リアルな遊びをプロデュース

スイーツ×インスタ映え!椎名町「lamp(ランプ)」で心ほっこりするスイーツを堪能

1727
2019/03/08
1
スイーツ×インスタ映え!椎名町「lamp(ランプ)」で心ほっこりするスイーツを堪能

こんな人におすすめ

・可愛いカフェ&レトロな街並みが好きな女子大生
・スイーツが好きな人
・ガヤガヤしていない、隠れ家的なお店を探している人

今回は、椎名町に隠れたインスタ映えスポットを発見しちゃいました!
可愛い写真を撮ったりスイーツを食べたりするのが好きな人にはぴったり!
カフェ「lamp(ランプ)」のほっこり、暖かい空間で女子トークに華を咲かせましょう♡

このプランのマップ

池袋駅から電車で約3分。下町感が落ち着く椎名町で下車!
椎名町駅

池袋駅から西武線で約3分の所にある、椎名町駅。
前回の記事では椎名町のオススメ宿&シェアスペースをご紹介しました。

今回は前回の記事とは少し角度を変えて、一見通り過ぎてしまいそうな隠れ家的なカフェと、下町感が溢れる商店街心が温まるオープンスペースの3スポットをご紹介します!

椎名町駅
場所:東京都豊島区長崎1丁目1−22
住宅街の中にひっそりと腰を下ろす隠れ家カフェ
lamp(ランプ)lamp(ランプ)

椎名町駅から徒歩5分のカフェ「lamp(ランプ)」にやってきました!

白を基調とした、コンクリート作りの外観で、一見ヨーロッパにある古風な家のよう。
住宅街の中にあり看板が小さいので、何も知らないと通りすぎてしまいそうですが、ここには地元民が愛するイチオシメニューがあるので、ぜひ寄っておきたいところ♡

築50年のスペースをリフォームした、ガーリーな空間
lamp(ランプ)lamp(ランプ)lamp(ランプ)lamp(ランプ)lamp(ランプ)lamp(ランプ)

このお店は、なんと築50年のスペースをリフォームして作られたんだとか。
ですが、実際にはそんな古さを感じさせない、乙女心をくすぐる、ガーリーな空間が広がっていました。

オリジナルTシャツやアクセサリー、小物を販売しているようで、店内にもそのグッズがたくさん飾ってあって可愛い…♡

席はソファー席とテーブル席、カウンター席の3種類。
冬でもお日様の光が当たっており、暖炉もついているので、ぽかぽかします。

これはつい長居したくなってしまいますね!

愛情のこもった手作りスイーツがインスタ映え!
lamp(ランプ)lamp(ランプ)lamp(ランプ)

このカフェのイチオシメニューは、「lamp ホットケーキ」(500円)。
手作り感の溢れるパンケーキは厚みがあってふかふか。ヒツジの絵が描いてある旗がまた可愛い!
+100円でホイップクリープとバニラアイスがつけられるので、ぜひ一緒に注文してみてください。
パンケーキと一緒に食べると、お口の中に優しい甘さが広がりますよ。

一緒に注文したドリンクは、「カフェラテ」(450円)です。
ふわふわのミルクフォームの上にちょこっとシナモンが乗っていて、大人の苦味が加わっているので、特別感があります。

食事メニューも600円~と学生のお財布に優しい価格♡
lamp(ランプ)lamp(ランプ)

また、ランチタイムにこのカフェに行く人へ朗報です♪
平日土曜12時~13時の間は、「とろけるチーズのデミグラス風ドリア」や「ハーブチキンとひよこ豆のグリーンカレー」などの食事メニューが600円という安さで食べられるんです!
先程ご紹介したホットケーキと合わせて注文しても、1,000円ちょっと。
お財布に優しくて嬉しいですよね♡

というわけで、今回は「気まぐれ野菜とそぼろのガパオご飯」を追加で注文してみました!
スパイスの効いたピリ辛のそぼろに、ごぼうやナス、キャベツなどの野菜がごろごろ。
しつこくない味付けなので、スイーツを食べたあとでもモリモリご飯が進みますよ!

lamp(ランプ)
場所:東京都豊島区西池袋4-2-13 1F
アクセス:椎名町駅徒歩10分 椎名町駅から700m 池袋駅メトロポリタン口、目白駅 徒歩約15分
営業時間:水・金・土:12:00~18:00 火:12:00〜17:30 木:12:30〜18:00
昭和の心地よい匂いが残る商店街を散歩
椎名町すずらん通り商店街

スイーツを食べたら、椎名町の地元民御用達の、すずらん通り商店街を散策していきましょう〜。
アーケードがついたこぢんまりとした商店街ですが、初めて訪れる人もどこか昭和の懐かしい雰囲気を感じ、妙に落ち着いてしまうのです♪

老舗のお店が軒を連ね、賑わいをみせているんです。
椎名町すずらん通り商店街椎名町すずらん通り商店街

この商店街には、500年の歴史を誇るお寺の中にあるカフェ「赤門テラス なゆた」や60年の歴史を持つ「とんかつ 恵比寿」など、老舗のお店がたくさん。
外観は古いながらも、子供から大人と幅広い年齢層に愛されているんですよ。

特にお店に入らず、散歩をしているだけでもきっと楽しいはずです♪

椎名町すずらん通り商店街
場所:〒171-0051 東京都豊島区長崎1丁目3−4
アクセス:椎名町駅から徒歩3分
訪れるだけで気持ちが落ち着く♡自然溢れるお寺カフェ
赤門テラスなゆた赤門テラスなゆた赤門テラスなゆた赤門テラスなゆた赤門テラスなゆた

すずらん通り商店街沿いにある金剛院の中に併設されているのが、「赤門テラスなゆた」
なんとお寺の境内にあるこのカフェ。外観・内観と共に和モダンな空間が広がっており、緑豊かな自然に囲まれながら、まったりと食事をすることができます。

「なゆた」は、仏教用語で「極めて大きな数」という意味。

「日常生活で、たくさんの”ありがとう””おかげさま”に気付き、人として限りなく大きな存在であることを感じてほしい」
という想いから、このカフェが作られたそう。

カフェに来た人同士が気軽にコミュニケーションが取り合えるような場になっているので、入りやすいですよ。

また、金剛院では今流行りの「寺ヨガ」「説法婚活」などを開催しているので、朝活やご縁を頂きたい方におすすめです!

見た目も味も華やかなケーキセットが大人気
赤門テラスなゆた赤門テラスなゆた

こちらのカフェのオススメメニューは、「ケーキセット」(972円)。
カフェの扉を入ってすぐ、ショーケースの中にある手作りケーキ約4種類の中から1種類と、好きなドリンクが選べます。
ケーキの見た目はメルヘンで可愛いので、とてもインスタ映えするんです♪
ぜひコーヒーや紅茶と一緒に写真を撮ってみてください。

今回はモンブランをチョイス♡プレートに描いてあるお花のデコレーションもテンションが上がります!
マロンストリングを一口頬張ると、和栗の香ばしさと生クリームの甘さが同時に楽しめて絶品です!
下のスポンジもふわふわで、食べているだけで自然と笑顔になれる一品。
上品な紅茶と一緒に食べると、優雅なカフェタイムを過ごせること間違いなしです。

赤門テラスなゆた
場所:東京都豊島区長崎1-9-2 金剛院内
アクセス:椎名町駅 北口より徒歩30秒 椎名町駅から127m
営業時間:09:00〜18:00※ランチタイム11:30〜16:00ランチ営業、日曜営業
2018年オープンしたてのカジュアルで落ち着くカフェ
LASC (ラスク)LASC (ラスク)LASC (ラスク)

もう1つ紹介したいカフェがこちら、2018年10月にオープンしたばかりの「LASC(ラスク)」
すずらん通り商店街を入ってすぐ、「とんかつ 恵比寿」の隣にあります。

カジュアルラフなカフェで、ガラス越しに内観が見えるので、誰でも入りやすいですよ。
ですが、このカフェでは、コーヒーが飲めるだけではないんです!

店名の「LASC」の意味は地域と施設を繋ぐ、人々の想いから。
LASC (ラスク)LASC (ラスク)

注目してほしいのが、店名。
「LASC」は、”Local Activity Support Center(地域活動支援センター)”の略。

このカフェは、
精神障害者を支援する地域活動支援センターフレンド内の工房「studio PEPE」が、珈琲×福祉(デザイン)×活版印刷の協働プロジェクト「COFFEE PAPER PRESS(CPP)」と協力をし、
「福祉が地域にできること」を考えながら”人が自然と集まる「公園」のような場所”を目指して開設したのだとか!

施設の存在を知らない人でも、「studio PEPE」と「COFFEE PAPER PRESS(CPP)」の活動を、体感できるというわけなんです。

とは言え、イメージが付きにくいと思うので、こちらをご覧ください!

手製のカバンは馴染みが良く、普段使いできるお洒落グッズ
LASC (ラスク)LASC (ラスク)LASC (ラスク)LASC (ラスク)

じゃーん!
この商品、何から作られていると思いますか?
実は、小麦の袋を、地域活動支援センターにいる人達の手によって、1つ1つ普段使いできる雑貨にリメイクしたものなんです!
ほかのお店では売っていない、ここにしかない一品。
手触りも良くお洒落ですし、普段使いしたくなりますよね♪

人気の商品は、ブックカバートートバックなど。
実際に使っているだけで、人の温かみが実感できると思います。

約1,000円~3,000円と手ごろに購入できますし、じっくり見て行ってくださいね。

ハイセンスすぎる空間に、心も体もほっこり。
LASC (ラスク)LASC (ラスク)LASC (ラスク)

店内で飲めるのは、「オリジナルコーヒー」(180円)。
注文後、豆から挽いてくれるので、コクが深く心温まる1杯です。

また、現在開放されているスペースは1階のみですが、今後2階のフリースペースには人工芝が敷かれ、公園のようになる予定とのことなので、楽しみですね!

店員さんはとてもフレンドリーで話しやすいので、休憩がてらお店の気になる話を聞いていってみてください。

LASC (ラスク)
場所:東京都豊島区長崎1-1-17
アクセス:椎名町駅から32m
営業時間:10:30~17:00(L.O.16:30)
椎名町駅周辺には、人の温かさが伝わってくるカフェが目白押し
椎名町駅

椎名町の魅力、伝わったでしょうか?
インスタ映えする隠れ家カフェもあれば、昭和感漂う落ち着いた雰囲気の商店街、地域と施設を繋げたいという想いの元作られたオープンスペースなど、様々な一面を持つ街なんです。

ですが、共通して言えるのは、初めて椎名町を訪れた人でも迎え入れてくれるような、温かく優しい空間が確かに存在するということ。
料理の味やスタッフさんのサービス、街を歩いていてそれがひしひしと伝わってきました!

なので、椎名町は初めて一人暮らしを考えている方や、家の近くでも作業をしたり一息つける場所が欲しいなと思っている方におすすめです。

お天気のいい日には一歩足を延ばして訪れたくなる、ちょっとした故郷感のある町なので、ぜひ行ってみてくださいね。

椎名町駅周辺で遊びたい人はこちらもおすすめ♪
たったの3時間でリフレッシュ!下落合住民に愛される穴場スポット3選
新宿の斜め上ディープスポット!中井駅のお洒落な飲み屋がアツい
元トンカツ屋のリノベーション宿⁉下町感溢れる椎名町の「シーナと一平」に集まろう
グルメ通が大集合する東長崎!絶対食べたいほっぺた激落ちグルメ巡り

山本まひる / 編集部/ 都内特化型たぴりすと
ひねくれた遊び人。別の名をまひるん、爆食王。 好きなもの→廃墟、珍スポット、妖怪、猫、カメラ、三度の飯よりタピオカ Instagram→@mahirunruuun
西武沿線×おでかけ・散歩のプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。