お化け屋敷に行きたくないけれども…

ヴァンパイア カフェ

どうも。
オバケ(オカルト?)が好きなまひるんです。

爆食王であり、廃墟好きであり、オカルト好きって一体…
みなさん完全に私に変な印象を持ってしまったと思います。

今回、そんな私がおすすめするのが、「お化け屋敷(みたいな)レストラン」
そろそろ夏になりますし、好きな女子と距離を縮めたい人も多いのでは?
そんなときはこれからおすすめする、都内の変わった迷宮入りレストランに行ってみてください。

それでは、レベル別にご紹介します!

Lv.1 ミステリアス@池袋

扉を開けるとそこは宇宙。ロケットなしで行けるお店

ミステリアス 池袋店

最初にご紹介するのが「ミステリアス」
見つけちゃったあなたはラッキーかもしれません。

夜になると、なんとも不思議な雰囲気を醸し出しているお店です。
階段を降りていくと、謎の扉が現れます。

ミステリアス 池袋店

そこは地球のもっと先にある、宇宙レベルの世界
一面がブラックライトで青く光り、まるでここが池袋であることを忘れてしまうほどです。
怖いというよりは、異空間に迷い込んだかのような感覚に襲われるかもしれしません。

席は半個室になっているので、まったりデート向きです。
お酒も、木星や土星、海王星などの名前がついているおしゃれなカクテルがあります。

ミステリアス 池袋店

「若鶏の隕石フリット」は真っ黒なから揚げなので、運ばれてきたときにちょっぴりびっくりするかもしれません。
でも、味はおいしいので心配ないですよ♡

2人とも怖いのが苦手、だけど不思議な体験がしてみたい。
そんな人におすすめのお店です。

ミステリアス 池袋店
場所:東京都豊島区東池袋1-13-11 近代グループBLD‐NO.7 B1F・B2F
アクセス:JR池袋駅東口徒歩5分/地下鉄有楽町線池袋駅徒歩5分 池袋駅から392m
営業時間:月〜木・日・祝日 【17:00〜24:00】 FOOD LO.23:15 DRINK LO.23:40 金・土・祝前日 【17:00〜翌3:00】 FOOD LO.2:15 DRINK LO.2:40 夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、始発まで営業、日曜営業

Lv.2 DORA(ドラ)@駒場東大前

入口から日本人形がお出迎え。

ドラ

次に紹介したいのが純喫茶「DORA(ドラ)」
とあるサイトで見かけて、行こうと即決したこのお店。
外観は普通の喫茶店なのに、中に入るといきなり無数の日本人形となぜか和服を着たフランス人形にお出迎えされます。
いきなりレベルがあがりますな。

ちょっと休憩をしようと知らずにうっかり入ってしまうと、いきなり心臓がバクバクしてしまいます。
ここでビビっていては小心者だと思われてしまうので、頑張って入りましょう。

ドラ

席に着くと1体のお人形と目が合いました。
それが結構奇妙です。
ですが、来た人を怖がらせるために人形を置いているわけではありません。
なんでも、店主さんは人形のお洋服を制作するのが好きなのだとか。
こちらも見つめ返して向き合いましょう。

店内は結構常連らしきお客さんで賑わっていました。
なので、ちょっぴり安心感があるのです。

ドラ

肝心のメニューは、純喫茶と変わらず。

ですが、「ピザトースト」は絶品なので、ぜひともおすすめしたい一品です。
人形に囲まれて食事をする機会なんてなかなかないと思うので、
恨まれるかもしれませんが、怖がる彼女を横目にデートを楽しみましょう。

ドラ
場所:東京都目黒区駒場3-11-9
アクセス:駒場東大前駅から168m

Lv.3 ヴァンパイアカフェ@銀座

イケメンなヴァンパイアが今宵現れる?

ヴァンパイア カフェ

入口から骸骨がお出迎えしてくれる「ヴァンパイアカフェ」です。
ビルの7階に入っているため、エレベーターで行くのですが、扉が開いた瞬間、異次元すぎる世界が広がっていて飛び上がります。

きちんと骸骨さんにご挨拶して入りましょう。

そうすると、魔界のヴァンパイアがご案内に来てくれます。

ヴァンパイア カフェ

店内は暗いので、終始何が起こるのかわからない状況です。
それがまた恐怖心をかき立てます。
そしてヴァンパイアのローズ伯爵がこれまたドS…。
最初は怖いと思って入ったお店ですが、徐々にローズ伯爵にドハマりする人が続出しています。

なので、ここは男として「俺、怖くないぞ!」的なところを見せてあげる必要があります。(笑)

ヴァンパイア カフェ

予約をしていけば、個室のお部屋に案内してくれるので、彼女との距離も縮まるはず♡

とことんコンセプトにこだわっているカフェなので、
召使いと伯爵のクオリティの高いパフォーマンスお料理の盛り付けの凄さには圧巻です。

ドキドキ・ハラハラなデートにはもってこいなお店です。

ヴァンパイア カフェ
場所:東京都中央区銀座6-7-6 ラペビル 7F
アクセス:東京メトロ銀座駅B3出口徒歩3分/JR新橋駅徒歩7分 銀座駅から192m
営業時間:17:00〜23:30(L.O.22:30) ※朝8時〜15時は03-4588-4200で予約受付 ※年末年始の営業時間・営業日に関しましては変更する可能性がございます。詳細はスタッフまでお問い合わせ下さい 夜10時以降入店可、日曜営業

Lv.4 遊麗@吉祥寺

棺桶体験もあり。容赦ない幽霊たちの演出が待っている。

吉祥寺 遊麗

住みたい街・No.1に選ばれたおしゃれ吉祥寺に、身を潜める「遊麗」

まさにお化け屋敷をテーマに、そのまま居酒屋にしたかのような居酒屋です。
読経が流れる怪談を降りると…まず”ある恐怖の仕掛け”が待っているので、思わず「ギャー!」と叫んでしまわないように気を付けましょう。

でもそんなのは序の口…。

吉祥寺 遊麗

トイレも席もどこもかしこも怖いのですが、

間違えて足を踏み入れてしまうと突如として現れる蝋人形や、罰ゲームを受けたときに入らなければいけない戦慄の棺桶があなたを待っています。

幽霊(店員さん)たちも手ごわく、気になるメニューや仕組みの説明を一切してくれないので、
自分の目ですべてを実感するしかありません。
ここでももちろん、大丈夫なフリをすべし!
そうすれば、無事に成仏できるはず。

吉祥寺 遊麗

写真は「針山地獄」です。
中身はプランをどうぞ。
メニューも容赦ないものがあるので、確実においしいものが食べたければ、「鳥の軟骨から揚げ」や「たこわさ」がベストです。(笑)

だけど遊び心が働いてしまうのはなぜでしょう…。
こちらも半個室の部屋があり、ときどき変なイベントも行われているらしいので、しっかり彼女の手を握っていてください!

吉祥寺 遊麗
場所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-8-11 B1F
アクセス:JR吉祥寺駅 徒歩2分 吉祥寺駅から160m
営業時間:17:00〜01:00(L.O.24:30) 夜10時以降入店可、日曜営業

Lv5. 赤羽霊園@赤羽

どこまでもクレイジー。からくりだらけの居酒屋

赤羽霊園

赤羽にも同じくお化け屋敷をコンセプトにした幽霊居酒屋「赤羽霊園」があります。
名前からしてもう立ち寄りNGを出す女子も多いはずなので、
連れて行くまでは絶対にネタばらししないようにしましょう。

入口には、「天空より生首直下、君は耐えられるか!」の文言が書いてある看板がぶら下がっています。
どういうことなのでしょうか…。それは行ってみてからのお楽しみ。

赤羽霊園

突き進むと、壁一面にホラーマスクが登場。
襷をかけた骸骨をみると、奇妙なのか、愉快なのか。
だけど、興味本位で来店すると…。

妖怪たちが悪さをするので、かなりビビってしまうかも。
ランダムなので、行ってみないといつどこで何が起こるのか分からない仕組みになっているのです。

あぁ、恐ろしや。

赤羽霊園

味はおいしいけれど、メニュー名がこれまた斬新。
豆腐に「ぬりかべ」、焼きそばに「髪の毛」と名前をつけるぐらいなので、
ますますどんな料理かは想像できません。

ですが、そんなクリエイティブな発想に心を揺さぶられる人が多いため、予約をしていきましょう。

さまざまな落下物を見て、あなたの心も落下しないように!
くれぐれもご注意ください。

赤羽霊園
場所:東京都北区赤羽1-35-8
アクセス:赤羽岩淵駅から153m

お化け屋敷とは言わないで。

いかがでしたか?

今回はレベル別に、夏の暑さが吹き飛ぶ怖~いお店を紹介しました。
間違えても、女子を誘うときに「怖いお店行こう」と言ってはいけませんよ。
じゃぁ、どうやって言うかって?
それははあなたの腕の見せどころです。

それでは不思議で恐怖な世界へいってらっしゃい!

マニアックなデートがしたいならこちらもおすすめ。