リアルな遊びをプロデュース

お洒落&絶景のおすすめ女子旅!愛知・佐久島へのんびり旅行に行こう♡〜1日目〜

愛知県の離島・佐久島が最近人気の観光地になりつつある事をご存知ですか?
佐久島には、フォトジェニックでお洒落なスポットが満載&海や大自然の美しい景色が見れると話題なんです。
そんな佐久島に1泊2日の女子旅に行ってきました。1日目は東港中心に島を探索!佐久島でアート&絶景巡りを楽しみましょう♡

さん
更新日:
閲覧数
27336
お気に入り
1

西尾市一色

佐久島へのアクセスは愛知県の西尾市一色(いっしき)にある港からフェリーに乗って行きます。
一色までは名古屋から高速に乗って2時間弱。バスもありますが本数がかなり少ないので車で移動するのがおすすめです。土日の午前中なら上りはめちゃくちゃ空いてます。スイスイ~とドライブしながら一色に向かいましょう。港の近くに広い無料駐車場があるので、駐車には困りません!

一色港(さかな広場)

一色港(さかな広場)

フェリー乗り場に到着しました。
フェリーのチケットは片道800円(往復1600円)
人気になりつつある観光地のため乗船する人は、やはり多いです。早めに着いていた方が安心です。
待合室があるのでお手洗いの心配はご無用です!

■時刻表はコチラ

一色港(さかな広場)一色港(さかな広場)一色港(さかな広場)

いざ、乗船!
私たちは13:40のフェリーに乗りました。
100人ほど乗れるフェリーなので乗れないということは無いと思いますが、潮風を感じれるデッキに出たい方は早めに行かないとデッキに出れません。

一色港(さかな広場)一色港(さかな広場)

時間が来たので出発〜!
フェリーに乗り込んだので、旅感がぐっと増してテンションが上がる我々。笑
しかも、フェリーは意外と速くて風が強く、髪が乱れまくりました。笑

約20分で佐久島西港に、約25分で佐久島東港に到着です。
佐久島西港はカフェが、東港は食堂が多いです。
島自体は小さいのでどちらで降りても大丈夫ですが、目的に合わせて降りる港を選びましょう◎

佐久島

佐久島佐久島佐久島佐久島佐久島

私たちは昼食がまだだったので、東港で降りて近くの食堂へ行きました。
食堂も色々とあるのですが、今回は「べんてん」で新鮮な魚介の定食をいただきました。

佐久島佐久島佐久島佐久島

佐久島は貝類、とくにあさりが美味しいことでも有名な島です。佐久島周辺でしか採れない「大あさり」の定食を注文!はまぐりよりも大きなあさりが登場しました。
新鮮な大あさりはプリプリで美味しいです♡
友人が注文したアジフライも身が分厚くてふわふわで美味でした^^

9月上旬はまだまだ暑かったのでひんやりデザートもいただきました♡

佐久島東港

佐久島東港佐久島東港

べんてんを出て今夜泊まる宿に荷物を預けに行きます。
途中にジブリっぽい廃墟がありました。
なんだか雰囲気がある。。。!

市兵衛

私たちは「市兵衛」という民宿を予約しました。
地元の漁師さんが運営している民宿です。
前日に電話したのですが、快く予約していただけました。
市兵衛では宿泊者に自転車を貸して下さいます。
19時までに帰ることを約束し、荷物を置いて、自転車に乗って、15時ごろから島探索スタートです!

佐久島

佐久島佐久島

東港よりさらに東の方へ進みます。

海沿いを自転車で走るのはなんとも爽快です。景色は良いし風は気持ち良い!最高です!

海沿いだけでなく、山道も自転車で進みます。
木の根っこがガタガタして走りにくいですが、それも楽しいです。

アポロ

最初のアートスポット「アポロ」に到着です。
ちょっと変わった形をしたアポロ。入り口が極端に狭いです。
アポロの月面着陸をイメージしたアートな秘密基地です。

佐久島

佐久島佐久島佐久島佐久島

アポロの近くに離れ小島かある。。。!と思って近くまで行くと、なんと島と島が一本の道で繋がっているではありませんか!

この小さな島は筒島と言って、弁財天が祀られている神社がある島です。願い石と言って、願いを書いて納めれば願いが叶うという言い伝えもあるんだそう。まっすぐ伸びる一本道はなんだか幻想的な雰囲気。海はエメラルドグリーンに輝いていてとっても綺麗です。

佐久島

筒島を散策した後は、またまたジブリっぽい山道を自転車で走りぬけます。次の目的地は新谷海岸!新谷海岸は普通のビーチではないのです。

新谷海岸

新谷海岸は日本で唯一の「紫色のビーチ」なんです!
写真では分かりにくいですが、実際に見てみるとなんともロマンチックな色をしています。
新谷海岸の砂浜はムール貝の欠片が混じった砂浜のため、紫色をしてるんだとか。とっても美しいビーチです。

イーストハウス

イーストハウスイーストハウスイーストハウス

東港の方へ戻ります。またまたアートなオブジェを発見しました。
「イーストハウス」では白い枠に縁取られた海の景色など、かわいいフレームフォトが撮れちゃうスポットです。
上に登ることもできます。風が気持ち良い♩

イーストハウスイーストハウスイーストハウス

イーストハウスを使って沢山写真を撮りました。
どこを撮っても絵になるのでバシャバシャと撮りすぎました。笑
フォトジェニック〜〜!

すわるとこプロジェクト

すわるとこプロジェクトすわるとこプロジェクトすわるとこプロジェクト

イーストハウスの奥には「すわるとこプロジェクト」というモコモコしたオブジェがありました。
どうやらベンチのように座るためにあるオブジェらしいのですが、、、

すわるとこプロジェクトすわるとこプロジェクト

このモコモコした部分が寝転ぶのに最適で、ついついゴロゴロしてしまいました。笑
寝転びながら空を眺めてぼーっとするのは幸せでしかありませんでした。

カモメの駐車場

カモメの駐車場カモメの駐車場カモメの駐車場カモメの駐車場

イーストハウスとすわるとこプロジェクトを後にし、西港の方へ進みます!
ここで18時くらいです。日もだいぶ沈み始め、夕暮れか美しい時間帯になってきました。

佐久島のアート作品の中でも有名なのが「カモメの駐車場」です。写真の通り、海岸沿いにカモメが沢山並んでいます。かわいい!

ノンとビリー

さらに進むと、突如「メェエエ〜〜」という声が聞こえて「何!?」と思い見てみると、ヤギがいました!
ノンとビリーという2匹のヤギが居るそうで、佐久島のマスコットキャラクター的な存在なんだそう。

クラインガルデン

クラインガルデンは全てタイルでできたカラフルなアート作品です。佐久島名物のタコなどが描かれています。
海坊主?のようなオブジェもありました。なんかかわいい、、、かな?

おひるねハウス

おひるねハウスおひるねハウスおひるねハウス

1日目の最後は「おひるねハウス」へ!
このオブジェ、見たことある!という方も多いのではないでしょうか?
おひるねハウスは佐久島で1番有名&1番のフォトスポットです。中に入って写真を撮ればどれもフォトジェニックな写真になります。
ここでも写真を撮りすぎました。

これにて1日目の観光は終了〜!
日が暮れる前に宿へ戻りました♩

2日目も島巡りを思う存分楽しみました!プランはこちら⬇︎
http://play-life.jp/plans/15223

このプランのマップ

1
ライター紹介
素敵なカフェめぐりが大好きです♡
Line pc bottom