はじめに

鹿児島市へいってみよう。

アミュラン (観覧車)

鹿児島市は西郷隆盛をはじめとする薩摩藩士の歴史や桜島などの豊かな自然が多く観光にもってこいです。そんな鹿児島市内のおすすめスポットを紹介します。

1. 仙厳園

桜島を見渡せる庭園へ。

仙巌園(磯庭園) 正門

仙巌園は、島津家19代の光久が構えた別邸です。

仙巌園(磯庭園) 正門

桜島を築山、錦江湾を池に見立てたスケールの大きな借景庭園です。NHK大河ドラマ篤姫ロケ地でもあります。

仙巌園(磯庭園) 正門
場所:鹿児島県鹿児島市吉野町磯9700-1
アクセス:鹿児島駅前駅[出口]から徒歩約34分
尚古集成館

仙厳園のすぐ隣には資料館である尚子修成館もあります。

この周辺は反射炉やガラス工場などさまざまな施設が作られた、日本初の工業地帯でもありました。世界文化遺産にも登録されています。

尚古集成館
場所:鹿児島県鹿児島市吉野町9698-1
アクセス:鹿児島駅前駅[出口]から徒歩約31分
営業時間:8:30〜17:30

2. いおワールド かごしま水族館

鹿児島が誇る水族館へ。

いおワールド かごしま水族館

鹿児島の水族館といえば、クラゲ。
プカプカ浮いている姿がとっても可愛いらしかったです。

いおワールド かごしま水族館

1Fにはイルカのプールが設置されており、イルカのショーが楽しめます。

いおワールド かごしま水族館
場所:鹿児島県鹿児島市本港新町3-1
アクセス:市役所前(鹿児島県)駅[出口]から徒歩約11分
営業時間:9:30〜18:00(入館は17:00まで)

3. アミュラン

鹿児島中心のシンボル。

JR九州 鹿児島支社鹿児島中央駅

鹿児島といったら、鹿児島中央駅アミューズの観覧車

町のど真ん中にある巨大な観覧車は迫力満点。観覧車の中からも、市街地の様子や桜島の絶景が楽しめます。ぜひとも乗ってみてください。

JR九州 鹿児島支社鹿児島中央駅
場所:鹿児島県鹿児島市中央町1−1
アクセス:鹿児島中央駅[東口]から徒歩約3分

4. 桜島

いざ、桜島へ上陸。

桜島

船に乗って桜島へ。いよいよ鹿児島の名所、桜島に上陸。

桜島は今でも小規模の噴火がほぼ毎日起こっています。

標高337メートルの湯之平展望所からは、目の前に迫った荒々しい山肌や錦江湾が見渡せます。

桜島

桜島のなかでも黒神埋没鳥居は、絶対行きたいスポットです。
桜島の噴火によって埋まってしまった鳥居がそのまま残されています。

なんとも不思議な光景ですね。

桜島
場所:鹿児島県鹿児島市桜島 二俣町

5. 西郷洞窟

西郷隆盛自決の地

西郷隆盛洞窟

ここは西南戦争の際、西郷隆盛が最後の5日間を過ごした洞窟と伝えられています。

西郷洞窟はバスからも眺められます。興味がある人は、降りてじっくり見てみてください。

西郷洞窟
場所:鹿児島県鹿児島市城山町
アクセス:市役所前(鹿児島県)駅[出口]から徒歩約13分

6. 城山展望台

桜島を見るならここ!

城山展望台

城山展望台に到着。ここは桜島を望める展望スポットです。
噴火する桜島や夜景、天気が良いと霧島や、指宿の開聞岳も見られます。

城山展望台
場所:鹿児島県霧島市国分上小川
アクセス:国分(鹿児島県)駅[出口1]から徒歩約42分

7. 天文館むじゃき

鹿児島で絶対食べたいデザート

天文館むじゃき

鹿児島発人気アイス白くまを食べましょう。

かき氷に練乳をかけて、フルーツなど多くのトッピングと一緒に食べる絶品スイーツです。

天文館むじゃき
場所:鹿児島県鹿児島市千日町5-8
アクセス:・鹿児島駅前から市電で7分、「天文館通」電停下車、南へ徒歩2分・国道225号「呉服町」交差点から西に2筋(約100メートル)・「セブンイレブン鹿児島天文館通り店」向かい・商店街内にあるので車で直接店前には行けません 天文館通駅から191m
営業時間:[月〜土] 11:00〜22:00(L.O.21:30) [日・祝・7月・8月] 10:00〜22:00(L.O.21:30) ランチ営業、日曜営業

8. とんかつ川久

黒豚を楽しもう。

とんかつ川久

鹿児島と言ったら黒豚!鹿児島でトンカツを食べるなら川久です。中央駅のすぐ近くにあり、交通も抜群です。

とんかつ川久

ここのお肉はかなり厚い!そして肉の揚げ具合も完璧です。この絶品トンカツを川久でぜひともお楽しみください。

とんかつ川久
場所:鹿児島県鹿児島市中央町21-13
アクセス:JR鹿児島本線「鹿児島中央」駅東口から徒歩3分 鹿児島中央駅から179m
営業時間:11:30〜15:00(L.O.14:30) 17:00〜22:00(L.O.21:30) ランチ営業、日曜営業

おわりに

鹿児島市で素敵な1日を。

鶴丸城跡 (鹿児島城跡)

どうでしたか。鹿児島市では1日を楽しく過ごせます。
九州へ行った際は、ぜひとも鹿児島市へ行ってみましょう。

九州には他にも魅力がいっぱい