岐阜には魅力的な観光地がたくさん!

高山・白川郷に遊びに行こう!

「岐阜って何があるの?」
そんな疑問を吹き飛ばすために、おすすめ観光地とご当地グルメをご紹介します。
魅力あふれる岐阜へ旅しに行きませんか?

持ち物の準備はOK?

旅先で役立つ持ち物を事前にチェックしておきましょう。

国内旅行の持ち物をチェック!あると便利で安心なおすすめグッズ20選
旅先で「しまった!アレを持って来ればよかった…」とならないように、国内旅行であると便利な持ち物を紹介します。必須アイテムから、夏・冬のシーズンごとに必要なもの、その他筆者が個人的におすすめする持ち物など。事前にしっかり準備して早めに安心できるように、ぜひチェックしておきましょう!

1. モネの池 / 関市

絵画の世界へ旅しよう。

モネの池

SNSで話題になった岐阜県関市にある、モネの池。

あの有名なフランスの画家クロード・モネが描いた『睡蓮』と非常に似ていることから、モネの池と呼ばれるようになったそうです。
池の水がとても澄んでいるため、底まではっきりと見られます。

秋は紅葉、冬は雪化粧と四季折々の景色が望め、心も洗われる光景です。

徳兵衛茶屋

ランチは、モネの池の近くにある徳兵衛茶屋へ。
岐阜県奥美濃の山紫水明の山里、板取川沿いにひっそりと佇む料理屋です。

徳兵衛茶屋

新鮮な川魚を中心に、季節ごとの料理が楽しめます。
おすすめは、あまご塩焼き定食(1,300円)
鮮度の高いあまごは臭みがなく、すだちをかけることにより旨みが増します。

贅沢な定食を味わいに行きましょう。

徳兵衛茶屋
場所:岐阜県関市板取5822-1
アクセス:自動車
営業時間:11:00〜16:00

2. 白川郷 / 大野郡

日本の原風景を見るならここ。

白川郷

岐阜県大野郡にある世界的有名スポット、白川郷。
1995年に世界遺産に登録された白川郷は、築300年以上の歴史的な文化遺産や、「26棟の合掌造り建築物」が公開されています。

白川郷

白川郷は季節によってさまざまな表情が見られます。
夏とうってかわって、冬はどこか儚げで幻想的。

ただし、かなり吹雪いているので防寒していくのがおすすめです。

白川郷
場所:岐阜県大野郡白川村荻町
アクセス:名古屋駅からバスで約2時間50分 高山駅からバスで約50分
白水園

がっつりランチを食べるなら、白水園がおすすめ。
ごっつお和膳(1,680円)は、飛騨牛にお蕎麦もついたボリューム満点ランチです。
ほかにもクマ肉など珍しい料理も食べられます。

白川郷沿いのお店は営業時間が定まっていない場合があるので、事前に連絡すると安心です。

白水園
場所:岐阜県大野郡白川村荻町354
営業時間:11:00〜15:00 冬季ライトアップ 開催時期16:00〜20:00 ランチ営業

3. 長良川 / 岐阜市

情緒あるひと時を。

長良橋

こちらは1300年の歴史がある伝統的な漁業、鵜飼
環境省が選定する名水百選の中の一つに選ばれている長良川で行われています。

鵜が次々と鮎を捕獲する姿は美しく魅入ってしまいます。

川原町 泉谷

長良川付近には「マツコの知らない世界」で紹介された、川原町 泉谷があります。

食べログ評価はなんと3.96
趣のある料亭で郷土料理が味わえます。

川原町 泉谷

おすすめは、炭火焼き・鮎らーめん(1,215円)。
鮎の香ばしい風味が口いっぱいに広がる贅沢な一品です。

ほかにも鮎を使った創作料理がたくさんあるので、ぜひ行ってみてください。

川原町 泉谷
場所:岐阜県岐阜市元浜町20
アクセス:田神駅から2,736m
営業時間:鵜飼開催期間中5月11日~10月15日 11時30~14時30分 17時~ 20時30分 オフシーズン 10/16~5/10まで 11時30~14時 17時~19時30分