パン屋からいい匂いがしたらそれはきっと…

パンセ 松島店

夕方にいつも通り過ぎる商店街のパン屋さん。
ほんのり香ばしい匂いに、つい寄ってしまった…なんて経験をしたことがある人、居ませんか?

そのいい匂いの正体は、きっとカレーパンです!

江戸時代に伝わり、昭和2年に初めて作られたカレーパン

ビストロ 喜楽亭

カレーパンは、1853年の江戸時代末期に日本に伝わり、1927(昭和2)年に初めて作られたと言われています。

最初からカレーパンという名前ではなく、当初は「洋食パン」という名前だったのだとか!
そこから今に至るまで、カレーの中にチョコレートやステーキ肉が入ったり色々な具が混ぜ合わされて作られているんです。

今回は、昭和、平成、令和と愛されている進化系カレーパンを5つ、ご紹介します。

【PR】クリスマス前に気分が上がる!ヘアケア&トリートメントがここだけの価格で。

「22,000円相当が、56%OFFの9,500円」などお得なプラン多数!

https://www.ozmall.co.jp/xmas/hairsalon/

1. Boulangerie Shima(ブーランジュリ シマ)@三軒茶屋

カレールーの争奪戦もある⁉カレーパングランプリで最高金賞受賞

ブーランジュリ シマ

三軒茶屋から徒歩15分、住宅街のなかにひっそりと腰を下ろす「 Boulangerie Shima(ブーランジュリ シマ)」
赤い看板が可愛く、まるで海外のパン屋のようなおしゃれな外観です。

知る人ぞ知るお店に見えますが、実はこのお店、第1回カレーパングランプリで最高金賞を受賞しており、遠方からわざわざここのカレーパンを買いに来る人もいるほどなんです!

ブーランジュリ シマ

お店んの中に入ると、人気No.1~3を色々なカレーパンが陣取っています。

注文を受けてから揚げてくれるので、売れ残っているカレーパンはしわしわ…なんてがっかりすることはまずありません。
そのため、お家で食べるのではなく、できればその場で味わってみてほしいものです♡

おうち

今回は「揚げカレーパン」(250円)を購入。
中に入っているカレーは、何度も試行錯誤を重ね、「カレーパンのカレーだけをください」というお客さんの希望が来るほど本格的で、スパイシーな味わい。

それでいて脂っこくなく、ぺろりと1個完食で来ちゃう美味しさ。
とろ~りとした4種類のチーズが入った「揚げチーズカレーパン」も大人気なので、ぜひその安定感ある、ファンに愛された味を体験してみてください。

ブーランジュリ シマ
場所:東京都世田谷区三軒茶屋2-45-7-103
アクセス:東急田園都市線 三軒茶屋駅、駒沢大学駅下車 徒歩15分世田谷線 若林駅下車 徒歩15分渋谷発三軒茶屋経由 東急バス05 弦巻営業所行き 駒留バス停下車 徒歩0分 西太子堂駅から650m
営業時間:[水木金土日] 9:00〜19:00 [月:パン教室] 10:00〜、14:00〜(変更になる場合あり) 日曜営業

2. 豊福@浅草

高級な黒毛和牛とのマッチングが最強なカレーパン

豊福

「豊福」は浅草の伝法院通りにあるお店。
いつも大行列が出来ている浅草メンチの隣にあり、暖簾に大きく「黒毛和牛カレーパン」と書かれているので、分かりやすいです。

お店の前を通り過ぎるだけでも、じっくり煮込まれたカレーの匂いがふわっと香ってきて、食欲がそそられます。

豊福

黒毛和牛カレーパンの種類は、「甘口」(290円)・「辛口」(300円)と2種類あります。

オリジナルのスパイスをつかったルーは8時間以上煮込んで作られるという、本格さ。
そんな美味しいカレーパンを求めにやってくるお客さんが後を絶ちません。
土日は特に人気で、売り切れ次第終了となってしまうのだとか。

豊福

外はびっくりするほどサックサク!それとは対照的に中はもっちりしていて、この衣と生地だけでもとまらなくなりそうな美味しさ。

カレーはそんなにスパイスがきつくないので、「ガチすぎるカレーよりは定番の美味しいカレーが味わいたい」という人にもおすすめできます。
ルーと一緒に煮込まれた黒毛和牛の甘みとジューシーさが染みわたっており、贅沢な一品でした。

豊福
場所:東京都台東区浅草2-3-4
アクセス:東京メトロ銀座線・浅草駅6番出口 徒歩3分都営浅草線 浅草駅下車 徒歩6分TX浅草駅下車 徒歩4分 浅草駅(東武・都営・メトロ)から286m
営業時間:[月〜日] 10:00〜19:00 朝食営業、ランチ営業、日曜営業

3. 天馬@表参道

「パン・オブ・ザ・イヤー2018」を受賞した天下のカレーパン

天馬 青山店

「天馬」は表参道駅から徒歩5分のところにあるカレーパンのお店。
自由が丘や中野にも出店しています。

カレーの種類にこだわったカレーパンを食べたいなら、迷わずにこちらをおすすめします。
平日の昼間に行ったらそんなに混んでいませんでしたが、土日は並ぶ可能性があるので、午前中に行くのが良いでしょう。

天馬 青山店

種類は、「ビーフカレーパン」(250円)、「バターチキンカレー」(250円)、「とろけるチーズカレーパン」(250円)、「とろーり半熟卵カレー」(250円)、「フルーツカレーパン」(250円)など、本当に様々なカレーパンがあります。

もちろん、店内でカレーやカレーに合うチャイティーを注文して楽しむこともできますよ。

天馬 青山店

マイルドで食べやすく、それでいてじゅわっとしたカレーのコクを楽しめるのが、天馬のカレーパンの特徴。

ザクザク食感がパンを噛みしめるたびに伝わってきます。
今回は普通のビーフカレーパンと一緒に、フルーツカレーパンを購入してみましたが、フルーツの甘味がカレーと合わさり、更にマイルドになって食べやすかったです!

「シェアして食べるのがもったいない!」とお店のファンの人が口をそろえて言うぐらい、絶品のカレーパンをご賞味あれ。

天馬 青山店
場所:東京都港区南青山3-8-40 青山センタービル 1F
アクセス:表参道駅から国道246号線を外苑前方面に、徒歩5分程度の道沿い。AVEXのビルの手前です。 表参道駅から346m
営業時間:11:00〜22:00(L.O.21:30) ランチ営業、日曜営業