石見銀山へ独旅

#独旅 とは?

道中。

#独旅(ドクタビ) とは、男1人旅のことです。
女子複数人で行く女子旅の対義語といえるかもしれません。

今回はそんな独旅を存分に楽しめるモデルコースを紹介します。

前回の #独旅 はこちら!

石見銀山は格好の独旅スポット

島根県にある世界遺産石見銀山は、さまざまな数の遺産で構成されており格好の独旅スポットです。
東京からは飛行機で島根県にある出雲空港まで約1時間15分。出雲空港からバスや電車を使って約1時間20分と都内からはやや遠いですが、独りだと行きやすいのでおすすめなのです。

羽田-出雲空港
約1時間20分

大田市駅から始まる石見銀山独旅

JR西日本 大田市駅

出雲空港から石見銀山最寄の大田市駅まで約1時間。
ここから石見銀山のたびは始まります。

石見銀山方面へはバスで行っても良し、レンタカーでも行っても良し。好きなアクセス方法を選びましょう。

大田市駅にはコインロッカーもありますのでたくさんの荷物も安心です。

JR西日本 大田市駅
場所:島根県大田市大田町大田イ665−2
アクセス:大田市駅[出口]から徒歩約0分

石見銀山世界遺産センター

世界遺産石見銀山について知ろう。

石見銀山世界遺産センター

石見銀山周辺へ車で行く場合はこちらの石見銀山世界遺産センターへ駐車して、バスで大森へ向かいます。直接代官屋敷周辺へ行くことは可能ですが、ここで世界遺産石見銀山について勉強してみましょう。

石見銀山世界遺産センター

世界遺産センターは第1駐車場が100台、第2駐車場は38台、第3駐車場が250台とかなりのキャパシティを誇ります。ここ世界遺産センターから「大森」のバス停まで200円です。印象的なのは掘ってわかった石見銀山という説明です。石見銀山は謎な面が多いです。

石見銀山世界遺産センター
場所:島根県大田市大森町イ1597−3
アクセス:太田一駅からバスで20分
営業時間:8時30分~17時30分

石見銀山資料館

銀山の歴史を知ろう。

石見銀山資料館

石見銀山といえばまずは石見銀山資料館へ行ってみましょう。
ここでは銀山の歴史が丁寧に説明されています。

またここの建物は昔の代官屋敷跡を活用しており歴史情緒溢れるスポットです。代官屋敷の庭は枯山水が造られています。

**大人:500円 **

石見銀山資料館
場所:島根県大田市大森町
営業時間:9:00〜17:00

石見銀山の街並み

石見銀山の街並み

石見銀山

石見銀山の美しい街並みを歩きます。

この大森の町並み地区は、江戸時代の武家屋敷や豪商・熊谷家住宅など、歴史的な建造物や文化財が残っています。

この道は銀山の賑わいがあったころを思い浮かべながら歩きましょう。

石見銀山

丘の上からは美しい家々を見渡せます。

特に大森の街並みの美しさの代表的な光景がこの石州瓦を使った赤い屋根です。天気が良い日に見るとかなりきれいです。

たくさんの赤い屋根がとても印象的です!