、予約番号をみせて、キッザニアの地図と、キッザニアでの通貨50キッゾをもらいます。

営業時間:第1部9:00 ~ 15:00、第2部16:00 ~ 21:00の2部制
料金:こども2,850円~4850円(園児、小学生、中学生、平日OR休日、1部OR2部で変動、大人1850円など、ほかに丸1日こどもだけで体験するプランや、短時間であそべるフレックスパスなどもあり

ホームページ
http://www.kidzania.jp/tokyo/

キッザニア東京

いよいよキッザニアの世界にやってきました。90種類以上の仕事があるので、あらかじめ何をしたいか決めておき、場所を調べておかないと、どこに行けばいいかわからず最初は混乱するかもしれません。

仕事の予約は1つだけいれることができ、その仕事を終えると、別の予約をいれられます。待ち時間が長い人気の仕事をいれると、その仕事が終わるまで、予約なしでできる仕事しか体験できなくなります。

キッザニア クロネコヤマト 宅配センター

最初、ピザショップ(ピザーラ)を目指しましたが、すでに行列ができ120分待ちだったので断念。人気のあるお仕事をしたい場合は、早めに並んで、最初に予約をいれる必要があるようです(お菓子工場、ピザショップ、メガネショップなど)。

そんなわけで、1番目のお仕事は、ピザショップの前にあって、すぐできそうだった宅配センター(クロネコヤマト)に決定。店の中には親は入れないので、店内で働く様子は、窓ごしに見守ります。子どもたちはヤマトさんの格好で出動し、お店で荷物を受け取り、車に乗って移動、別のお店に荷物を届け、宅急便体験していました。1つの仕事は30分ほどで終了します。

キッザニア Direct 消防署

子どもが仕事をしている間は、親は特にやることはないので、他の仕事を見に行ったり、街をぶらついたりできます。消防車が走ってきたので、ついて行ってみると、消防士さんたちが、消火のための放水を開始。結構、迫力あります。消防士も人気の仕事で、120分待ちくらいでしたが、回転もよいようで、お昼くらいには60分くらい待ちになっていました。

キッザニア 病院

道端に、子どもが倒れているのを発見! やがて救急車がやってきて、救命救急士の子どもたちが心臓マッサージやAEDで救助活動。救急車で病院に運んで行きました。病院には、医師、看護師、救急救命士、薬剤師などの仕事があります。

キッザニアのアクティビティーは、一業種一社のスポンサーが入っていますが、必ずしもそのままでの仕事ではなく関連した仕事を提供しているようです。たとえば、病院のスポンサーは、医薬品や医療機器などを作るジョンソン&ジョンソン、消防署は保険会社のアメリカンホームダイレクトでした。

そろそろ宅配センターの仕事が終わりそうなので、もどります。

キッザニア 東京メトロ

2つ目のお仕事は、地下鉄(東京メトロ)です。運転士が45分待ちだったので予約を入れて、すぐにできる軌道作業員をすることに。1つの仕事場でも、複数の仕事があることもあります。

軌道作業員は、鉄道のレールをはずしたり、運んだり、取り付けたりする仕事。仲間と協力して、一生懸命ねじをとったり、つけたり。地下鉄には、もうひとつ車両整備員という仕事もあり、こちらは電車の台車を点検をするなどの仕事でした。

軌道作業員がおわって、3つ目の仕事、運転士へ。シュミレーターのような機械で、電車を操縦しているようでした。地下鉄は、鉄道好きの子どもたちには、特におすすめです。親はモニターからしか見られません。

おわったらすぐにサラダショップ(アール・エフ・ワン)の予約をいれます。

キッザニア東京 三井住友銀行

お仕事開始まで時間があったので、その間に自分で稼いだキッゾで、デパート(三越)で買い物へ。デパートも子どもしか入ることはできないので、一人だけのはじめてのお買い物を体験できます。自分で選んで購入したのは50キッゾの小さな鈴。一回の仕事でもらえるのが5~8キッゾくらいなので、結構な高額? でも、子どもは満足げに、カバンにつけていました。

さらに、銀行(三井住友銀行)に行って、1キッゾをあずけて、口座を開設。お財布とキャッシュカードをゲットしました。

キッザニア アール・エフ・ワン (サラダショップ)

4つ目のお仕事、サラダショップ(アール・エフ・ワン)です。この日作っていたのは、きたあかりのほくほくサラダ。作ったものは、持ち帰ることができます。

終わったら、食品開発センター(ニチレイ)を予約しました。 人気のお仕事は徐々に定員いっぱいになり、選べなくなっていきます。

ピザーラ エクスプレス キッザニア東京店

ピザーラ エクスプレス キッザニア東京店ピザーラ エクスプレス キッザニア東京店ピザーラ エクスプレス キッザニア東京店ピザーラ エクスプレス キッザニア東京店

次のお仕事までにお昼ご飯を食べます。ピザーラの実店舗が2階にあり、ピザを購入できます。子どもたちのお仕事体験できるピザショップは1階。ここで体験すると、自分で作った丸いピザを1枚持ち帰れます。

食事が購入できるのはピザーラのほかに、モスバーガー、アール・エフ・ワン(お弁当)など、全3店舗あります。お昼どきは結構ならぶので、時間をずらすのが良さそうです。持ち込みは、水筒以外は禁止、お仕事に並びながらの飲食も禁止となっています。

食べる場所の確保も、お昼どきは難しいですが、お土産などを売っているナショナルストアの奥に飲食スペースがあり、そこが比較的空いている模様です。

キッザニア ニチレイ 食品開発センター

5つ目のお仕事、食品開発センター(ニチレイ)です。ここではチャーハンの冷凍食品を作ります。メガネや手袋をつけたいり、マシーンでドライアイスを作ったり、実験気分を味わえます。最後に、作った冷凍食品はレンジでチンしてくれるので食べることができます。

次に、動物病院(ROYAL CANIN )を予約、最後の1人でギリギリとれました。仕事は3~6人前後くらいの少人数制が多いので、友達同士などで動いて一緒に仕事をすると、それほど数はできないかもしれません。

キッザニア ROYAL CANIN 動物病院

6つ目のお仕事、動物病院(ROYAL CANIN )です。聴診器を使ったり、注射をうったり、獣医さんの体験ができます。このリアルな犬は、実際に動きます。

お仕事終了です。9:00から15:00までめいいっぱい動いて、できたお仕事が6つでした。効率よく動くポイントとしては、朝一でやりたい人気の仕事をおさえる。子どもがお仕事をしている間に、親がリサーチをしておき、待ち時間が少なく、子どもが興味のありそうな仕事をピックアップしておくこと。1つの仕事がおわったら、子どもに選択させて、すぐ予約。つぎの仕事までの待ち時間に、すぐできる仕事や、銀行、買い物、食事などをすることがポイントのようです。親も結構つかれます。

キッザニア東京 保護者ラウンジ

すべて子どもだけで出来る場合は、保護者専用のラウンジがあります。ドリンクバー300円やコンセント、Wi-Fi、インターネット、雑誌や新聞なども用意されています。

キッザニア東京

キッザニア東京キッザニア東京キッザニア東京

最後に、陽気なお掃除ソングを歌いながら、パレードがやってきました。パレードダンサーにも子どもたちが混じっています。このような1度しか募集されない仕事もいくつかあります(ウェディングセレモニー、劇場など)。

お仕事を終えるともらえるカードは、子どもたちの大切なコレクションに。キッゾは銀行に預けておき、次回来た時に使用することも可能です。うちの子どもは、あずけた1キッゾも銀行からしっかり引き出して持ちかえっていました。

キッザニアは、子どもたちが、いろいろな仕事を体験できたり、社会の縮図が見られたり、なかなかおもしろい施設。何度もおとずれるリピーターが多いのもうなづけます。特にお母さんの、我が子を見守る、あたたかい眼差しが印象的でした。街の変化を感じたり、子どもたちが真剣に働く様子を見たり、親も飽きることなく楽しめるとおもいます。何よりも、親が手出しや口出しできないので、子どもの自立心を育むのには、もってこいです。

このプランのマップ

0
ライター紹介
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)、『うごかすえほん はたらくくるまとまちをつくろう!』(まる出版)がある。
Line pc bottom