そもそも道東って?

道東とは北海道の東エリアをいいます。

札幌からは車で5時間弱、特急電車で7時間半。
北海道は雄大で広いですね!

道東には国の天然記念物タンチョウがたくさん集まる日本最大の釧路湿原、オホーツク海の水平線まで見渡せる知床半島、広大な十勝平野、マリモが有名な阿寒湖・摩周湖・屈斜路湖など大きな湖など、手つかずの豊かな自然がどこまでも続きます。

また北海道を主な居住圏とする先住民、少数民族のアイヌが居住しておりアイヌ文化が息づく貴重なエリアでもあります。

寒さの中でも楽しみたいワカサギ釣り、防寒対策をして見行きたい感動的な湖畔と山々の景色、網走刑務所として有名な網走監獄など定番の観光スポットもたくさんある旅行におすすめエリアです。

そんな大自然の中、3月までしか体験できない北海道ならではの遊びやおすすめスポットを、道東エリアからピックアップしてご紹介します。

道東おすすめレジャー 3選

1. 流氷ウォーク

氷に寝そべり、気分はアザラシ!

網走市内の海岸で流氷ウォーク(2名以上 1名8,000円)が手ぶらで体験できます。

駐車場で着衣のまま、レンタルのドライスーツ・帽子・手袋を装着して、いざ流氷の海へ!

湖上の流氷を歩いたり、薄い流氷が割れて海の中に落ちたり、海にプカプカ浮いたり、必死に泳ごうとして思わず爆笑体験です。

ドライスーツは浮くので、流氷の露天風呂となり、アザラシのように腹這いで氷上に上がります。

お腹と背中に貼るカイロをしていきましたが、ドライスーツを着ると意外と寒くないですよ。

あらかじめスケジュールやキャンセル規定を確認し、予約してから行きましょう!
天気次第でキャンセルになる場合があります。

マリン&アウトドア・タルタルーガのHPはこちら

マリン&アウトドア・タルタルーガ
場所:北海道網走市南10条東3丁目
アクセス:桂台駅[出口]から徒歩約1分

2. 流氷クルージング

オーロラのような神秘的な風景

網走流氷観光砕氷船おーろら号で流氷を見に行きましょう。

体力と時間をあまり使わないのでお手軽なおすすめアクティビティです。

乗船場は北の道の駅流氷街道網走の1階にあります。

そのため売店があるので地元のお土産も買え便利です。

乗船のため5分前の16:10に乗り場に行くと、既に行列ができていました!

16:15に、いよいよ乗船開始です。

おーろら号の1階は座席がたくさんあり、2階は展望デッキとなっています。

展望デッキにたくさん人がいるので、1階客室は余裕で座れ、特別感があり最高でした。

クルージング料金はおとな3,500円(中学生以上)、小学生1,750円(幼児無料)です。

クルージング中の船外は風の影響で体感温度はかなり低く感じる一方、船内は暖房が効いているので暑く感じます。

流氷クルージングでは、風を通さない着脱しやすい服装をおすすめします。

出航してしばらくすると沖に出てます。

すると目の前に青白いオホーツク海の大パノラマが広がります。

一番の見どころ、流氷の海に到着です!

2階のデッキに出て、綺麗な自然現象の鑑賞タイムです。

雲ひとつない晴天に恵まれ、展望台からは斜里岳知床連山も見えました。

間近で迫力ある流氷がライトアップされています。

真冬の氷の世界が幻想的に広がります。

流氷の中を移動すると、初めて見る絶景に感動の連続です。

降船後は、おーろら号の撮影をする方がたくさんいました。

道東に来てよかったと思えるツアーでした♪

オーロラ号は1月~4月上旬の期間限定(流氷の状況次第で変更あり)で運行しています。

時期により出向時刻が変わるので、HPで必ず詳細をご確認ください!

網走流氷観光砕氷船おーろら号のHPはこちら

また、網走流氷観光砕氷船乗り場から車で10分のところにあるオホーツク流氷館は、天都山山頂にある流氷とオホーツク海をテーマとする網走市立の科学館です。

珍しいクリオネやフウセンウオなどの海洋生物を飼育展示もあり興味深い施設です。

併せて見学してみてください!

流氷街道網走
場所:北海道網走市南3条東4丁目
アクセス:車 桂台駅から580m
営業時間:テイクアウトコーナー: 10:00〜18:30 休憩・飲食コーナー: 11:00〜16:30 日曜営業

3. スノーシューイング

冬季立ち入り禁止の知床五湖を歩こう

冬期間の知床五湖散策は認定ガイド引率に限り散策できます。

一般の方だけで自由に散策することはできません

つまり、冬の知床の壮大な大自然は荒らされることなく、静かで美しい銀世界が広がっています。

氷点下の中のダイヤモンドダストは神秘的です。

そんな一面真っ白の光景の中を散策できるスノーシューイングは、約3キロ4.5時間かけて歩きます。

参加条件は中学生以上、2名以上で催行され、料金は1名あたり6,500円です。

野生動物の足跡しかない、人間の足跡のない真っ白な雪の上を歩いてみませんか?

シンラのHPはこちら

知床五湖
場所:北海道斜里郡斜里町大字遠音別村字岩宇別

道東おすすめお宿 3選

4. 湯宿 だいいち

落ち着いたリッチな和空間と川沿いの露天風呂を堪能

中標津空港より車で約30分、釧路より車で約90分のところにある湯宿 だいいちです。

養老牛温泉の老舗宿で、季節の地の物や海産物を使用したお料理も人気です。

囲炉裏のあるロビーには温泉熱を利用した床暖房が入っています。

運が良ければ野生のシマフクロウと会えるかも!?

寒い季節に野鳥のさえずりを聞きながら、温かい温泉に浸かる贅沢な時間をぜひ体験してみてください。

大自然にある道東ならではのリラックス時間を過ごせます。

立ち寄り湯の日帰り利用も可能です!

冷えた体を温泉で芯から温めて帰れます。

道東観光コースの立ち寄りスポットとしてもおすすめですよ。

湯宿 だいいち
場所:北海道標津郡中標津町字養老牛温泉518 養老牛温泉
アクセス:基本的に車(下記は主な場所からの所用時間)■根室.........90分■網走.........90分■羅臼.........90分■釧路.........90分■ウトロ.........100分■北見.........150分
営業時間:日曜営業

5. 北こぶし知床 ホテル&リゾート

旅館ホテル250選に選ばれた5つ星の宿

知床五湖から車で25分ほどのところにある北こぶし知床ホテル&リゾートです。

国道334号線沿いの知床温泉街に位置します。

名物はテラスダイニングブッフェ波音での知床食材を使った和洋食ブッフェディナーです。

新鮮な海の幸や山の幸がずらりと並んでいて、その数はなんと常時50種類以上と豊富なメニュー!

羅臼昆布のしゃぶしゃぶは、上品な昆布の香りが食欲をそそります。

浜焼きコーナーでは焼くのがもったいないくらい新鮮なホタテやエビなどが香ばしく焼かれています。

焼きたての海鮮はとっても美味しくてペロリと食べられます。

お料理だけでなく、デザートも一つ一つ丁寧に作られています。

子供から大人まで、大好きなメニューでお腹が満たされます。

広々とした1階ロビーの専用水槽にクリオネが泳いでいます。

水族館に行かずにクリオネに会えるなんて嬉しくなりますね。

動きが速くなかなか上手に写真を撮らせてくれないクリオネですが、見ているだけでもその可愛らしさに癒されます。

こだわりの温泉は、海を眺められる展望大浴場や、冬ならではの外気温マイナス10度以下の中で寒中入浴ができる空中露天風呂など充実しています。

温泉では知床の大自然や空気を、まさにで感じられます!

朝食は、豪華なサーモン刺身などが並ぶブッフェ形式で朝から大満足です。
お好みで勝手丼が作れます。

接客も丁寧なので居心地よく過ごせます。

車で帰るお客様に見えなくなるまで手を振る従業員の方々を目にしました。

とても爽やかで真心のこもったおもてなしが素敵でした。

北こぶし知床ホテル&リゾートのHPはこちら

知床グランドホテル 北こぶし
場所:北海道斜里郡斜里町ウトロ東172
アクセス:車
営業時間:チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00 日曜営業

6. 国民宿舎 桂田

有名人も宿泊!リーズナブルなお宿

某番組のロケ地にもなったこちら国民宿舎 桂田は、世界自然遺産知床の夕映えを望めるお宿です。

目の前にはオホーツク海の絶景を一望できます。

格安の素泊まりバーベキュー付きアクティビティ付きプランなどさまざまなプランがあります。

宿泊日数や内容を気軽にお好みでカスタマイズし、道東旅行を心行くまで存分に楽しめます。

部屋は清潔感のある和室なのでゆったりと過ごせます。

ウトロ温泉エリアにあり、褐色のにごり湯はナトリウム塩化泉で美肌の湯といわれています。

露天風呂もあり、この露天風呂からの美しい夕日は一見の価値ありです。

さらにこちらに宿泊すると、車で5分のところにある姉妹館しれとこ村の大浴場にも入れる特典付きです!

国民宿舎 桂田のHPはこちら

次の連休は道東へ行こう

いかがでしたか?

北海道は広いのでエリア別に旅行計画を立てれば、じっくりゆっくりと北海道の魅力を満喫できます。

今年の冬は連休が多いので、ぜひ道東プランを参考に北海道旅行で楽しい冬をお過ごしください!