【動物園・水族館・遊園地が一度に楽しめる】和歌山県・南紀白浜 アドベンチャーワールドを遊びつくそう!

和歌山県白浜にあるアドベンチャーワールドは、動物園・水族館・遊園地の3つを一度に楽しめる、全国でも珍しいテーマパークです。特にパンダの飼育数は日本ダントツ。放し飼いの動物たちも多く、見ごたえがあり。子どもたちも大喜びで、一日あそびつくすことができます。動物好きカップルにもおすすめです。

さん
更新日:
閲覧数
1874
お気に入り
0

アドベンチャーワールド エントランスドーム

アドベンチャーワールドのエントランスです。オープン前後は、車の渋滞があります。早めの到着がおすすめです。

入園券:(1DAY):大人4100円、シニア3700円、中人(12-17歳)3300円、小人(4-11歳)2500円※駐車場料金は普通車1200円

営業:9:30~17:00(12月~2月10:00~17:00)※夏休み、連休などは営業時間が延長、夜間営業も行われる

アドベンチャーワールド PANDA LOVE

入った、ちょっと歩くと、「パンダラブ」があります。ここでは桜浜(おうひん)、桃浜(とうひん)双子のパンダを見ることができます。パンダの飼育頭数7頭。

ここまでパンダを間近に、ゆったり見られるのは、日本ではここだけです。

アドベンチャーワールド ペンギン王国

ペンギン王国と海獣館です。運がよければ、迫力満点のシロクマのダイビングを見られます。ペンギンも、かなりの数飼育されています。

アドベンチャーワールド アニマルアクション

アニマルランドでは、いろいろな動物たちが、ショーで登場します。ここまで多彩な動物がでるショーは初めてみました。「こんなことまでできるのか!」という驚きがあります。

アドベンチャーワールド ビックオーシャン

ビッグオーシャンで、ダイナミックなイルカのショーが見られます。動物園に、水族館の施設まである、かなり贅沢な施設です。

アドベンチャーワールド ブリーディングセンター

こちらは、ブリーディングセンター。ここでも、パンダたちがのんびり暮らす様子を見学できます。

アドベンチャーワールド サファリワールド

サファリワールドにやってきました。ここではアフリカを中心にいろいろな国の動物たちを見ることができます。

ケニア号というバスに乗って見学したり、カート、自転車、歩きなど、いろいろな見学方法があります。

アドベンチャーワールド

フェンスごしとはいえ、チーターをこの距離で、肉眼で見られるのは、かなり感動です。

アドベンチャーワールド ライオンテラス

ライオンテラスでは、サファリジープ(うごかない)に乗って、まじかでライオンを見学することが可能です。

アドベンチャーワールド キリンテラス

キリンテラスでは、キリンにエサをあげることができます。けっこう人気で並んでいます。

アドベンチャーワールド

アフリカゾウ、クロサイ、水牛、シマウマ、マントヒヒ、マレーバクなどなど、いろいろな動物たちがいます。

アドベンチャーワールド

サファリワールドを出て、昼食をとります。園内にはいくつもレストランがありますが、昼時はどこも混むので、時間をずらしていくのがおすすめです。

写真:http://www.aws-s.com/search/detail.php?id=food019

アドベンチャーワールド

ふれあい広場には、モンキー×モンキーという、いろいろなサルが集まるエリアがあります。チンパンジー、リスザル、ワタボウシタマリンなどなど。

アドベンチャーワールド

ふれあい広場には、鳥の楽園があるほか、マーラ、シカ、クジャク、アヒルなどが放し飼いになっており、エサをあげることもできます。

アドベンチャーワールド スカイアドベンチャー号

アドベンチャーワールドには、ジェットコースターや観覧車、カートがあるなど、遊園地の要素ももっています。犬にさわれるワンワンガーデンも子供たちには人気です。

一日あそべるアドベンチャーワールドは、充実したショーや、パンダ、身近にみられる展示など、動物好きなら一度はおとずれたい、おすすめのスポットです。

このプランのマップ

0
ライター紹介
野口 武
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)がある。