まるっと1日遊びコーデ

春の福島旅♪修学旅行を思い出す王道観光地を押さえよ!(渋滞回避情報アリ)

1335
2019/08/05
0
春の福島旅♪修学旅行を思い出す王道観光地を押さえよ!(渋滞回避情報アリ)

こんな人におすすめ

・あの日見た、思い出の福島を巡りたい人
・初めて会津若松を観光する人

今回の旅のテーマは、「春の福島旅」
史上初となる10連休の真っ只中に決行した、今回の旅。
やはり、激混みでございました(^_^;)

そんな福島旅は、幼い日を思い出す修学旅行で行った名所の数々を
数十年の時を経て、再び、歩いてみたくなりました。
名城「鶴ヶ城」はじめ、会津若松の名所を歩きます。

また、GWの渋滞回避情報の記載もありますので、ぜひ参考に!

8:30 おはようございます。旅行1日目の朝です。
阿武隈高原サービスエリア(下り線)スナックコーナー

こんにちは!
お出かけ大好き♡ 高橋 のりこ です。

今回は、大混雑であったゴールデンウィークのお出かけレポです。

目的地は東北地方の玄関口、福島への旅です。
かれこれ10年以上ぶりの福島上陸でございます(笑)
そして、目指すは幼き日の思い出の地。
会津若松の王道観光地を巡ります。

ちなみに、千葉県民のわたくしは、渋滞回避のため、常磐道経由を選択。
しかーし!この時期の常磐道は「ネモフィラ渋滞」というものが発生いたします(笑)
(↑ みなさん、ニュースなどで取り上げられているのでご存じでしょう。 )
なので、今回は自宅を5時に出発し、渋滞の始まる前に、通過してしまおうという作戦です。

案の定、作戦は成功!
無事、渋滞を回避して、福島入りを果たすのでした(笑)

詳しい情報はこちらのプランからどうぞ!
春の福島旅♪GW高速道路渋滞回避コースで行こう!【友部SA&阿武隈高原SA】

阿武隈高原サービスエリア(下り線)スナックコーナー
場所:福島県田村市船引町大字門沢字中作田201
アクセス:大越駅から3,192m
営業時間:7:00〜22:00 朝食営業、ランチ営業、日曜営業
10:00 無事、こちらには着きました!が…
鶴ヶ城(若松城)

お出かけの時は、大事な「朝活」
もちろん、作戦が功を奏し、渋滞は、無事、回避できました。
しかーしっ!
途中、色々ありまして、予定より1時間遅れで到着。
こちらに着いたのは、10時頃でした。
いやーな予感がする中、駐車場を探します。

そうしたら、やっぱり!史上初の10連休!!ですもの。
200台収容の駐車場はすでに満車の模様…
臨駐もギリギリでしたが、なんとか停められました(+_+)ホッ…

恐るべし!10連休です(^_^;)

しかし、本当の決戦はこの後でした。
中に入っても、人の波は切れることなく、どこに行っても長蛇の列!
まぁ、仕方ないです。GWですから…

桜の時期には少し遅かったですが、
それでも、最後の桜を見る事ができ、良かったです。

次はぜひ、満開の時期に…♡

詳しい情報はこちらから♪
福島観光の定番!赤瓦の名城「鶴ヶ城」はやっぱりとても美しかった♡

鶴ヶ城(若松城)
場所:福島県会津若松市追手町1-1
アクセス:西若松駅[出口2]から徒歩約20分
営業時間:8:30〜17:00(入館は16:30まで)
12:15 次に向かった先もとても有名な観光地です!
飯盛山

「鶴ヶ城」を堪能したら、次も定番の場所に移動します。

車では数分の場所にあるこちらは、「鶴ヶ城」と並ぶ観光地、
「飯盛山」でございます。
その名の通り、少し小高い丘のような場所で、ながーい階段が続きます。
自信のない方には、「動く坂道・スロープコンベア」もありますので…(*^^)v
ぜひ、お使いくださいね!

そして、着いた先、そこは「白虎隊霊場」です。
ちょっとした広場になっております。
明治元年(1868)の戊辰戦争において飯盛山で自刃した十九士がここに眠っております。

広場右手方向に行くと、その先に階段があり、「白虎隊士自刃の地」があります。
そこから見える景色は、とても素晴らしいものですが、
白虎隊の彼らにとっては、まったく違う景色が広がっていたのでしょうね。

たかだか150年ほど前の話です。
わずか16、17歳の少年たちが、状況把握を誤ったために自刃を決行し、
最後まで武士としての誇りを見せた姿は、やはり涙なくして語る事はできません。

それを思い、いま、こうして平和な世の中で暮らしていける幸せ。
改めて感謝しなくてはなりませんね。

詳しい情報はこちらのプランからどうぞ!
飯盛山に散った若き命…白虎隊の墓と自刃の地を巡る

飯盛山
場所:福島県会津若松市一箕町八幡弁天下
アクセス:会津若松駅[出口]から徒歩約29分
12:45 不思議な形の建物出現!
さざえ堂さざえ堂

白虎隊のお墓、そして自刃の地を見てまわったら、
少し下に降りてきます。

途中、飯盛分店があります。
こちらでは、 会津名物のソースカツ丼・お蕎麦・ラーメンなどのお食事などがいただけたり、
お土産などを買う事もできます。
こちらの店主さんは、代々白虎隊の墓守をされているそうで、現在で五代目だそうです。
お店の奥には鶴ヶ城を含めた会津市内が一望できる展望台もありますので、ゆっくりとするのもいいですね♪

その飯盛分店の先にあるのが、こちら!
その名も「さざえ堂」です。
正しくは『円通三匝堂(えんつうさんそうどう)』といい、
寛政8年(1796年)に飯盛一族の先祖である
飯盛山正宗寺(せいそうじ)第12世郁堂和尚(いくどうおしょう)によって建立されました。
中には西国三十三観音菩薩をも安置された、六角三層の観音堂です。

かのレオナルド・ダビンチのスケッチにも、二重螺旋のスロープを描いたものがあるそうですが、
実在される建築物は、ここだけなんだそうですよ!
1996年、国の重要文化財に指定されました。

不思議な造りの「さざえ堂」は、あのダ・ヴィンチが関係している?らしい?!

さざえ堂
場所:福島県会津若松市一箕町八幡弁天下
アクセス:会津若松駅[出口]から徒歩約27分
ちなみにここではちょっとした騒動が…
飯盛山

こちらの御朱印は、飯盛山の御朱印。
スロープのチケット売り場のところで頂く事ができます。

他にも、さざえ堂の脇の売店では、宇賀神堂の御朱印もあります。

本来なら、もう1か所いただける場所がありました。
白虎隊の墓守でもある、飯盛分店の店主さんが書いてくれておりました。
しかし、ちょっとした事件が今年の3月にあったのです。

それは、ツイッターに掲載された1枚の張り紙でした。
御朱印について「当分、書く気持ちにはなれません」と
観光客の前で書き上げるサービスを取り止めることを知らせる内容でした。
どうやら、丁寧に対応してくださっていたのに、それに対し、心無い言葉を発した人がいたようです。

また、2016年には、転売騒動もありました。
御朱印がネットオークションで高額で転売されていたことが発覚。
その時も、一時、休止していたそうです。

ここで改めて言いたいことは、御朱印は、神社仏閣に参拝した証です。
それを踏まえた上で、ありがたく頂戴し、大事に保管しましょう。

飯盛山でいただいた芸術的御朱印♡そして、それをとりまく問題…

飯盛山
場所:福島県会津若松市一箕町八幡弁天下
アクセス:会津若松駅[出口]から徒歩約29分
13:30 蕎麦の名店は意外な場所に…(笑)
イガラシイガラシイガラシ

「鶴ヶ城」「飯盛山」と、少し歩きましたので、
そろそろお腹も減ってきました。

本当なら、喜多方ラーメンでも食べに行くつもりだったんですが、
なんせ、ゴールデンウィークの真っ只中!
どこに行ってもすごい混雑…

それなら、近くで軽く済ませちゃう?
って事で、キョロキョロしながら、お食事できそうなところを探します。
って、結構目立つところにあるじゃないっ!(笑)
早速、目についた場所に決めちゃいました(^o^)丿
そう… こちらは飯盛山の目の前にある「イガラシ」さんです。
たくさんの車も停められる駐車場も完備しています。

ざるそばはちょっと観光地値段ではありましたが、味は申し分なし!
言っては悪いですが、侮っておりました(笑)
それと、名物のソースかつ丼も美味!!

飯盛山に来た際は、ぜひ、お立ちよりくださいね♪

蕎麦の名店は、意外なところにあるものだ!飯盛山観光センター「イガラシ」でランチ♪

イガラシ
場所:福島県会津若松市飯盛3-15-37
アクセス:会津若松駅から1,990m
営業時間:8:00〜 日曜営業
14:30 どうしても行ってみたかった!福島の強力パワースポット!
伊佐須美神社

そして、今回の旅行で、もしかしたら、一番楽しみにしていた場所かもしれない、
こちらまで移動してまいりました。

ここは、飯盛山からだと車で30分ほどの場所。
福島県の会津美里町というところにあります、「伊佐須美神社」です。
まわりは自然が豊かで、とても静かな場所です。

こちらの神社のご神得は、「選択という行為」そのものにパワーを与えて、
この道で良かったという確認をする機会を与えてくれるのだとか…
この先、どこへ行ったらいいのかを、ちゃんと示してくれるそうです。

また、人生の岐路に立った時、こちらにお詣りすれば、
必ず、良い方向に導いてくれるのだそうです。

迷いのある方は、ぜひぜひ!お詣りくださいませ♡

迷った時にはここへ行こう♪福島会津の強力パワースポット!「伊佐須美神社」

伊佐須美神社
場所:福島県大沼郡会津美里町宮林甲4377
アクセス:会津高田駅[出口]から徒歩約22分
15:45 お疲れ様でした!今宵のお宿に到着です♪
大江戸温泉物語 あいづ

そして、本日のお宿はこちら!「大江戸温泉物語 あいづ」です。

大江戸温泉物語は、「お台場だけじゃない!全国34か所に温泉ホテル」をキャッチフレーズに
毎年、新たなホテルを続々とオープンしております。

実は、わたし、大江戸温泉物語グループを6か所くらい、利用してます♪(*^^)v
サービスも良く、スタッフの対応も抜群、
何よりもお値段がリーズナブルで、温泉も楽しめるというのがいいですね。

こちらの湯は、「美人の湯」とされる、ナトリウムー塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
入るとツルツルになります。
もちろん、露天風呂もあり!
温度はさほど熱くないので、長い時間入っても湯あたりしません。
しかも、無料で入ることができる、岩盤浴もあり!
こちらも女子には嬉しいかも♡

肌に染み込む美人の湯と岩盤浴♡家族連れにおすすめ!大江戸温泉物語「あいづ」に泊まってみた♪

さて、激混みのゴールデンウィークに決行した、春の福島旅。
1日目は定番中の定番の場所に、足を運んでみました。
ただ、どこも混雑していたこともあり、スムーズに回ることができませんでした。
GWやお盆、お正月のような長期の休みの最中は、時間的に余裕を持ったプランでどうぞ!

大江戸温泉物語 あいづ
場所:福島県会津若松市神指町北四合字東神指77-1
アクセス:七日町駅から3,723m
営業時間:【昼】11:30〜14:00 【夜】17:30〜20:30(但し夜は土日祝日のみ)
高橋 のりこ
綺麗な景色と美味しいご飯が大好物!カメラを片手にお出かけします♪ 楽しい家族旅行とパワスポ巡りをご提案♡
会津若松周辺×旅行・観光のプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。