いざ、和菓子王国京都へ!

行列に並んでいるところからすみません。
大阪に住んで早6年。日常生活はせっかちになりがちですが、おいしいもの為なら何時間でも耐え抜くちんちくりんです。
今回は定番から最新まで、京都でおすすめの和菓子のお店を厳選して8選ご紹介します。
数百年の歴史を持つ名家からメディアに取り上げられる最新和菓子まで登場するので、ぜひ京都土産の参考にしてみてください。

【PR】食べるだけで、最大5,000円クーポンがもらえる!?

プロの味をお家で楽しむレストランのテイクアウト、密を避けたお篭り旅などを体験することでもらえる最大5,000円のクーポンを配布中!
先着順なのでお早めに!

詳しくはこちら!

1. 京都の和菓子と言ったらこれ!

本家 西尾八ツ橋 / 八橋

京土産を代表する和スイーツをいえば「八ツ橋」。
京都には八ツ橋のお店がいくつかありますが、中でも本 西尾八ツ橋は創業1689年の歴史を誇る京都を代表する老舗八ツ橋店。
京都府内に12店舗展開し、いつでも美味しい八ツ橋を購入することができます。

定番のニッキや抹茶に加え、季節限定のみかんや桃などバリエーションが豊富なのも魅力の一つ。
訪れる季節によって購入できる味が異なるので、訪れるのが楽しみに♩
5個入り250円とお値段もお手頃なので、様々な種類を購入することができますよ。

お茶との相性も抜群に良いのでおやつとして、食後のデザートとして、食べてみてはいかがでしょう。
一袋をみんなでシェアできる点も魅力です。

本家西尾八ツ橋 祇園店
場所:京都府京都市東山区祇園町南側576 桜花ビル 1F
アクセス:阪急四条河原町駅より徒歩10分 祇園四条駅から199m
営業時間:11:30〜19:30 ランチ営業

2. 創業320年の老舗が手がける最新八ツ橋

聖護院八ッ橋総本店 / nikiniki

河原町に店を構える「nikiniki」は創業1689年の老舗八ツ橋店「聖護院八ッ橋総本店」が手がける進化した八ツ橋のお店。
お店の前にはいつも人だかりが。
こちらの店舗はオープン当時から数々のメディアで紹介され、注目され続けています。

注目され続けているのがこちらの「carre de cannelle(カレ・ド・カネール)」。
生八ツ橋をカップに入れることで表現した花はインスタ映え抜群!
1個100円〜とお値段も申し分なし!オーダー後、その場で作っていただきパクッと一口で食べきることができるので京都の食べ歩きグルメとしても注目されています。

写真のタイプの他にもお雛様やサンタクロースなど、季節限定のnikinikiも注目したいポイント。
ここに来たからそこここでしか味わえないnikinikiをぜひ味わってみて。

nikiniki
場所:京都府京都市下京区四条通西木屋町角
アクセス:阪急河原町駅5番出口すぐ 河原町駅から158m
営業時間:11:00〜19:00 日曜営業

3. 創業明治32年京都で一番人気の豆餅

出町ふたば / 名代豆餅

出町柳にあるのが、1899年創業の老舗和菓子屋「出町ふたば」。
京都人にとって出町ふたばは"なくてはならない"存在。
ちょっとした手土産に浸透しており、長年愛され続けています。

何度来てもお客さんが飽きないよう、ショーケースには常にたくさんの和菓子が並べられていて、一種類ずつ購入されるお客さんもいるほど。

そして出町ふたばの看板メニューといえば「名代豆餅」。
賞味期限は当日限り!驚くほど柔らかいふわふわのお餅とごろごろとした豆がたっぷり入っています。
一個でも満足できる名代豆餅をぜひGETしてみて。

出町ふたば
場所:京都府京都市上京区出町通今出川上ル青龍町236
アクセス:京阪「出町柳駅」から徒歩5分市バス・京都バス「河原町今出川」バス停から徒歩2分京都駅から市バス205系統で、四条河原町から市バス37・205系統で「葵橋西詰」バス停下車すぐ 出町柳駅から339m
営業時間:8:30〜17:30 日曜営業